登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
大嵐山北尾根~堂所山~明王峠2020.9 大嵐山 三本松山 堂所山(関東)
img

記録したユーザー

Bergen さん
  • 日程

    2020年9月22日(火)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:JR高尾駅(6:50・臨時急行バス)⇒関場BS(7:18)・・IC@514円
    帰り:JR相模湖駅(12:36)

  • 天候

    晴れのちうす曇り

この登山記録の行程

関場BS(7:18)・・大嵐山北尾根登山口(7:28)・・大嵐山(8:32)
・・三本松山(8:57)・・関場峠(9:04)・・堂所山(9:44-9:49)
・・明王峠(10:15-10:38)・・林道出合(10:50)
・・大平小屋(11:10)・・見晴台(11:46)・・与瀬神社(12:01)
・・JR相模湖駅(12:17)


総距離 約10.6km 累積標高差 上り:約848m
下り:約901m
猛暑などの影響で約3ヶ月ぶりの山行となり、あまり高くない山を歩いてきました。
最初は大嵐山北尾根~堂所山~景信山~城山を考えていたのですが、早朝のニュースを見て昨日の高尾山は大渋滞だったと知り高尾山方面へ向かうのを諦め明王峠へ行くことにしました。
またこの大嵐山北尾根からのスタートは混雑を避けるためです。

まずは陣馬高原下行バス(始発前の臨時急行バス)にて夕焼小焼BSで降車予定でしたが、何人も降りるものと思っていたので気楽に乗っていたら通過されてしまい急いで関場BSの降車ボタンを押した次第です。
BSから林道へ向かう道沿いに流れる醍醐川の水が透き通って綺麗なのには驚きました。

大嵐山北尾根は北土代沢林道より最初の分岐を右へ暫く行った所から左側への踏み跡(赤いテープ有)に従い尾根に入っていきます。
この尾根は最初と最後の部分が急ですが、暫く歩いてないため最初からアップアップ状態でした。

大嵐山に着いた後は三本松山(山名標識は手前にアリ)、関場峠を通り堂所山へ到着。
出発から堂所山までに会ったのはトレラン2名と下ってきた1名の計3人だけでした。
ここまで見晴らしは殆どありませんが静かな山行を楽しむことができます。

この後は明王峠に向けて主稜線を歩きますが一気に人が増えてきました。
明王峠で富士山がきれいに見えれば陣馬山も考えたのですが、あまり見えないのでそのまま相模湖駅へ下ることにしました。
その方がバスを利用せず、少しでもリスクを避けられ良かったと思います。

孫山下のつづら折りの下りは少しウンザリしますが、下った先の与瀬神社鳥居脇に咲いていた彼岸花がきれいでした。
少し地味なコースですが、4連休の混雑している中で割と静かな山行ができたと思います。

登山中の画像
登山画像
高尾駅北口バス停(一番西側)・・北口バス乗り場が…
登山画像
北土代沢林道入口・・高留橋のすぐ手前です。
登山画像
林道分岐・・右側へ230Mほど進みます。
登山画像
大嵐山北尾根取り付き・・小さいですが木に赤い…
登山画像
黒ドッケ?・・470M圏の小ピークより
登山画像
コル
登山画像
大嵐山583M
登山画像
白山菊
登山画像
鉄塔No.74
登山画像
三本松山611M・・この東側手前に三本松山の山名…
登山画像
関場峠
登山画像
アザミ
登山画像
黄花秋桐
登山画像
ハギ
登山画像
堂所山731M・・ベンチがあります。
登山画像
主稜線から堂所山を振り返って
登山画像
明王峠
登山画像
富士山(うっすら)・・明王峠にて
登山画像
ノコンギク
登山画像
ツリフネソウ
登山画像
登山画像
イヌショウマ
登山画像
シモバシラ
登山画像
大平小屋
登山画像
彼岸花
登山画像
相模湖・見晴台より
登山画像
与瀬神社
登山画像
彼岸花・・与瀬神社の鳥居前
登山画像
中央高速道(4連休で上りは渋滞中)&嵐山
登山画像
JR相模湖駅
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール
【その他】 膝サポーター
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Bergenさんの登山記録についてコメントする
  • トマトとケチャップ さん
    Bergenさん
    お疲れ様です。
     やっぱり休日のメジャールートは混みますよね。

     そういえば、藤倉分岐尾根ー浅間嶺が参考になりました。
    以前、歩いてみようと思いながら、取りつきの階段が通行止めになっていたので気になっていました。 昭文社の地図も通行止めだったので。 
    解除になったんですね。
    ありがとうございます。

  • Bergen さん
    トマトとケチャップさん
    ありがとうございます。
    昨日の陣馬山~景信山への主稜線は人がとても多く、すれ違うために何度も足を留めて待った次第です。
    また藤倉分岐尾根ですが、藤倉側からも藤倉分岐からももう通行止の案内はありませんでした。

  • ガバオ さん
    Bergenさん、こんにちは。

    気候も良くなって、低山も歩きやすくなってきましたね。
    4連休は、土、日の天気が悪かった分、月、火に人出が集中したようですが、その中での静かな大嵐山北尾根、おおるりの家への下りルートとして、しっかりインプットさせて頂きました。

  • Bergen さん
    ガバオさん、コメントありがとうございます。

    本当は北高尾山稜をとおして堂所山まで歩ければよかったのですが、このルートはアップダウンが多いため最初の方を省略してこの大嵐山北尾根からにしました。
    この尾根はバリエーションルートですが、取り付きさえ間違えなければ問題なく大嵐山へ到着できます。
    今回はちょっとひーひー言いながら登りましたが割と登りやすい尾根ではと思います。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Bergen さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年10月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...