登山記録詳細

ハイキング
参考になった 5
二万三千年前の神殿跡・葦嶽山 葦嶽山・鬼叫山(庄原市)(中国・四国)
img

記録したユーザー

マローズ さん
  • 日程

    1997年8月3日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:中国自動車道東城ICを降り、県道23号を西進後、県道422号に左折し、灰原越まで行く。

  • 天候

    晴れのち曇り

この登山記録の行程

灰原越から葦嶽山頂まで50分ほど(鈩原山は経由しない)。下山は30分少々。

[日本ピラミッド第一号比定の山]
葦嶽山の登山道が整備されたのは昭和9年5月のこと。それはその一ヶ月前、ユダヤ研究家で牧師の酒井勝軍が葦嶽山と鬼叫山(800m)が「日本ピラミッド」であると発表したからである。
「日本ピラミッド」とは神社の原始の姿で、円錐形の山容をした拝殿山と本殿山の二座がセットになった神殿。山頂部を加工し、祭祀や天体観測等を行う石造物を築いていた。それは2万年以上前の超古代のもの。これは全国的規模のもので、昭和59年、サンデー毎日編集部が京都芸術大学の教授や地質コンサルタントを伴って葦嶽山(本殿山)と鬼叫山(拝殿山)を再調査したことがきっかけで、全国各地に新たに日本ピラミッドに比定される山が相次いだ。我が高知県では土佐清水市の足摺半島の白皇山と三ツ石山が比定されている。
尚、葦嶽山と鬼叫山は旧版の分県登山ガイドには収録されていたが、新版には掲載されていないようである。それは林道が延長され、短時間で登頂できる山になっている点と、荒唐無稽に思える伝説が影響しているのかも知れない。

コースの記録を取っておらず、地形図も持参せずに登山した(岳洋社の登山ガイドブックと道路地図のコピーのみ持参)ため、うっすらとした記憶と当時の写真を頼りに記述するしかない。
灰原越登山口には案内板が建っていたが、登山道は最初、藪に覆われ気味だった。それは岳洋社の登山ガイドブック(ワンデルングガイド・シリーズ)が出版されて以降、林道が東に延び、東方の登山口から登るハイカーが多くなったせいだろう。
最初は砂利道だが、やがて北側は雑木、南側はアカマツ等が生える笹原のきれいな道になる。この標高での笹原の道はやや意外。

途中、鈩戸山経由の尾根道と山腹を巻く道とに分かれるが、案内図に後者の道しか記載されてなかったようで、且つ楽なその道を進んだ。
山頂手前の丸木階段沿いには、鷹が大きく翼を広げ、今まさに飛び立とうとしている姿そっくりの鷹岩がある。庄原市発行の葦嶽山のパンフレットには、「エジプトの鷹神を思わせる」と記述されている。

葦嶽山山頂は如何にも何らかの遺構があったように、雑草のない地肌がむき出しの平地となっている。それ故展望は良く、道後山、比婆山等、備北の山々を望見することができる。酒井が登頂した昭和9年時はここに、御神体とされる花崗岩の直径3.6mの太陽石やそれを囲む方形磐境(列石)、その外周を囲む円形磐境があったようだが、酒井の「日本ピラミッド論」は邪教の類として、官憲に破壊・撤去されたため、何も残っていない。
酒井の論と、日本ピラミッドが記述された古文書「竹内文献」(武内宿祢の子孫が記したとされる)では、神武天皇以前の古事記に登場する神も皆、本当は天皇であり、天皇が世界の統治者であったとしているため、伊勢神宮と皇統の歴史を歪めたとして不敬罪に問われたのである(但し昭和19年に無罪判決が下った)。

葦嶽山と鬼叫山とのコルは休憩所になっている。鬼叫山山頂にかけては奇岩怪石や日本ピラミッド遺構が次々と現れる。
長さ1mほどのドルメン(卓状石)は供物台として利用されていたものだという。その上方には方位石と獅子岩がある。酒井は十字の人工的な切れ目を方位を表したもの、としていたが、前述の京都芸術大学教授の調査で、これは東西南北を表したものではなく、東西の切れ目は夏至線で、南北の切れ目は冬至線に一致していることが判明した。
獅子岩は横から見ると、獅子というよりも犬のように見える。

更に鏡岩と神武岩が現れる。前者は高さ3m、幅7m、推定重量100トン超の巨大なもので、昔は表面が鏡のようにつるつるしていたという。
神武岩も高さ6mもある巨大な石柱。数本あるが、立っているものは一本のみ。これは大正時代、この下に神武天皇が東征時に埋めた財宝があるという噂が立ち、村人が倒して掘ったため。
その立っている一本の天辺には、直径15cmほどの半球形の窪みがあるが、ここにはかつて夜光玉という球がはめられており、陽が昇ると太陽の光がこの球に当り、鏡岩に反射して、岩全体が光り輝いていたという。

鬼叫山山頂の記憶は残念ながらない。
機会があれば、足摺半島の日本ピラミッドの登山記録も投稿したい。

登山中の画像
登山画像
葦嶽山を望む
登山画像
鷹岩
登山画像
葦嶽山山頂
登山画像
供物台
登山画像
方位石
登山画像
鏡岩
登山画像
神武岩
登山画像
夜光玉はめ込み跡
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マローズさんの登山記録についてコメントする

マローズ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...