登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
長沢背稜頭づくし 小屋瀬戸ノ頭(関東)
img

記録したユーザー

山こ さん
  • 日程

    2020年10月17日(土)~2020年10月18日(日)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:JR奥多摩駅からバスで東日原へ。休日は東日原が終点。小川橋を渡って左折、日原林道をひたすら歩く。東日原バス停からたっぷり2時間かかる。足早に歩いて2時間かかる。大ダワ方面通行止ゲートの左わきに富田新道入口がある。

  • 天候

    一日目終日雨。冷たい雨。二日目快晴。

この登山記録の行程

一日目:
JR奥多摩駅8:35 東日原バス停9:02 八丁橋 富田新道 小雲取山 雲取山避難小屋14:30
二日目:
雲取山避難小屋6:30 芋ノ木ドッケ 長沢山 滝谷ノ峰 ウトウの頭 一石山神社 東日原バス停14:10 JR奥多摩駅15:16


総距離 約27.6km 累積標高差 上り:約2,064m
下り:約2,056m
雲取山から滝谷ノ峰までの長沢背稜には数多くの頭があります。それらの名もない頭を拾ってみたいと思います。雲取山までは長年の憧れだった富田新道を歩きました。東日原バス停から富田新道入口までの日原林道はとてつもなく長い道のりです。足早に歩いてもたっぷり2時間はかかります。富田新道は小雲取山までなんの問題もありませんでした。小雲取山の出口では通行止の札が掛かっていましたが、危ない箇所は一ヶ所もありませんでした。富田新道の最後は野陣尾根であり、そのピークは野陣ノ頭ですが、そのすぐ東側にポッコリと膨らんだところがあり、そこが権衛ノ頭らしいです。降りしきる冷たい雨の中を必死に山名板を探しましたが見つかりませんでした。残念ですが、もう権衛ノ頭探しは諦めます。ゲートから野陣ノ頭まで2時間かかります。朝から降りしきる冷たい雨のため身体が冷え切りぶるぶる震えながら小雲取山を目指しました。今日は雲取山荘まで行ってテント泊の予定でしたが、この冷え切った身体では無理と判断して、避難小屋に泊まることにしました。小雲取山を踏み、雲取山避難小屋までおよそ20分。寒くて寒くて仕方ありませんでした。避難小屋に着いたときには助かったと思いましたが、身体の震えはしばらく止まりませんでした。室内は5℃でした。4時を回ると冷たい雨は雪に変わり、夜まで降りしきっていました。
二日目の朝は快晴で、雲取山からの絶景を楽しみました。富士山がきれいでした。旧雲取山荘の先の1803mピークは何もありません。馬酔木のジャングルです。大ダワを過ぎて左側の稜線を巻き、登りきったところでピークに引き返します。そこがバラ尾根ノ頭ですが、ここも馬酔木のジャングルでした。そのあとはひたすら芋ノ木ドッケを目指します。急登の連続です。芋ノ木ドッケは長沢背稜の最高点で1946mあります。芋ノ木ドッケから先は頭づくしの始まりです。ヤケトノ頭、小屋瀬戸ノ頭、柱谷ノ頭、仏小屋ノ頭、杣小屋ノ頭と続きます。残念ながら仏小屋ノ頭は確認することが出来ませんでした。長沢山を過ぎ、水松山手前に右側にひときわ高く聳えるピークがあります。これが板小屋ノ頭です。立派な山頂標が掛かっています。水松山を巻き、滝谷ノ峰手前で左側に広がるピークがあります。そのピークがワリ谷ノ頭です。岩下谷ノ頭とも言うそうです。滝谷ノ峰を回り込み、しんどいので滝谷ノ峰は登らずに、タワ尾根を下山しました。しばらく進んでいくとモノレールが出現するので、あとはモノレールに沿って下りていくだけです。大京谷ノ峰手前にカラ滝ノ頭があります。非常に分かりづらく、だいたいこのあたりという感じです。大京谷ノ峰を過ぎると、タワ尾根の難所が続きます。事故が起きても決して不思議ではない岩場の連続です。それらをクリアするとやっとウトウノ頭に出ます。ウトウノ頭から先はとにかく広い尾根道が続きますが、広いのでかえって道迷いが生じやすいです。GPSがあった方が無難だと思います。間違って違う尾根に下りていくと取り返しがつきません。金袋山から先で、一回間違えそうになりました。最後の一石山神社への下山路は、岩場の難所に負けないぐらいのクリティカルパスだと思います。とってもつらい急な下り坂の連続で、ここで油断すると大事故になります。一石山神社から東日原バス停までは30分かかりました。次のバスまで50分。冷たい風が吹く中、多くの乗客がバス待ちしていました。
まことに残念ながら、カメラ操作を間違えて、二日目の写真を全部消してしまいました。(;´д`)トホホ。

登山中の画像
登山画像
富田新道入口です
登山画像
野陣ノ頭
登山画像
富田新道は通行止になっていますが、なんの問題…
登山画像
小雲取山
登山画像
雲取山避難小屋
登山画像
分かりづらいですが、雪が降っています
登山画像
この日はひとりでした、いや、大きな蛾が一匹い…
登山画像
夕食の天ぷらうどんです、このあとサトウのご飯…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、トレイルランニング用シューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、行動食、GPS機器、テント、シュラフ、テントマット、燃料、カップ、コッヘル
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

山こさんの登山記録についてコメントする
  • てんてん さん
    山こさん、はじめまして。

    富田新道、問題無く通行可能とのことで、参考になりました。
    ありがとうございます。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

山こ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年11月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド
秋冬クロージング PICK UP!ブラックダイヤモンド ウールの弱点を克服したアンダーウエア「メンズ ソリューション150メリノベースレイヤー クルー」の機能とは?
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...