登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
御嶽駅~都県境尾根~奥多摩駅 ワンデイハイク 惣岳山、岩茸石山、棒ノ嶺、長尾丸山、日向沢ノ峰、川苔山(川乗山)、本仁田山(関東)
img

記録したユーザー

モンターニャ さん
  • 日程

    2020年9月13日(日)

  • 登山口へのアクセス


    その他:行き_
    新宿駅04:54から乗り継いで~06:21御嶽駅
    帰り_
    奥多摩駅17:18から乗り継ぎ~19:00新宿駅

  • 天候

    小雨が降ったり止んだり。終始ガスの中。

この登山記録の行程

(丸ガッコ内は地理院地図表記)
06:54~御嶽駅スタート
07:48~惣岳山~07:53
08:19~岩茸石山~08:22
09:20~黒山~09:22
09:44~棒ノ嶺または棒ノ折山~09:59
10:12~槙ノ尾山(945P)
10:35~長尾丸山~10:39
11:46~東電50号鉄塔(縦走路と送電線記号の交差点)~11:50
12:12~日向沢ノ峰~12:45
13:36~川苔山または川乗山~13:40
14:00~このころ鋸尾根にかかる(1240P~1165P)~14:30
14:42~大ダワ(登山道合流地点)~14:44
15:14~本仁田山~15:23
16:29~安寺沢で車道に出る
16:57~奥多摩駅


総距離 約24.3km 累積標高差 上り:約2,728m
下り:約2,627m
バスに乗らずに済むし長く歩けて良いトレーニングにもなる。7月に逆向きでやったこのコースを気にいったが、ひとつだけ後悔したことが。奥多摩駅スタートの御嶽駅ゴールで歩くと、
下り累積標高>上り累積標高
になってしまうのだ。ヤマノボリのはずがヤマクダリに終わったのが不満で、今回御嶽駅スタートでやり直した。
.
(同ルート逆周りの前回、7月19日)
https://www.yamakei-online.com/cl_record/detail.php?id=195305
.
○ 概況
スタートから惣岳山~棒ノ嶺~長尾丸山までは問題なし。日向沢ノ峰への登りで尾根をはずれてしまい復帰にやや手間どった。川苔山まで問題なし。鋸尾根は降りでやると難しい岩場が2ヵ所あった。疲労した脚で本仁田山からの降りはたいへん厳しかった。
.

○ 行程
~棒ノ嶺まで
天気予報は午前晴れ~午後雨のはずだったが、惣岳山頂からすでに小雨。全行程路面は濡れていた。樹木が雨を受け止めてくれるので雨具もザックカバーもつけなかった。
権次入峠まで問題なし、ランナー二人とすれ違ったのみ。
棒ノ嶺が近づくと人が多く熊鈴の音がにぎやか。山頂は15人ほどいただろうか。空腹をおぼえ軽食休憩をとる。
.
~日向沢ノ峰まで
棒ノ嶺から先、人気がなくなる。長尾丸山までは幅広の平凡な尾根、長尾丸をこえてザレた急斜面をロープにつかまりながら降ると、そこから先はヤセていたり急傾斜だったり変化のあるトレイルを楽しめる。
さいきん「楽に歩くために」歩幅を抑え・幅広の傾斜ではS字に登ってきたが、そのせいか弱くなっている気がする。今日はステップを大きく伸ばし(5歩かけていたところを3歩で)・斜面はまっすぐ登ることを心がけた。もうひとつ、呼吸に意識をむけて息を吐ききるようにした。しっかり吐けば空になった肺は自ずからたっぷり吸いこんでくれる。口を開けてなんとなく息を継いでいると呼吸が浅くなる。
日向沢ノ峰への登りは3段構えになっており厳しい。「○○三大急登」なんてよく聞くが、どうルートをとってもここまでけっこう脚を使っている日向沢の登りがいちばんキツいと感じる。
今日は踏み跡を見失い獣道に導かれ、北面に尾根をはずれてしまった。登るにしても降るにしても、注意が必要な斜面だ。ピークでは腰をおろし、食べて一服し長々と休憩をとった。
.
~川苔山まで
刈払われた防火帯(写真13)をゆくこのパートは危険箇所もなくのんびり歩ける。距離も短い。ただ、すでに15km歩き1300m登っている脚にはゆるやかな登降もこたえた。川苔山の東の十字路手前でペアのハイカーとすれちがう。棒ノ嶺を発って本仁田山頂まで、出会ったのはこの二人のみ。
.
~本仁田山まで
鋸尾根をこえるこのパートは本山行のハイライトになるだろう。逆周りの登りだと「やや剣呑な岩場」くらいにしか感じなかった鋸尾根だが、雨降りの降りはなかなか悪かった。2ヵ所でホールドがすっきり決まらず、手や足を伸ばしたり引っこめたりして時間をかける(写真15と16)。左側(東面)が急斜面だから用心して通過した。
大ダワに降りてほっとするが、本仁田山まで最後の200mの登り返しはシビれた。山頂の道標が神々しい十字架のように見えた(写真19)。
.
~下山
本仁田山から「奥多摩三大急登」大休場オオヤスンバ尾根を降り安寺沢まで、疲労した脚に急傾斜はこたえた。標準コースタイムは登り1時間半・降り1時間となっているが、これは厳しすぎるだろう。もっとかかるハイカーのほうが多いはずだ。
車道を30分歩いて奥多摩駅へ。雨と汗の濡れねずみをぜんぶ着替えてさっぱりする。きょうも無事に降りることができてありがたいなあ。そうだ、奥多摩駅の近くで缶ビールを買える店を探さなきゃ。
(了)

登山中の画像
登山画像
1.御嶽駅をスタート。
登山画像
2.惣岳山頂。
登山画像
3.惣岳山からの降り、すでに小雨が落ちている。
登山画像
4.岩茸石山。
登山画像
5.黒山。
登山画像
6.棒ノ嶺。
登山画像
7.長尾丸山。遠くの樹幹に手作りの山名標。
登山画像
8.
登山画像
9.
登山画像
10.東電50号鉄塔。
登山画像
11.
登山画像
12.日向沢ノ峰。
登山画像
13.
登山画像
14.川苔山頂。
登山画像
15.危険な降り、その1。振り返って撮影。
登山画像
16.おなじく、その2。振り返って撮影。
登山画像
17.
登山画像
18.大ダワ。
登山画像
19.見えたっ!本仁田山頂。
登山画像
20.おなじく。
登山画像
21.安寺沢で車道に出る。
登山画像
22.疲労にマケズつくり笑顔。
登山画像
23.きょうの相方。あんたはよく滑るよな。
この山行での装備
【その他】 サロモンのX Ultra3。テスラのタイツにモンベルのショートパンツ。テスラの速乾性長袖シャツ、ペツルのヘルメット、ブラックダイヤモンドのハーフフィンガーグローブ。ザックはロウアルパインの25リッターにモンベルのギアホルダーを外付け、モンベルの雨具上下・ウインドブレーカー・ロールペーパー・ヘッドランプ・スマホ(カメラ+GPS)・バッテリー充電器と予備電池・地図、キャメルバックのハイドレーションとモンベルのフレックス・ウォーターバッグに水3L、コンビニおにぎりとカロリーメイト、下山後の着替え一式、サンダル。スタート時重量7.5kg。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モンターニャさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モンターニャ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月31日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。