登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 8
滝子山 滝子山(関東)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん
  • 日程

    2020年8月11日(火)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:中央本線笹子駅から直接スタート。隣の初狩駅がゴール。

  • 天候

    快晴

この登山記録の行程

笹子駅 7:38――(17分)――7:55吉久保入口 7:55――(13分)――8:08 桜公園 8:13――(29分)――8:42 登山口(道証地蔵)8:46――(26分)――9:12 橋(右岸へ)9:12――(26分)――9:38 難路・迂回路分岐 9:45――(29分)――10:14 合流点 10:14――(31分)――10:45 休憩 10:50――(5分)――10:55 防火帯下 10:55――(15分)――11:10 大谷ヶ丸分岐 11:10――(5分)――11:15 鎮西ヶ池 11:15――(13分)――11:28 滝子山 11:55――(15分)――12:10 男坂女坂分岐 12:10――(14分)――12:24 檜平 12:27――(17分)――12:44 尾根を外れる 12:44--(21分)--13:05 水場(ベンチ)13:20--(30分)--13:50 林道終点 13:52--(8分)--14:00 滝子山案内図 14:00--(25分)--14:25 初狩駅

総距離 約15.0km 累積標高差 上り:約1,267m
下り:約1,412m
コースタイム 標準:6時間36分
自己:5時間44分
コースタイム倍率 0.87
猛暑日の中、中央線沿線の滝子山に出かける。沢沿いに多くの滝を見ては涼み、山頂からは富士山を展望するなど、ご褒美が貰えた思い。しかし、下山路後半の暑いこと。熱中症になりそうと駅に駆け込む。

八王子始発の松本行き普通電車に乗車。お盆週間ながら割と空いている。八王子から1時間、笹子駅に下車。他に下りる人はいない。
駅前から交通量の多い国道20号線に出ると、押しボタン式横断歩道を渡って、向かいの歩道へ。大月方面に進む。笹子川を渡り、案内表示に従って吉久保方面に左折。中央本線のガードを潜り、突き当たりの旧甲州街道を右へ。稲村神社を巻いていく道を進む。後は、中央自動車道を越え、桜公園へ。ここまで駅から30分というところ。早くも日差しは強烈だが、風もあり、一息入れるには良い。
ここからの道は、樹林が日陰を作ってくれる。桜公園から30分で道証地蔵が立つ登山口へ。大鹿川を渡り、すみ沢沿いの道を行く。30分弱でまた橋を渡り右岸へ。直ぐに小さな滝が現れる。急流を見ながら、しばらく沢沿いの道を急登していく。やがて、沢を外れ、高巻いていくと、やはり、橋から30分弱で分岐に至る。右は難路、左は迂回路とある。汗が噴き出るが、暫く休んでいると爽やかな風で心地よくなる。
滝を見るならと、右の難路へ。一部で砂地の斜面を慎重に横切る場所はあるが、心配するほどのことはない。落差のある滝や滑を見ながら進む。空気も涼やかだ。30分ほどで迂回路と合流。後は、割となだらかで明るい道を登っていく。途中から植林帯に入るが、間もなく開けた防火帯に出る。暫く登って振り返れば、おむすび型の大谷ヶ丸が見える。
防火帯を15分ほど登ると、大谷ヶ丸分岐。ここからまた樹林帯の道となり、小さな鎮西ヶ池と同じく小さな白縫神社に至る。ここまで来れば、山頂はもう直ぐだ。尾根に出た後、最後の急登。目の前には富士山。標高が1,620mあるので、日差しがあっても風が気持ちいい。それでも、休憩は木陰としよう。
下りは、面白みはないが、周回ということで、初狩に下ることにする。暫くは、広葉樹林帯の尾根歩きが続く。急なところもあるが、男坂も含めて慎重に足を運べば問題ない。風もあって助かる。30分で檜平に。三つ峠山の左にある富士山は、雲が掛かってしまっているようだ。
檜平から20分弱で尾根道を外れていく。やがて、植林帯の暗い九十九折りへ。尾根道を外れてから20分でベンチが現れる。最後の水場と書いてはあるが、奥の方に回り込むと、手洗い専用と書かれた給水場が。蛇口をひねって暑くなった腕や顔を洗う。サッパリ。後は、沢の中の道を下っていく。徒渉が何回かあり、最後に堰堤上の河原状の所を渡れば林道終端だ。
林道を下り、車道を歩く。標高が下がり、木陰もない車道歩きは灼熱の太陽に直接照らされてなかなか厳しい。途中の自販機で買ったペットボトル飲料を一気飲みするほど。次の電車は1時間後なので、初狩駅へと急ぐ。

登山中の画像
登山画像
笹子駅から国道20号線を大月方面に向かう
登山画像
旧甲州街道沿いにある稲村神社を巻いていく
登山画像
手作りの案内図があちこちに
登山画像
桜公園で一休み
登山画像
登山口の道証地蔵
登山画像
直ぐ大鹿川の上流部を渡る。橋を振り返る
登山画像
樹林帯を行く
登山画像
すみ沢に架かる橋を渡る
登山画像
橋の直ぐ上にある滝
登山画像
急流を見ながら進む
登山画像
更に上流部へ
登山画像
すみ沢を離れ、曲沢峠方面(迂回路)と難路の分…
登山画像
幾つもの滝を見ながら登る。足下には注意しよう
登山画像
難路・迂回路の合流後は、緩やかな登りとなる
登山画像
クリンソウの花の後
登山画像
足下に咲く小さな花たち
登山画像
防火帯を振り返る。向こうに大谷ヶ丸が見える
登山画像
鎮西ヶ池と
登山画像
白縫神社。山頂は近い。
登山画像
小さなシモツケソウ
登山画像
滝子山山頂。標高1620m
登山画像
山頂の様子
登山画像
富士山が見えました
登山画像
初狩駅に向かって下ります
登山画像
マルバダケブキ
登山画像
檜平から三つ峠山を見る。富士山は雲に隠れた
登山画像
杉林の中の九十九折りの道を下る
登山画像
水場。手洗い用と書いてある
登山画像
沢の道を下る
登山画像
いくつか徒渉もあります
登山画像
林道終端につきました
登山画像
案内板がありました。初狩駅まで車道歩きが続き…
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、行動食、トレッキングポール
参考になった 8

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 三つ峠山荘~三ツ峠山
    三つ峠山荘
    先日の雪が部分的に残り状況に応じて軽アイゼンの使用を。公衆トイレは冬季凍結で利用不可
    21年01月15日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 8

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...