登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
2020.9.22 立山(雄山~大汝山~富士の折立) 立山(雄山~大汝山~富士の折立)(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

てつ さん
  • 日程

    2020年9月22日(火)

  • 利用した登山口

    室堂ターミナル  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

室堂ターミナル(08:16)・・・一ノ越(08:55)[休憩 7分]・・・雄山神社(09:50)[休憩 10分]・・・大汝山(10:20)[休憩 5分]・・・富士ノ折立(10:43)[休憩 7分]・・・大走り分岐・・・雷鳥平(12:25)・・・エンマ台(13:09)・・・ミクリガ池(13:13)・・・室堂ターミナル(13:24)

総距離 約8.2km 累積標高差 上り:約920m
下り:約920m
コースタイム 標準:6時間5分
自己:4時間39分
コースタイム倍率 0.76
 はじめての立山。

 立山駅に駐車して、おにぎりを食べながらのんびりしていると、周りの登山者は駐車後すぐに荷物を抱えて去ってゆく。
隣に駐車した方に「皆さん早いですね。」というと、「シーズンだから切符買えなくなるよ!私も女房を並ばせてある。急いだほうがいい!」とアドバイスを受け、急いで切符売り場へ。
5時だというのにすでに100人以上は並んでいた。

 改札口は7時からだと思っていたのだが、シーズンだからなのか6時から発売された。
これはありがたい対応。
何とか7時発のケーブルカーの切符を買えた。

立山駅を出たケーブルカーは7分ほどで美女平に到着。
ここからバスに乗り換える。
バスの中では名所の映像が流れ、各名所付近では運転手さんも停車してくれる。
初めてバスで登山をする私にはすごく新鮮だった。
ちなみにバスはできれば左側の座席をお勧めする。
帰路でも往路と同様のバスの中で解説はあるが、雲が出たり、疲労でウトウトしてしまうので往路で左側の座席をお勧めする。

 乗鞍以来、実に2年ぶりの登山である。
体重も増えているし、体力維持の運動もしていないので無事山頂まで登れるか心配。
室堂到着後、薄い酸素に体を慣らす意味も込めて展望台から写真撮影。
風が強く、肌寒い。さっさと登ろう。

一ノ越まで順調。
時々後ろを振り返りながら景色を楽しむ。
雄山神社まで順調。
大汝山が見える。
山頂でガッツポーズをとっている姿が見える。羨ましいのでさっさと向かおう。
ああ、石が多いし、落差が大きくなってきた。
大汝山登頂。狭いねここは。
体力と時間と相談し、富士の折立も大丈夫そうなので向かう。
到着。ここも狭い。
 さぁ、問題はここから。
当初の計画ではこのまま来た道を戻る予定だった。
しかし、まだ11時なので時間は十分にある。
別山方面へ向かい、途中の分岐から雷鳥沢キャンプ場を抜け戻るか、それとも来た道を戻るか。
来た道を戻ると、あとから登ってくる人たちが多そうなので必要時以上に時間がかかりそうだ。
石もごろごろしていたし脚に負担もかかりそう。
キャンプ場ルートはどうだろう?
見た感じ、平らに見えた。(少なくともここからは。)
キャンプ場も見てみたいし、こちらに行ってみよう。
何とかなるだろう。

しかし、見るのと歩くのとでは全然違う。
というか、見えていなかった部分は大きな石こそ無いが、かなり急だった。
すってんころりんと尻餅をついた。
膝が痛むし、力が入らない。
おそらく来た道をそのまま戻ったとしても膝の痛みは出ていたかもしれないが、相当こたえた。
キャンプ場まで必死の思いで下りてくると、なんと、室堂へは再び登らなくてはいけなかった。
『あぁ、失敗した~。帰れるのか俺?』と膝の痛みをこらえて登り続けた。
小さな休憩を何度も入れながら呼吸を整えては登った。
地獄谷からの硫化水素は警報ランプは廻っていなかったが、結構刺激が強く、咳き込んだ。
気管支が弱いので大丈夫かな?と不安だったが、風向きが途中変わったりしたおかげで通過した。

 心が折れそうになったが、ミクリガ池まで来たときはホッとした。
それからすぐに室堂到着。
雲も出て景色もいまいち。
そそくさと下山した。

久々の登山だった。
体力は確実に落ちているし、登山靴も劣化が進んでいた。
紅葉にはまだ早かったが、明日は雪の予報も出ていた。
へとへとだが、堪能できました。

登山中の画像
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ホイッスル、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

てつさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 立山室堂山荘 ~立山
    立山室堂山荘
    10/17立山初冠雪。融けずに残るところがあり軽アイゼン程度は準備を。営業は11/24泊まで
    20年10月20日(火)
    剱澤小屋~剱岳
    剱澤小屋
    2020年の営業は10/7に終了しました。ご利用ありがとうございました
    20年10月07日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

てつ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年10月28日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
NEW 群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山
群馬のシンボル、上毛三山の赤城山・榛名山 紅葉が見頃の赤城山と榛名山から、厳選6コースを紹介!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。