登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
柏原山・四寸岩山 柏原山・四寸岩山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

K-TAN さん
  • 日程

    2020年10月14日(水)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:県道138 

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

08:19 黒滝村駐車場
08:34 登山口
09:30 車道合流
09:43 柏原山
10:27 奥駈道入り口
11:00 奥駈道合流
11:13 四寸岩山
12:28 奥駈道入り口
12:54 柏原山分岐
13:23 林道下山口
13:30 黒滝村駐車場


総距離 約10.5km 累積標高差 上り:約1,003m
下り:約1,000m
大峰奥駆道の縦走を計画しているが、体力に自信がないので、躊躇している。
吉野から1日目の位置にある四寸岩山に行ってみることにした。
コースは県道138 黒滝村に駐車し、柏原山を経由して四寸岩山ピストン

県道138から、赤滝五条線を進み、本谷と伊谷分岐手前に左に登る分岐車道がある
50m程登ったところに車2台分の駐車スペースがある
8時20分出発 
登り口から民家添いに登って行き、最後の民家から登山道に切り替わる。
耕運機の跡があったので、ついついその道を追っかけてしまった。
地形図通りに登って行く事をイメージしていたのに、最初から道を間違えてしまった。

登りきると、耕運機と何やら作業している2人がいた。挨拶を交わすと、目の前のフェンス添いに登るとしんどいので、杉林の中を登って行くと登りやすいと教えてくれた。
この時点ではまだ道を間違えていることに気が付いていないので、何を言っているのか理解していなかった。
でも、親切な人たちだったので、きちんと礼を言って、登って行く
確かに、フェンス添いは登りにくいので、杉林の中に入っていくとかすかな踏み跡を見つけたので、登って行く。
もっとしっかりした道があるはずなんだが???変だな
とGPSを見ると、計画ルートはずっと東側だ!、ここで道を間違えていることに気が付く。

計画ルートに近づきながら登っていく、計画ルートも左折してくるので、急登をまっすぐ登ると、少し広い道に合流
これが計画ルートと思い進んでいくと、どうも方向がおかしい。
少し戻って、上に通じる道を登って行く事にした。登って行くにつれ、計画ルートとの差が縮まってきたので、右に折れ計画ルートに合流した。こちらの道は広くて歩きやすい。
しばらく進むと、林道に合流。道を突っ切ると、柏原山への登り口があり、緩い登りを300mで柏原山到着。
景色はないので、すぐに下山し、林道に合流後、林道をのんびり歩いていく。
日差しも緩く、景色もいいので気持ちがいい。前方には、大峰奥駆道の稜線が見える。

車道に合流する地点に奥駆道への登山口があるが、取付きは足がかりが無く、登るのに難儀する。
入っていくと、藪、藪、藪
赤いテーピングがあるので、迷うことはないが、急登でかなりうっとうしい藪だ。
100m程の藪を抜けると藪の背丈が低くなる。この藪はかなり体力を奪われる。
そのまま進むと、そそり立つような急斜面が現れる。
まっすぐ登れないので、少し滑りながらジグザグに登って行く。
登りきると、大峰奥駆道に合流
10分程急登して四寸岩山へ到着

南に景色が開けており、大峰山系が一望できる。

今日の昼は、無印のプラウンマサラカレー
かなりうまい!!

1時間程のんびり休憩して、12:01 下山開始
地形図では藪を避けるルートがあるが、探しても見つからなかった。
車道が見えているし、足元は杉林なので、少々急斜面でも降りられるが、車道の山側は高いコンクリートでおおわれていて、降りられない場合があるので、そのまま藪コキして下ることにした。

下りの藪は登り程しんどくはなかった、車道に合流して、林道を下って行く。
前方に鹿が居た。こちらの熊鈴に気がつくと、逃げて行った。

林道から登山道にへ入っていき、今度は計画道を下って行く。
道は急登だが、歩きやすく、登りの登山口まで続いている。

10.7Km 5時間11分 思いがけず道を間違えてしまったが、その分しっかり山歩きが楽しめた。
計画ルートだと歩きやすいが、結構急登が続く。
雲一つ無い青空で、景色もよく、暑くもなく、楽しい一日だった。
そろそろ、防寒着を持参した方がいい季節だ。

登山中の画像
  • 県道138から左に入って50m登ったところに黒滝村の駐車スペース2台分がある。
  • 車道を進んで登山口
  • 最後の民家の手前を登っていく。 耕運機の跡をたどって登って行く。かなり急斜面だ。 実はここで既に道を間違えている。
  • 登り切ったところで、作業中の人が親切に教えてくれた。 フェンス寄りに登ると大変なので、杉林の中を登って行くといいと
  • 確かにフェンス寄りは結構しんどいので、杉林の中に移動した。
  • わずかな踏み跡をたどって急登する。
  • 計画ルートに少しづつ近づいていきながら登って行く。
  • が、この先で計画ルートは左に折れているので、急斜面を直登することにした。
  • 合流!・・と思ったんだけど
  • どうも違うなぁ
  • やっぱりね
  • この道を登ってみる
  • こっちかな?
  • 鉄塔に出る。 先に道が続いている
  • なんかいい感じだ。直ぐ下に計画ルートがあるはずなんだがね
  • 見つけた
  • 林道に合流
  • 良い眺め
  • 09:42 柏原山到着
  • 休憩なしで先に進む。 鉄塔をまっすぐつっ切る
  • 林道に合流。 真ん中から出てきた
  • しばらく林道をのんびり進む。
  • ここは左に登って、山頂を目指すことにした。
  • ピーク付近
  • 再び林道へ合流
  • 10:26 車道に合流 正面が登山道とりつき
  • ここを登って行く。 取付きは足がかりがないので、ちょっとしんどい
  • 案の定 藪コキだ。 赤いテーピングを進んでいく。
  • かなりうっとうしい藪を100m程進むと、藪の背丈が低くなる。
  • 大峰奥駆道手前は挑戦的な斜度の登りだ。まっすぐ登れない
  • 大峰奥駆道合流
  • 11:12 四寸岩山到着
  • 三角点
  • 記念写真
  • 南側の景色
  • 今日のランチは無印のカレー。 こえ結構うまい
  • 山頂は広い
  • 藪も大峰奥駆道だ
  • ここで大峰奥駆道とはお別れして、左を下って行く。
  • 車道に降り立つ
  • 下りは林道(左)を下っていく。
  • ここを左に入ってく
  • 歩きやすい道が続いている。
  • 本当は登りもこの道を登る予定だったんだけどな
  • 下山口へ到着
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

K-TANさんの登山記録についてコメントする

K-TAN さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...