登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
三十四度目 大菩薩嶺(関東)
img

記録したユーザー

ra271 さん
  • 日程

    2020年8月16日(日)

  • 利用した登山口

    大菩薩峠登山口  

  • 登山口へのアクセス

    その他
    その他:徒歩
    塩山駅から。

  • 天候

    快晴

この登山記録の行程

大菩薩峠登山口(01:30)・・・丸川峠入口・・・千石茶屋・・・上日川峠(03:15)・・・福ちゃん荘(03:35)・・・大菩薩嶺(05:18)・・・賽ノ河原(05:46)・・・大菩薩峠・・・石丸峠(06:26)・・・小金沢山(07:38)・・・牛奥ノ雁ヶ腹摺山(08:10)・・・黒岳(09:16)・・・湯ノ沢峠(09:55)・・・湯ノ沢峠登山口(舗装路出合)・・・やまと天目山温泉(12:23)

総距離 約21.7km 累積標高差 上り:約1,936m
下り:約1,846m
コースタイム 標準:10時間25分
自己:10時間53分
コースタイム倍率 1.04
三十四度目
大菩薩嶺での御来光と稜線歩きを目指して。山頂での御来光の時間に合わせて、深夜11時30分、静かな塩山駅を出発。街中から大菩薩峠登山口まで繋がる「一葉のみち」を進む。街灯も要所要所に有り不安は無いが、ずっと上り坂です。途中で左折し、川を渡り、大菩薩ラインに変更。大菩薩の湯を過ぎて、登山口に到着。8km弱、2時間の道程です。ベンチで一休み。雲峰寺橋を過ぎた所で出会ったS様と一緒に山頂の御来光を目指す事に。丸川峠入口のゲート過ぎで、やっと登山道に入ります。簡単な自己紹介などしながら、賑やかに進みます。(後で解るのですが、S様の体力は、相当なモノで、トレランの選手は凄い。)御来光に遅れてはS様に申し訳ないと、いつもよりハイペースで進み、汗だくです。真っ暗闇に中ですが、登山道は明瞭でヘッドライト一つで迷う事無く進めます。ロッヂ長兵衛の水道で涼を取っていると、学生のお二人さんと出会い、同行する事に。合わせて4人になり会話も弾み、一段とにぎやかです。一人だと心細くなったり、道を迷ったり、少々不安を抱えながらのナイトハイクですが、賑やかで不安感は全く無くなり、真夜中だという事を忘れてしまいました。更に、若者3人のハイペースに引っ張られて登り、日の出の30分前に雷岩に到着。(彼らだけだったらもっと早くに着いたと思います。申し訳ない。)上半身裸で涼み、空が紺色に変わり、東はオレンジ色、御来光まで、空の変化を楽しみました。ほのかにオレンジ色に染まった富士山は、本当に綺麗でした。気温も低く、下界では39度になろうという日でも、ここは別天地です。S様は、ハイペースで上りつつも汗ひとつかかず、「寒い」とウィンドブレーカーを着こみ、湯を沸かしておられました。凄い体力です。S様と学生のお二人さんにお別れして、一路、湯の沢峠を目指します。賽ノ河原までは、歩き易くガンガン下ります。大菩薩峠では、東側の雲海と太陽が眩しく、素敵な写真を収める事が出来ました。介山荘は、早くから営業しておりました。ここからの天狗棚山、小金沢山、牛奥ノ雁ヶ腹摺山、黒岳、どの山頂も展望が良く、穏やかな場所です。どの山の北斜面も登りは樹林帯で木漏れ日が綺麗、南斜面の下りは熊笹の草原がとても綺麗で清々しく、花畑も点在していました。ただ、早朝という事もあって、熊笹の夜露が凄く、腰から下がグッショリと濡れて露が滴る程でした。また、湯の沢峠手前の急坂は、少々荒れており、熊笹の上を進む様な感じで滑りやすいです。逆に登っておられる方は、相当苦労しておりました。湯の沢峠駐車場に着き、緊張から放たれ、「後は、林道を下るだけ」と意気揚々と進みます。(ここからルートミスを犯していますが、全く気付きませんでした。)30分程度で登山口に出るはずが、一向に現れません。記憶には無いT字路が現れたりしますが、「ま、林道だし、大丈夫だろう」と進んでしまいます。(これ、山中だったら、道迷いで遭難する心理状態ですよね。)其の内にグショグショに濡れた靴で、足に豆ができ、靴下を脱いだり、沢で冷やしたりしながら、進みます。「何かおかしい、ルートの所要時間が間違っているんじゃないか」と思いつつ進み、やっとの思いで天目温泉に着いて、汗を流し、一休みしている時に初めてルートミスに気付きました。湯の沢峠駐車場から沢沿いを伝う登山道の1.5km(約20分)の道程を 車が通る林道の6.8kmの道程で遠回りして、5.3km余分に歩いてしまいました。塩山駅から天目温泉まで、35km程度、13時間の長い山行となりました。最後のアスファルト道は本当に辛かった。
道中で 御一緒して頂いた、S様、学生のお二人様、有難うございました。少々、不安なナイトハイクが、賑やかで楽しいナイトハイクになりました。また、疲弊している時には、心理用語で言うところの「正常性バイアス」の心理状態になり、おかしいと思いつつも進んでしまう、大丈夫だろうと進んでしまう、大変、勉強になりました。以後、気をつけます。

登山中の画像
  • 出発。
  • ここの水場で頭から水をかぶりました。有難うございました。
  • 美味しそうなメニューが並んでいました。
  • 目標の展望地。涼しい。
  • 明けてきました。
  • 南アルプスも。
  • 綺麗です。
  • 御来光。
  • とりあえず登頂。
  • また富士。
  • 待ってろよ~。
  • まだまだ序盤。
  • またまた、富士。
  • 雲海。
  • この辺りから熊笹の夜露が・・・。
  • 振り返って。
  • 天狗棚山。
  • 何時かは、南アルプスへ。
  • またまた、振り返って。
  • 八ヶ岳見えた。
  • やっと、小金沢山。
  • 有名な所。
  • 花が綺麗、分かりますか?
  • 木漏れ日も綺麗。
  • 葉の色も綺麗。
  • まだまだ続きます。
  • どこからでも、富士。
  • 後は、一つ。
  • 見収めの富士。
  • 最後の頂。
  • 雲が湧いてきました。
  • 花畑。
  • 下山。 間違いの始まり。
  • 夏の空、雲、山。 良い気分で歩いていますが・・・。
  • やまと天目温泉、やっと到着。
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ra271さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ra271 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...