登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
東篭ノ登山と池の平湿原~眺望と紅葉をチョッピリ楽しむ~ 東篭ノ登山・見晴岳(上信越)
img

記録したユーザー

モーちゃん さん
  • 日程

    2020年10月6日(火)

  • パーティ

    2人 (モーちゃん さん 、妻 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:上信越道小諸ICを出て地蔵峠へ。高峯林道に入り、池の平湿原駐車場へ向かう。600円前払い。水洗トイレ有。自販機無。

  • 天候

    曇り時々薄日。濃霧。気温4~5℃。やや強く、冷たい北風。

この登山記録の行程

自宅5:00⇒6:43小諸IC⇒7:21地蔵峠⇒7:30池の平湿原駐車場(トイレ)7:53・・・8:35東篭ノ登山9:02・・・9:30休憩広場・池の平湿原駐車場(トイレ)10:08・・・10:22村界の丘10:27・・・10:40雲上の丘10:47・・・10:57見晴岳・展望所11:41・・・12:06湿原鏡池12:10・・・12:19湿原グリーン広場・・・12:29池の平湿原駐車場12:45⇒道の駅雷電くるみの里(トイレ)⇒小諸IC⇒16:10自宅。

 本日は、まず先に駐車場から東篭ノ登山を往復しました。戻った後で、反時計回りに村界の丘・雲上の丘・見晴岳・湿原鏡池・グリーン広場と歩いて、駐車場へ戻りました。

 予報は、晴れ時々曇りでありましたが、実際は、曇り時々薄日後濃霧でした。特に眺望が芳しくなく、近景は見えても、遠景はぼやけたり、山体が雲の中に入っていたりする時間が大変長かったです。カメラには、収められませんでしたが、山々を目視することができました。それも、昼食後は濃霧に包まれてしまい、眺望は楽しめなくなってしまいました。眺望は、近景が撮影できましたが、遠景はかなりぼやけてしまいました。山々が、はっきりとしなかったり、小さくなったりしていますが、どうぞ写真をご覧ください。

 紅葉が始まった樹木があっちこっちで散見することができました。陽ざしを浴びると、きれいになりますが、本日は、残念な結果になりました。車に乗り、林道・県道を走っていると、両脇の紅葉がきれいな箇所がありました。オオツリバナとマユミの実を撮影しました。どうぞ写真をご覧ください。

 本日は、天候に恵まれず、眺望も紅葉も残念なことになりました。総距離約5㎞。積算標高差上りも下りも約340m。歩数は12.143歩を数えました。温度が上がらず、インフォメーションセンターの温度計は、湿原歩きに出かけるときは約5℃。戻ってきたときは6℃を示していました。それでも、少し汗ばみました。着替えてから帰路につきました。今度は、紅葉真っ盛りを狙って再訪したいと思います。

登山中の画像
  • 前半は東篭ノ登山、後半は池の平湿原を歩く。カラマツ林の奥に見えた。
  • キノコ。
  • ツマトリソウの実。
  • シラタマノキの実。
  • 紅葉した葉。
  • 開けた場所から後半歩く池の平湿原を望む。
  • 遠景は奥秩父の山々。その右には、富士山が視認できた。
  • 遠景は八ヶ岳。その間からは南アルプス北岳を視認。
  • 遠景中央は烏帽子岳・右は湯ノ丸山。
  • クロマメノキの葉かな。
  • 東篭ノ登山頂。360度の眺望だが、雲が大変多く、遠景はぼやけている。奥は黒斑山。その先は浅間山。時計回りに撮影開始。
  • 奥は浅間山。お釜が見える。
  • 右は高峯山。
  • 奥は奥秩父の山々。その右にはぼんやりと富士山。
  • 八ヶ岳。後ろの真ん中には南アルプス北岳。
  • 中央アルプス。
  • 奥には北アルプスがうっすらと見えた。
  • 手前真ん中は烏帽子岳。右は湯ノ丸山。奥は北アルプス穂高岳・槍ヶ岳等々。
  • 手前は西篭ノ登山。奥は北アルプス鹿島槍ヶ岳等々。
  • 真ん中は烏帽子岳・右は湯ノ丸山。手前は右は西篭ノ登山。
  • 四阿山・根子岳。
  • 水ノ塔山。剥げている場所は赤ザレ。
  • 浅間山のお釜から噴煙が立ち上っている。下山開始。
  • イワインチン。
  • 色付いているが、陽ざしがほしい。
  • 奥は後で歩く池の平湿原。
  • 東篭ノ登山下山口で休憩。マツムシソウ。
  • ズーム。
  • ヤマハハコ。以上は東篭ノ登山で撮影。
  • ハクサンフウロの葉。駐車場内のトイレで用を済ませ、外輪山の登山口へ向かう。池の平湿原を反時計回りに周回する。
  • ズーム。
  • カワラナデシコが咲き残り。
  • 外輪山入り口は標高が2.060m。5℃しかない。寒いははずだ。
  • マルバタケブキの実。
  • 登山道脇は秋景色。
  • イワインチン。
  • 村界の丘に到着。紅葉の先には、左西篭ノ登山。右東篭ノ登山。
  • 山が霧に隠れてしまう。
  • カラマツの先には池の平湿原。
  • ここにもイワインチン。
  • ハクサンシャクナゲは狂い咲き?
  • 雲上の丘に到着。雲がかかり始めている。後ろは左西篭ノ登山。右東篭ノ登山。
  • 雲がかかりつつある浅間山。
  • 眼下には池の平湿原。
  • ヤマハハコ。
  • カワラナデシコ。
  • 見晴岳で昼食にする。その前に約50m先の展望所へ向かう。360度の眺望が期待できるが今は雲に隠れてしまう。
  • 引き返して見晴岳で昼食だ。風が強く、冷たい。周囲は霧に包まれてしまう。
  • 池の平湿原へ向けて歩き出す。見晴コマクサ園前で撮影。
  • 陽射しがないのが残念だ。
  • 何の木かな。
  • ノアザミ。
  • 笹原も紅葉だ。
  • ズーム。
  • 忠治の隠れ岩付近で撮影。左には鏡池。
  • 鏡池をズーム。
  • ハクサンフウロその葉。以上は池の平湿原で撮影。帰路に着く。
  • ツリバナ。高峯林道脇も県道脇も紅葉がきれいだ。
  • ズーム。
  • マユミ。
  • ズーム。
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

モーちゃんさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高峰温泉 ~浅間山
    高峰温泉
    40㎝ほどの湿った雪が降りました。スノーシューがおすすめです
    21年01月25日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

モーちゃん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...