登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
暴風の八ヶ岳縦走 ワンデイハイク 編笠山、権現岳、赤岳、横岳、硫黄岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん
  • 日程

    2020年8月9日(日)

  • 利用した登山口

    観音平   美濃戸   美濃戸口  

  • 登山口へのアクセス


    その他:行き_
    小淵沢のペンションに前泊。
    帰り_
    美濃戸口14:45(アルピコ交通、直行)~15:23茅野駅15:42(あずさ)~18:04新宿駅

  • 天候

    山中は終始ガス、強風。赤岳鉱泉あたりで天候回復、美濃戸口では陽射しが強かった。
    [2020年08月09日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

小淵沢(00:50)・・・観音平(02:49)・・・雲海(03:22)[休憩 4分]・・・押手川(04:00)[休憩 4分]・・・編笠山(05:02)[休憩 6分]・・・青年小屋(05:30)[休憩 33分]・・・権現岳(06:57)[休憩 4分]・・・キレット小屋(07:59)[休憩 5分]・・・赤岳(09:02)[休憩 17分]・・・赤岳天望荘・・・三叉峰(10:12)[休憩 3分]・・・横岳(10:20)[休憩 6分]・・・大ダルミ(10:50)・・・硫黄岳(11:08)[休憩 3分]・・・赤岩ノ頭(11:21)[休憩 25分]・・・赤岳鉱泉(12:26)[休憩 10分]・・・堰堤広場・・・美濃戸(13:34)[休憩 3分]・・・美濃戸口(14:06)

総距離 約20.3km 累積標高差 上り:約2,399m
下り:約2,477m
コースタイム 標準:15時間50分
自己:9時間14分
コースタイム倍率 0.58
八ヶ岳は大風が吹き荒れていた。防寒防風姿の登山者たちが濡れた岩場やハシゴを強い風に吹かれながら通過する様子は、8月の山とは思えなかった。
.
○ 概況
前日夕方までの山の天気予報はいずれも「曇りときどき晴れ」。しかし縦走路に上がってみれば強風が吹きつけ、ガスが岩やクサリやハシゴを濡らしていた。
昨年6月に小淵沢~麦草峠を歩いたときは麦草峠着が17時をまわり、16時前には終わってしまう茅野駅行きのバスに間に合わなかった。編笠山頂までナイトハイクで時間を稼ぎ、余裕をもって麦草峠か白駒池に着く計画だったが、頑固に吹き続く風に降参して硫黄岳でハイキングを打ち切った。
.
○ 観音平までのアプローチ
前泊した小海線の線路に近いペンションは馬術関係の泊り客が多く、深夜まで人の出入りと話し声がありよく眠れなかった。ハイカーは山の宿にお世話になるべきなのだろう。
01時前に標高980mの宿をスタート。ヘッドランプはヘルメットと片手にふたつ持つ。道の駅、ゴルフ場と通りすぎながらまっすぐ観音平に上がってゆく。富士見平の手前、車道が大きくカーブする地点から観音平へ破線でコースが記されているので踏みこんでみるも(入口に目印あり)、ササに覆われて踏み跡はほぼ消えており暗闇のオフトレイルに苦労した。02時20分すぎに観音平着、駐車場は7割がた車で埋まっていた。おにぎりをふたつ食べて一服。コースタイム地図に反映されていないがここまで6km歩き500m上っている。
.
○ 観音平~編笠山~青年小屋
02時50分に再スタート、2000mくらいから幅広の尾根に岩があらわれだすと踏み跡を見失いがちになりルートを探すのに手こずった。ナイトハイクには向かないトレイルかもしれない。04時30分、小鳥がさえずりはじめたので振り返ると雲がぼんやり明るくなりかけている。おなじころ2350mすぎのハシゴを上がると胸突き八丁の急坂になる。ここはツラいところだ。ハイマツ帯に出たところでヘッドランプを消す。編笠山頂着が05時、すでに1500m以上登っているがここからがきょうのハイキングの本番だ。
大きな岩の頭を踏みながら青年小屋へ降り、少し食べて一服する。風が気になる。出発してゆくパーティやトイレの順番待ちのハイカーはみな防風か保温のアウターを着込んでいる。編笠への登りでうんうんいっていたころには程よかった風は、運動を停止したり強度が下がれば身体を一気に冷やしてしまう。上だけ雨具をつけた。もうひとつ、一服しているあいだにくらくらと眩暈がおきた。二週間前に槍の穂先で高山病&低体温症になりかけたが、濡れて風に吹かれるのが苦手らしい。赤岳鉱泉までの7時間はリスクを少しでも減らそうと禁煙した。
.
○ 赤岳まで
権現岳まで300mを登りかえす。風が強くなってくる。濃いガスが風に吹き付けられて、雨降りではないのに山を濡らしている。追い抜くハイカーたちと、ひどい天気ですね、などと会話を交わす。権現岳直後の61段のハシゴの通過は悪く、慎重に下った。こんなことならビブラム底のアプローチシューズを履いてくればよかったと後悔するがもう遅い。クサリ場、ガレ場、岩場だらけのトレイルを用心しながら歩く。
キレット小屋(権現小屋とキレット小屋は閉まっていた)で休んでいたハイカーに、恥ずかしいことだが天気予報を確認したかたずねてみた。「昼まではこんな感じ、午後は回復するそうですよ」とのことで結果的にこの予報は当たりだったようだ。
キレット小屋2470mから赤岳2899mへ、400mの登りはこの日のハイライトのひとつ目になる。ガスで視界がきかずに延々と続くように思われる岩場を、手を使い落石をおこさぬよう気をつけながら登ってゆく。ペンキマークのおかげで道迷いの心配はないと思う。赤岳山頂着が09時過ぎ、観音平からここまで6時間以上かかっており、夜行バスでやってきた疲れのせいでキレット小屋で長々と休憩した昨年より10分遅い。編笠への登りで時間をかけすぎたか。
.
○ 横岳通過と硫黄岳まで
本日のハイライトのふたつ目、横岳の岩場の通過にかかる。登りの強烈さはないが、切れ落ちていたり崖っぷちであったりする岩場は岩もクサリもハシゴも濡れているからスリリングを増していた。人は多く、弱い人に声をかけかばいながら、あるいは自分のことで手一杯な様子で難所を通過する登山者たちは、風に吹かれてみな真剣をとおりこし必死の形相だった。
一連の横岳通過を終えて幅の広い鞍部に降りる。植生保護のために両側にロープが張られたこのあたりは緊張から開放されてのんびり歩けるはずだが、今日はそうは問屋が卸さなかった。ますます風が強くなっている。地形からして風の通り道になるのだろう、緩急がほとんどなく一定の圧力で押してくる風は硫黄岳山荘に近づくほど強まってゆく。小石が飛んでこないかと恐怖を感じるほどだった。山荘が稜線を避けて東側に姿勢低く建てられている意味がよくわかった。西側(左)から吹きつける風を避けようと顔を右に背けながら歩いていて気づいたが、風向きが左やや後方になっている。上半身を右に傾けると風が背中を押してくれる按配になった。ガスの中からケルンが次々あらわれる登りは風に助けられて硫黄岳山頂に着いた。ここまで散々な目に遭ったのだから、これくらいアシストがあっても良いだろう。
.
○ 下降
硫黄岳着は11時過ぎ。プランでは余裕をもって「10時半リミット、越えたら美濃戸へ下降」と決めていた。調子は全然悪くないので押してゆく手もあるが、風にやる気を削がれてしまっている。早々に山頂を後にして赤岩ノ頭へ。ここは地形の影響か、風は上空を轟々と通り過ぎてゆき登山道付近はわりと弱い。大勢の登山者やランナーたちが場所を選んで休憩していた。東のゆるい斜面を少し下ったハイマツ脇にもぐりこみ食べて休む。
あとはごく一般の登山道になり、赤岳鉱泉、美濃戸を経て美濃戸口へ。バス停に着くころには強烈な日差しにあぶられた。さいきん天気に見放されている。
.
●Geographicaによれば、小淵沢~観音平を加えたトラックは距離27.8km、登り累計3066m、降り累計2551m。
(了)

