登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
編笠山 憧れの「遠い飲み屋」へ 編笠山(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

カピトラ さん
  • 日程

    2020年9月12日(土)~2020年9月13日(日)

  • 利用した登山口

    観音平  

  • パーティ

    2人 (カピトラ さん 、だんな さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:観音平駐車場6時前に到着で、まだ余裕(無料)
    トイレ(ユニット)3基あり

  • 天候

    初日:晴れのち雨(一時強く)のち晴れ、2日目:曇り一時晴れのち雨
    [2020年09月12日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
観音平(06:10)・・・雲海(07:05)[休憩 5分]・・・押手川(07:55)[休憩 15分]・・・青年小屋(09:25)

【2日目】
青年小屋(05:10)・・・編笠山(05:50)[休憩 20分]・・・押手川(07:30)[休憩 10分]・・・雲海(08:20)・・・観音平(09:10)

総距離 約7.5km 累積標高差 上り:約991m
下り:約991m
コースタイム 標準:6時間
自己:6時間25分
コースタイム倍率 1.07
登ったお山は、編笠山。 
目的地は、青年小屋「遠い飲み屋」。

現在の状況では仕方のないことではありますが…、飲み屋さんに賑わいはありませんでした。
雨の予報のためキャンセルも多かったとのことで、9月12日(土)の宿泊客は十数名。
魅力的な赤提灯揺れる、味わい深い佇まいの青年小屋も、この夜はとても静かでした。
……何故、2019年のうちに来なかったのか?と、今となっては悔やまれます。

休前日の観音平は、やはり午前4時頃までに到着できなければ「確実」とは言い難い…。
車中泊や深夜バスはNGという夫とともに向かうには、前泊が必要と考えるとハードルが高くて、これまではついつい、ロープウェーや白駒の池といった広い駐車場の方を選びがちだったのです。

週末の雨予報で、もしかしたら駐車場も大丈夫なのでは?と、思い切って青年小屋に予約の電話を入れたのは、直前の10日(木)でした。 東京在住とお伝えしても断られることはなく、かえって「Go To」の対象外であることに恐縮されてしまうという、なんとも微妙な感じです…。

12日(土)午前6時前の観音平の駐車場は、まだ大分余裕がある状況でした。
3つ並んだユニットトイレは、2年前の記憶よりずっときれいで清掃も行き届いている感じ。
もしかして「感染症対策」が、良い方に作用してのことかしら?などとも思いました。

歩き出しは、ウォーミングアップに丁度よい緩やかな傾斜の土と石との道です。 
少しずつ石の割合が多くなって、所々やや急な場所が出てくるものの、何歩か歩けばまた緩やかな上りの繰り返しで、やがて大きな岩の隙間を通り抜けて歩けば、ほどなく「雲海」到着です。
ここまでコースタイム1時間ほどですが、ハイキング気分で歩けるので、ついペースが上がりがち。
夏場なら熱中症、秋以降は汗冷えなどのリスク…と考えれば、ここは抑えめで歩く方がいいと思います。

雲海から先は、ますます石の大きさも割合も増して、八ヶ岳らしい雰囲気が出てきますが、それもそう長くは続かず、石よりも土の割合が多くなった…?と感じたら、もう押手川の分岐はすぐそこです。
その先は、編笠山への直登のルートと青年小屋への巻き道とに分かれますが、今回は「巻き道」の方へ。
ここは、2年前に初めて夫婦で歩いて、ちょっと「もめた」ルートなので、今回はその検証(?)です。

結論からいうと、やはり、2年前には多少ルートを逸れた瞬間があったようです。
今回は、慎重にテープや矢印を追って歩いたところ、一度として「見失う」ことはなかった。
ただ、自分が方向音痴だと自覚している私は、とにかくいつ何時でも「確認」をしていたいと思い、そういう煩わしさより自分の感覚を信じて進みたい夫との間に不協和音が生じた…ということのようです。
正規ルート以外の踏跡が多いように感じるのは、まあ…いろんな理由が思いつきますが、とにかく「印に忠実に進めば、何の問題も無い」という確信を得て、2年越しのモヤモヤは解消しました。

天気予報の雨マークは午後になってからの筈でしたが、2000m超の登山道には午前8時過ぎからガスがかかり、霧雨から雨といった感じの悩ましい状況の中を青年小屋まで歩くことになりました。
そして、気になっていた水場「乙女の水」へ。
万が一、水が涸れていたら…と、たっぷり(二人で8ℓ)背負って登りましたが、以前ほどではないにせよ、とりあえず水場としては十分な水量がありホッとしました。

その後は、強い風にガスがどんどん流れて、今にも降り出しそうな空模様の中を、権現岳ピストンというのは無謀ですし、西岳への道も何だか恐ろしげだし…ということで、呑兵衛夫婦はさっさと「呑み」の体制に入ります(実際、昼過ぎから本降りの雨となりましたので、結果的にはOKの判断だったようです)。

先ずはビール!のラインナップは、すべて350ml缶(500円)ながら、キリン・ラガー&一番搾り、サッポロ・黒ラベル、アサヒ・スーパードライと、4種類も! さすが、遠い「飲み屋」さんです。 
(山小屋では1種類のみか、せいぜい「キリン?アサヒ?」と聞かれるくらいの経験しかないです)

