登山記録詳細

ハイキング
参考になった 4
秋の尾根歩き。 関八州-ツツジ山-刈場坂峠-正丸尾根 関八州-ブナ峠-飯盛峠-ツツジ山-刈場坂峠-正丸山-正丸峠(関東)
img

記録したユーザー

サンシマ さん
  • 日程

    2020年9月22日(火)

  • パーティ

    2人 (サンシマ さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:西吾野駅、復路:正丸駅

  • 天候

    晴れ時々曇り 気温:17~20℃

この登山記録の行程

西吾野駅(06:10)・・・高山不動尊登山口(06:25)・・・萩の平茶屋跡・・・高山不動尊(07:43)[休憩 5分]・・・関八州見晴台(08:15)[休憩 20分]・・・飯盛峠(09:15)[休憩 2分]・・・ブナ峠(09:43)[休憩 9分]・・・ツツジ山(10:34)[休憩 46分]・・・刈場坂峠(11:33)[休憩 5分]・・・牛立久保(11:50)・・・虚空蔵峠(12:18)[休憩 3分]・・・旧正丸峠(13:15)[休憩 4分]・・・正丸峠(13:56)[休憩 24分]・・・正丸峠分岐(14:48)[休憩 1分]・・・正丸駅(15:08)

歩行時間:約7時間
行動時間:約9時間
コース定数:32

総距離 約16.3km 累積標高差 上り:約1,371m
下り:約1,317m
コースタイム 標準:7時間30分
自己:6時間59分
コースタイム倍率 0.93
展望が良いツツジ山(横見山)と刈場坂峠を歩きました。スタートは、西吾野からパラダイスコースで関八州見晴台に上がり、飯盛山・ブナ峠を経てツツジ山に登り、刈場坂峠から正丸尾根を歩き、正丸駅に戻りました。
(注:関八州へは、本地図上の萩ノ平コースは、歩いてません。)

ツツジ山(横見山)は、東側に展望が開けて、飯盛山などの尾根を眺められる、静かで気持ちの良い山頂でした。
刈場坂峠は、広い駐車場がある明るい峠で、抜群の展望が広がり気に入りました。
ただし、峠はバイクや車の通行が多く、静かさは無い感じです。トイレがあり休憩地には良いと思いました。

グリーンロードは、登山道と林道を出たり入ったりの歩きです。刈場坂峠までは、のんびり歩きです。
後半の虚空蔵峠から正丸峠までは、アップダウンを繰り返す山道で、気が抜けない道でした。長丁場の歩きのせいか、エネルギー不足なのか、集中力に欠けた歩きになりました。(今後の課題・・・です。)

正丸峠からの下山道は、今回初めて歩きました。沢沿いで、徒渉、木橋があり、危険個所も少なく、楽しい道でした。
峠の茶屋付近は、バイクや車が多くて、騒々しい峠になっていました。

道路状況は、グリーンロードに通行禁止のゲートが2か所あります。(先の大雨による道路決壊のようです。)
1か所目:梅本林道付近(稚児の墓)、ここはゲートの先に登山道があるので、脇の尾根から進みまし
た。
2か所目:刈場坂峠付近、登山口(出口)から先にゲートがあり、塞がれています。林道方向に右折せ
ず、尾根を直進すると道に出ました。
その他、① 牛立久保(刈場坂峠の西)付近は、なだらかな草地で踏み跡が不明瞭です。谷方向に下ら
ないように注意が必要です。
② サッキヨ峠からの登り(700mピーク「親不知」)は、木段が壊れ急坂で滑ります。

高麗川を囲む山々(下記)の歩きは、今回で、ほぼ繋がり、全体が見えて来た感じがします。
どんな登山道なのか・・・の不安が解消した分、今後は、季節を変えて歩く計画がいつでも出来そうです。

行動時間:約9時間
歩行時間:約7時間
「日和田山-スカリ山-顔振峠-越上山-傘杉峠-関八州見晴台-飯盛峠-飯盛山-ツツジ山-刈場坂峠-正丸尾根-伊豆ケ岳-天目指峠-子ノ権現-スルギ尾根-大高山・天覚山-多峯主山-天覧山」



