登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
北穂高岳~涸沢岳 北穂高岳 涸沢岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

テツロウ さん
  • 日程

    2020年8月11日(火)~2020年8月13日(木)

  • 利用した登山口

    上高地バスターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:バスタ新宿22時25分発上高地5時30分着のさわやか信州号で上高地直行!
    グリーンカーで快適、ソーシャルディスタンスもOK!

  • 天候

    初日晴れ 2日目曇り時々小雨 3日目本降りの雨が降ったりやんだり

この登山記録の行程

【1日目】
上高地バスターミナル(05:30)・・・河童橋(05:35)[休憩 30分]・・・明神(06:40)[休憩 10分]・・・徳沢(07:45)[休憩 10分]・・・横尾(09:00)[休憩 10分]・・・本谷橋(10:28)[休憩 15分]・・・涸沢(13:20)

【2日目】
涸沢(05:35)・・・南稜取付(06:45)[休憩 15分]・・・南稜テラス(08:00)[休憩 10分]・・・北穂高岳(08:35)[休憩 30分]・・・涸沢のコル(10:25)[休憩 10分]・・・涸沢岳(11:32)[休憩 20分]・・・穂高岳山荘(12:05)[休憩 45分]・・・ザイテングラート取付(13:15)・・・涸沢(14:00)

【3日目】
涸沢(07:40)・・・本谷橋(08:55)[休憩 15分]・・・横尾(09:40)[休憩 20分]・・・徳沢(10:55)[休憩 20分]・・・明神(12:00)[休憩 10分]・・・河童橋(13:05)・・・上高地バスターミナル(16:00)

総距離 約36.6km 累積標高差 上り:約2,817m
下り:約2,817m
コースタイム 標準:18時間10分
自己:20時間5分
コースタイム倍率 1.11
涸沢テント村は全員マスク着用。涸沢ヒュッテはマスク着用とアルコール消毒しないと中に入れないし、売店で物も買えません。テント村受付ではソーシャルディスタンスを保って、体温測定をします。
お盆のハイシーズンですが、テント数は例年の半分くらいかな。北穂高岳から奥穂高岳まで縦走する計画でしたが、雨で岩場が滑るは、先が見えないは、で涸沢岳までの稜線で予想外の時間と体力を消耗。穂高岳山荘からそのままザイテン経由で涸沢テン場に降りました。残念ながら稜線の展望は何もなし。
本降りにならなかっただけでもありがたい、とします。

登山中の画像
  • テント村に到着してテント設営。大雪渓を前に乾杯!
  • 色とりどりのテントの花咲くテント村。お盆のハイシーズンとしては、例年の半分くらいでしょうか。
  • 左に明日登る北穂高岳南稜、中央は北穂沢。ピークはガスの中。
  • 一昨年5月に登った時は快晴だったのに・・・
  • 可憐なハクサンフウロに癒されます。
  • 北穂高岳南稜の岩場。雨で滑る、滑る・・
  • 天を突くように聳える松濤岩。ガスがかかると、より神秘的。
  • 北穂高岳頂上3106m。雨で何も見えない (T-T)
  • 一昨年5月はこんなでした。今年は傾いていた頂上の標識が真っ直ぐに直っていました。傾いていた方が風情があったような・・・
  • 北穂小屋の美味しいコーヒーをいただきました。エンブレムがかわいい。
  • 緊張が続く岩場の登下降ですが、イワギキョウに癒されます。
  • うわマジか!
  • 無骨な鎖と可憐ミヤマダイコンソウのミスマッチ。
  • 3点支持をしっかり確保しないと、雨で濡れた岩が滑って危ない。神経すり減らす連続。
  • アップダウンを繰り返し、ようやく涸沢槍がみててきた。
  • ナイフリッジの先に涸沢岳が! あともう少し!
  • 涸沢岳3110m頂上! 雨で予想以上の時間と体力を消耗。奥穂高岳はあきらめて穂高岳山荘からザイテン経由で涸沢テン場へ戻ることにしました。
  • 北穂~涸沢岳の稜線を歩いあとでは、ザイテングラートは遊歩道気分。
  • パノラマコースを下って振り返ると、初めて前穂の頂上が顔をみせてくれました。
  • 無事帰還を祝って、一人乾杯!
  • 涸沢カールを肴に、ビールが進みます。
  • 涸沢ヒュッテ前の看板をお借りして、今日のトレースを描いてみました。
  • ・・・ということなので、また秋に来ます。
  • テントを撤収して、上高地に下山。
  • 大正池から仰ぎ見る穂高連峰と逆さ穂高。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、修理用具、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、非常食、行動食、トレッキングポール、テント、シュラフ、シュラフカバー、テントマット、マット(個人用)、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
【その他】 ●ココヘリ会員№002988-116
●jRO Z36632-54483-1-K109577

この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

テツロウさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    冬山雪山となりました。再度、雪山装備の確認を。夏山の状況ではありません。営業は10/24泊迄
    20年10月21日(水)
    涸沢ヒュッテ ~涸沢
    涸沢ヒュッテ
    10/18涸沢の積雪は20cm。まだ残る箇所ありチェーンアイゼンあると安心。営業は10/24泊まで
    20年10月21日(水)
  • 穂高岳山荘 ~奥穂高岳
    穂高岳山荘
    10/17~18に積雪し、今も残るところがあります。アイゼン+判断+技術必要。営業10/24泊まで
    20年10月21日(水)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や弓折岳周辺、鏡平で紅葉の見頃を迎えています。双六小屋は11日(日)の宿泊まで営業
    20年10月07日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

テツロウ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...