食事提供はないかと思っていたら、カレー(800円)とラーメン(700円)の札が…!
カレーは、ビーフ、ポーク、トマトベースのチキンカレーの3種類もあるそうです。
有難くいただいてから、お昼寝したり本を読んだりという、何とも贅沢なひとときを過ごし、談話室の炬燵でぬくぬくしながら夕食の準備を待つという、とても幸せな山小屋の週末でした。

翌朝は、小屋の前でほんのひととき富士山のシルエットが見えました。
山頂はガスでしたが、ここまで来て登らないのもどうかと思いますので、山頂経由で下山します。
前回も思いましたが、観音平からの編笠山ピストンを「初級」や「初心者でも日帰りできる」などと書かれている解説は、おおいに疑問です。 確かに鎖などの難所は無く(小さな梯子はあり)、危険箇所もなく、コースタイムだけなら6時間…ということになりますが、押手川から先のどちらのコースも、登り下りとも「初級」としてはキツイだろうと思うのです。

途中、トイレも無いことを含め、予想以上に時間がかかってしまったときや、疲労や怪我(大怪我でなくとも膝痛等)など不測の事態に「初級」で対処しきれるコース状況とはとても思えません。
特に、雨や雨後など、下りで慎重に行動すれば、登りと同等以上の時間がかかっても不思議はないです。
とても良いコースで、とても素敵なお山ですが、気軽に日帰りはお勧めできないな…と、私は思います。 

観音平に戻って着替えなどしていたら、待っていてくれたかのように雨が降ってきました。
最近、こういうギリギリセーフが多いのは、ラッキーなのかな…?
細切れに運を使い果たしてしまわなければいいのだけど…と、ちょっと気弱になりそうな連休前です。

登山中の画像
  • 一つだけポツンと…。つい足を止めてしまいます。
  • 押手川。ここまでは、確かに「初級」レベルのハイキングコース。この先は、ちょっと段差の大きい石や岩の急登が始まります。
  • テント場。午前中はひっそり。午後になって2、3張あったようです。
  • 乙女の水、手前。
  • 大きく崩れ、一度は「涸れている」との情報も…。
  • 以前よりは少ない気がしますが、水場としては十分です。冷たくて美味しい水です。
  • 西岳への道。崩落のあとにつけられた道…ちょっと怖いです。
  • 青年小屋の前に「ラブランコ」が。編笠山を背景に写真が撮れるようです。
  • グッとくる赤提灯です。
  • 夕方になって晴れてきましたが…
  • もう、飲んでしまっているので、また明日。
  • お山ではもう、ストーブや炬燵が活躍する季節になりました。燃料費だけでも大変なご負担であろうと想像します。
  • ほんのひととき美しいシルエットが…(すぐに雲にかき消されました)
  • 岩岩を登り切って、「遠い飲み屋」さんに最後のご挨拶。
  • 晴れていれば、大展望の山頂です。そういう意味では、編笠山未経験の友人知人を誘いたくもなりますが…
  • 雲の隙間に一瞬の展望。左にうっすら富士山です。
  • 山頂から押手川までは、「大石の頭をテンポ良く踏んで」1時間。初心者には無茶、中高年には高リスクと感じます。例えば階段を1段飛ばし、2段飛ばしで延々と1時間下り続ける感じです。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器、ローソク・ランタン
【その他】 携帯トイレ、マスク類、除菌グッズ、インナーシーツ、体温計、モバイルバッテリー
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

カピトラ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年9月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ
重さを感じず、足が自然と歩きだす! サロモンの新作シューズ 人気トレイルランシューズをトレッキング向けに改良!「クロスハイクミッドゴアテックス」をワンダーフォーゲル編集部がチェック
秋田白神 紅葉の森の魅力
秋田白神 紅葉の森の魅力 世界遺産にも認定された白神山地。藤里駒ヶ岳、二ッ岳、小岳など秋田白神の自然の魅力を紹介します。
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
NEW グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目
グレゴリーの「スタウト/アンバー」モニターレポート3人目 背面長調整&腰回りを包み込むヒップベルトで安定感が抜群! JING-3さんが沼津アルプスで背負って実感
NEW 背面機構が特徴! マムートのバックパック
背面機構が特徴! マムートのバックパック 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。久しぶりの山行テストは、独自の背面機構を持つマムートのバックパック!
ステップアップの登山へ。槍ヶ岳/双六岳
ステップアップの登山へ。槍ヶ岳/双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい双六岳と槍ヶ岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選
北アルプス・槍ヶ岳をめざす主要ルート5選 槍沢、表銀座、裏銀座、大キレット、飛騨沢。登山者の憧れ、槍ヶ岳をめざす主要ルートを紹介します。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
紅葉の始まりは「草紅葉」から
紅葉の始まりは「草紅葉」から 秋風に揺れる黄金の草木を満喫する山旅へ。草紅葉が美しい湿原を歩くコースを行く6コースを紹介します。
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう
山のテッペンで泊まる醍醐味を味わう 山頂からの星空、日の出、日没を味わいたいなら、山頂に泊まるのがいちばん! 山頂に泊まれる山をピックアップ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...