登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
北八ヶ岳で池巡りと少し紅葉と岩登り 北横岳、大岳、三ツ岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

ヒビヤス さん
  • 日程

    2020年10月3日(土)

  • 利用した登山口

    大河原峠  

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大河原峠駐車場へは、台風の影響で、茅野・諏訪からアクセスする道は通行止めなので、佐久方面からアクセス。

  • 天候

    曇り

この登山記録の行程

大河原峠(06:23)・・・双子山(06:43)[休憩 2分]・・・双子池(07:10)[休憩 14分]・・・天狗ノ露地(07:55)[休憩 2分]・・・大岳分岐(08:32)・・・大岳(08:40)[休憩 13分]・・・大岳分岐・・・北横岳(09:41)[休憩 15分]・・・北横岳ヒュッテ(10:05)[休憩 10分]・・・三ツ岳(10:45)[休憩 30分]・・・雨池山(11:57)・・・雨池峠(12:08)・・・雨池峠分岐(12:24)・・・雨池西岸(12:37)・・・雨池北岸(12:40)[休憩 18分]・・・カラ川橋・・・双子池(14:04)[休憩 3分]・・・双子山(14:36)[休憩 1分]・・・大河原峠(14:53)

総距離 約13.2km 累積標高差 上り:約1,107m
下り:約1,107m
コースタイム 標準:9時間30分
自己:6時間42分
コースタイム倍率 0.71
先週、車中泊で土日と登山したので、今週は登山なしにしようと思っていたが、天気予報はまずまず、翌週は予定があり、登山できないので、登山することにした。
できれば、紅葉を楽しめればと北八ヶ岳にした。
とはいってもアマノジャクの自分は、白駒池のようなメジャーなところでなく、大河原峠から入山して、双子池、七ッ池、雨池の周り、途中、大岳、三ッ岳と、マイナーな山(失礼!)を通るコースとした。三ッ岳は岩場も楽しめるらしく、どんな岩場なのか楽しみ。
また、今回、初めてシングルポールで登ることにした。シングルのほうがよいという話も聞いていたので、試してみることにした。

大河原峠駐車場へは、台風の影響で、茅野・諏訪からアクセスする道は通行止めなので、佐久方面からアクセス。八ヶ岳へ行くのに、中央道でなく上信越道で行くのは不思議な感じがした。
大河原峠駐車場で標高2000mあり、風も冷たく寒かった。
準備してスタート。
あっという間に双子山に到着。一旦下って双子池へ。
双子池の1つ雄池の池畔の一部で紅葉が始まりかけていた。
その後、大岳への道は八ヶ岳らしく、苔の道。テープも少なく、ルートファインディングが求められるところがあった。
途中からは大きな岩を乗り越え、もしくは、岩の合間を縫っていく道となった。大岳から北横岳へ最後の登りを除いて、なだらかな道。とはいえ、いくつか大きな岩があり、大きな岩を乗り越え、もしくは、岩の合間を縫っていく感じだった。
ここまでは静かな山歩き。北横岳では、ロープウェイで登ってきたと思われる人が多数。一気に賑やかになった。
曇っていたが、八ヶ岳、南アルプス、北アルプスも見ることができた。
北横岳を下山して、途中の七ッ池は、紅葉がきれいだった。
三ッ岳との分岐で、人の多かった登山道から分かれた。暫くは普通の登山道。そのうち、岩が見えてきた。おっ、登っている人がいる。
実際に取りついてみると、3点支持でしっかり岩場登りというより、大きな岩を乗り越えていく感じだった。岩場登り経験者なら難しくないと思った。
三ッ岳Ⅲ峰、Ⅱ峰、Ⅰ峰と超えて、雨池へ。雨池の周辺は紅葉してなかった。また池の半分位は、水が無くなっていた。
その後、双子池、双子山を経由して、大河原峠駐車場へ下山した。
それなりに紅葉を見ることができたが、紅葉は、もう少し後のほうがよいだろうと思った。

今回、シングルポールで登ったが、さらにポールの長さもダブルのときより短くした。
最近出版された「山の快適歩行術」で、シングルポールでピッケルのように使うと書かれていたので、今回、試してみた。結果、ダブルよりポールに頼ることが少なくなり、しっかり二足で歩くようになるかと思った。テン泊の重い荷物の時にも試してみようかと思った。

登山中の画像
登山画像
大河原峠駐車場。茅野・諏訪方面は通行止め
登山画像
双子池(雄池)
登山画像
双子池(雄池)
登山画像
大岳への道
登山画像
八ヶ岳らしく、苔の道
登山画像
天狗ノ露地
登山画像
いくつか岩が飛び出ている。奥は蓼科山
登山画像
大岳山頂から、北横岳、蓼科山
登山画像
手前はこの後、目指す三ッ岳方面。奥に八ヶ岳
登山画像
途中、七ッ池が見えた
登山画像
七ッ池の紅葉
登山画像
七ッ池の紅葉
登山画像
三ッ岳Ⅲ峰
登山画像
鎖があるが、使わず登れる
登山画像
次に目指す三ッ岳Ⅱ峰
登山画像
次に目指す三ッ岳Ⅰ峰
登山画像
雨池山からの下りで見た紅葉
登山画像
雨池
登山画像
ダケカンバの黄葉
登山画像
サルオガセ
登山画像
双子池ヒュッテ近くのナナカマドはまだ赤くない
登山画像
双子池(雌池)に戻って1枚
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ヒビヤスさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    最近の朝の気温は氷点下。現時点では、赤岳周辺、赤岳山頂までの登山道には積雪はありません。
    20年11月26日(木)
    黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    登山道に積雪はありません。日没が早くなっているので早めの行動をお願いします
    20年11月26日(木)
  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    国道299号線の麦草峠は11/19より冬期通行止め。登山道に積雪はありませんが凍結に注意してください
    20年11月24日(火)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    北八ヶ岳ロープウェイの営業時間は9時~16時、11/24からは点検運休となります。時間的に無理のない登山計画で入山を
    20年11月19日(木)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヒビヤス さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇のち晴
(日本気象協会提供:2020年11月30日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!