登山中の画像
登山画像
1.前日、小淵沢の高原の風景。
登山画像
2.@雲海。
登山画像
3.@押手川
登山画像
4.編笠山頂。
登山画像
5.おなじく。
登山画像
6.早朝の青年小屋。テントの数は多かった。
登山画像
7.権現岳への登り。
登山画像
8.権現岳。
登山画像
9.権現岳北の分岐の道標。
登山画像
10.61段のハシゴ。降りる前に上から下を撮った。
登山画像
11.おなじく、降りてから上を撮る。
登山画像
12.たぶんツルネ北峰。
登山画像
13.キレット小屋。
登山画像
14.赤岳への登り。
登山画像
15.おなじく。コンディションは悪かったが、愉し…
登山画像
16.赤岳山頂までもう少し。
登山画像
17.おなじく。
登山画像
18.赤岳山頂にて。
登山画像
19.頂上山荘。閉まっていてがっかり。
登山画像
20.天望荘。こちらは営業していた。
登山画像
21.@地蔵ノ頭。この日この状況での標準的な装備…
登山画像
22.鉾岳だろうか?振り返って撮影。
登山画像
23.三叉峰。
登山画像
24.すれちがうパーティも数十メートルで見えなく…
登山画像
25.硫黄岳山荘。このあたりで西からの風力がmax…
登山画像
26.硫黄岳。
登山画像
27.赤岩ノ頭にて。風が弱まり、地形を利用して休…
登山画像
28.赤岳鉱泉を過ぎ、北沢の流れ。
この山行での装備
【その他】 サレワのSpeed Beat GTX。テスラのタイツにモンベルのショートパンツ、マウンテンハードウェアの速乾性長袖シャツ、ペツルのヘルメット、ブラックダイヤモンドのハーフフィンガーグローブ、青年小屋から雨具の上のみ着用。ザックはロウアルパインの25リッターにモンベルのギアホルダーを外付け。モンベルの雨具上下・薄手フリース・ロールペーパー・ヘッドランプ×2・スマホ・バッテリー充電器と予備電池・地図、キャメルバックのハイドレーションとモンベルのフレックスウォーターパックに水2L+1L=3L。コンビニおにぎり2個、菓子パン、非常食(カロリーメイトとトレイルミックス)。山行後の着替え一式とサンダル。スタート時重量8kg。
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

雨時々曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年9月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
NEW 秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催
秋田白神の森の魅力を満喫するツアー開催 小林千穂さん、現地ガイドが同行する、世界遺産・秋田白神の魅力を満喫する特別ツアー開催。参加者6名募集!
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
NEW いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳
いつか登りたい名山!笠ヶ岳/黒部五郎岳 標高差が大きく長時間の登りを要する笠ヶ岳。一日ではたどり着かない秘境・黒部五郎岳。上級編として、2座の魅力を伝えます。
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...