登山中の画像
  • シュウメイギクが咲く西吾野駅 06:10にスタートです。
  • オシロイバナ
  • パラダイスコースの登山道、日当たりの良い場所は、草が胸の高さまで生い茂っていました。
  • 振り返って、本陣山。
  • 高山不動尊の窮屈な急石段を登ります。
  • 高山不動尊で、登山の安全祈願をします。
  • いつ見ても立派な道標です。
  • 関八州見晴台に到着。 今日は先が長いのでゆっくりペースです。ここまで2時間5分でした。
  • 頂上は、我々のみ。 しばし展望を楽しみます。 富士山は雲の中です。 伊豆ケ岳と古御岳が見えました。 今日は、反時計方向にあの麓まで歩きます。
  • 越上山~天覚山方向の山並み。
  • 飯盛山方向へ進みます。
  • ハギの花が綺麗です。
  • ズームで。
  • 林道に出ました。
  • 梅本林道分岐付近に通行止めのゲートです。先日の大雨で道路決壊です。 (工事は、令和3年1月29日までとなってます。) 登山道は大丈夫なので、ここから右に回り込んで登山道に入りました。
  • 林道に出て、また山道に入って・・・・。
  • 793mのピークに到着です。 展望はありません。ベンチがありました。
  • 飯盛峠が見えました。
  • 飯盛峠に到着
  • 峠の直ぐ先にある通信施設、調べたら エフエム埼玉、FM NACK FIVE 79.5MHzの送信施設で、鉄塔高は40mだそうです。ANT標高があるので、受信地域は埼玉県のみならず、南関東にも届いているそうです。
  • 直径3mのパラボラANTは、通信用でしょうか。その下の長四角い箱とパイプ群が送信ANTのようです。2段構成とか。ナンチャラかんちゃら・・・・。
  • 飯盛山(ときがわ町)  816mに到着です。 ここも展望はありません。
  • 飯盛山の表記についての表示がありました。 飯盛山と呼ばれる峰は、2か所あるとのこと。
  • 葉が落ちる冬から春は、少し展望がありそうな感じです。
  • 飯盛山を出て、林道を歩くと・・・。
  • ブナ峠です。 「木」へんに「義」と書いて、ブナは読めません。(1988年版の山と高原地図では、この漢字の表記でした。)
  • 立派な石碑があります。 「万緑を 顧みるべし 山毛欅峠 」(石田波郷) ブナ峠で山道に入り・・・。
  • ブナ峠を少し登ると833mのピーク、「丸山」と思います。山頂の表示はありません。
  • また林道に出ます。 秋の紅葉、春の新芽のころは良さそうな林道です。
  • そして、また山道に入ると・・・。
  • ツツジ山が見えました。
  • 本日の最高峰、ツツジ山879.1mに到着です。(横見山、二子山) 西吾野駅から約4時間20分。(休憩含む。) 若いトレランの人とすれ違いました。小ツツジまで往復したとのこと。
  • 展望を楽しみながら、軽く昼食です。
  • 山頂は、東側に展望が開けてます。 陽ざしがあって気持ちが良いです。
  • 歩いてきた山並みを眺めます。 左の山は、丸山833mと思います。
  • 飯盛山 816.3mは、通信鉄塔がよい目印になります。
  • 北側に武甲山が見えました。
  • 天覚山と大高山も見えました。
  • 下山です。
  • ツツジ山直下の道、実が詰まった栗が落ちていました。
  • 堂平山
  • ズームすると天文台ドームが見えました。
  • 刈場坂峠のすぐ手前・・・通行止めのバリケードがあって、行ったり来たり・・・・。 道標側ではなく尾根を直進(左側)すればすんなり降りられました。
  • 広場から見た通行止めのバリケード、左にトイレがあります。 登山道は、通行禁止内にあります・・・。
  • 刈場坂峠からの展望は、大変素晴らしいです!
  • 堂平山
  • 堂平山のズーム
  • 東側の展望、眼下に見えるは、小川町でしょうか?
  • 大野峠方向の登山道に入ります。
  • 分岐で虚空蔵峠へ進みます。
  • 緩斜面、谷道へ下らないように注意が必要です。 一旦、林道に出て・・・。
  • 虚空蔵峠に到着です。 この後は、正丸峠まで登山道です。
  • サッキョ峠 ここから標高差30mの急坂です・・・。
  • 滑りやすい急坂です。木段は壊れてます。
  • 急坂にホトトギスの花 (花の下にロープが見えてます。)
  • 急坂を登り切ると・・・700mピークの「親不知」
  • 痩せ尾根、左側は切れてます。
  • 痩せ尾根からの展望 飯盛山が見えました。
  • 旧正丸峠(秩父峠)に到着です。 現在の吾野(飯能市)は、江戸時代から大正10年までの330年間は、秩父郡に編入(それまでは高麗郡)されたのこと。この峠が秩父とを結ぶ道で、吾野村は、大変な不便を強いられていたと記されてます。(参照:吾野宿歴史散歩)
  • 峠から見る秩父方向(道は右折しています。)
  • 峠に碑とかは、見当たりませんでした。 何か寂しい峠です。
  • 標高差100mを登ってのピーク 川越山の表示があります。766.4m
  • 次のピークは、正丸山の表示 780m
  • 正丸峠の上にある休憩場所
  • 階段を降りて・・・。
  • 正丸峠に到着です。ここまで来て、少し緊張感が解けました。 茶屋は、車とバイクの人ばかり・・・。
  • 峠の道標
  • 展望
  • 休む場所は・・・。
  • 風を避けて、降りて来た階段脇で、立ち飲みのコーヒータイムです。
  • 茶屋の右脇にある登山道から下山します。
  • 右は、伊豆ケ岳方向です。 次回の伊豆ケ岳歩きは、ここから・・・も有りですね。
  • 今日は下山なので、左の急階段を下ります。 立派な手すりです!ステンレスかな?
  • 沢道(芦沢)は、徒渉や木橋があって楽しい道です。
  • 山の神にお参りします。
  • (今年の巾着田、彼岸花は中止とか・・・。)
  • 馬頭観音、無事帰還のお参りです。
  • 甘くなかった--です!
  • ホウズキ
  • 戻りました。
  • 正丸駅
  • 靴を洗って、さっぱりします♪。
  • それにしても、今日は、良く歩きました♪♪。 (翌日の筋肉痛は、長い下りが無かったためか、あまりありませんでした。)
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、ライター
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

サンシマさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

サンシマ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月16日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。