登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
横浜から鶴見まで台地の縁を散歩 横浜中央市場通り、伏見大漁稲荷神社、立町みはらし公園、横浜一之宮神社、子安台公園、生麦岸谷杉山神社、生麦事件現場、道念稲荷神社、水神宮、鶴見川河口干潟、生麦魚河岸通り、小野弁財天神社、潮田神社、日枝大神社、横浜熊野神社、おふろの国、末吉神社(関東)
img

記録したユーザー

目黒駅は品川区 さん
  • 日程

    2020年10月17日(土)

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:武蔵小山→東急目黒線→日吉→東急東横線→横浜

    復路:矢向→南武線→武蔵小杉→東急目黒線→武蔵小山

  • 天候


この登山記録の行程

横浜駅5:48→伏見大漁稲荷神社6:08→東神奈川駅6:20→立町みはらし公園6:33→横浜一之宮神社7:00→子安台公園7:22→生麦岸谷杉山神社7:49→生麦駅7:57→生麦事件現場8:12→道念稲荷神社8:18→水神宮8:23→鶴見川河口干潟8:31→生麦魚河岸通り8:36→国道駅8:40→小野弁財天神社9:00→潮田神社(東潮田杉山社)9:20→日枝大神社(小田杉山社)9:50→鶴見市場駅10:13→横浜熊野神社10:15→おふろの国10:48~12:15→末吉神社(上末吉杉山社)12:35→横浜家系ラーメン 龍源13:11~13:32→矢向駅13:33

合計5時間57分(おふろの国、ラーメン除く)


総距離 約20.0km 累積標高差 上り:約121m
下り:約126m
10月17日(土)は、しょぼふる雨の中、横浜駅から鶴見駅にかけて線路の上に続く崖=台地の縁の周辺を散策して来ました!

ここいらは基本的には下町なんですが、東京の下町ほどには再開発でマンションだらけになっていないので、雰囲気の良い路地裏が至るところに残っていて、探せば色々な物が出てきそうな場所です。

スタートは横浜駅でまだ行ったことのない「きた東口A」という横浜中央卸売市場の方に向かう出口です。市場の正門の前を曲がると、一本裏通りに入ったところに「伏見大漁稲荷神社」という漁村時代の遺物のような神社があります。写真がボケているのは雨に濡れたせいです。

今日は午前中いっぱいは雨が降ったりやんだり程度で、あまり傘をささずに歩けるのではないかということで出掛けてきたのですが、出だしからいきなりまともな雨でテンション下がりまくりです。

そのせいでいきなり、浦島寺と呼ばれる慶蓮寺と神奈川町耕地杉山神社が合祀されている東神奈川熊野神社を飛ばして「東神奈川駅」に着いてしまいました。雨で近道しようとするからいけないんだよな。

気を取り直して坂道を登り、「立町みはらし公園」に向かいます。ここは普通の公園なんですが崖上の高台にあるので、見晴らしが良いです。

立町みはらし公園からそのまま崖上を進むと「浦島丘中学校」があります。この辺りは「浦島ヶ丘」と呼ばれており、さっきの慶蓮寺などと合わせて、浦島太郎はハマっ子だった説がたてられているそうです。意外と竜宮城って異人さんの国だったりして。

中学校の前で浦島ヶ丘の展望を堪能したら、一旦下に下りて、この前行ったスーパー銭湯のように広い普通の銭湯「鷲の湯」の前を通り、「横浜一之宮神社」に向かいます。ここはさいたま市の氷川神社の神奈川支社的な位置づけの神社らしいです。建物も鉄筋コンクリート製の神明造り。ただ氷川神社ってこの造りだったっけ?

一之宮神社から再び崖上に登り、今度は「子安台公園」に向かいます。ここは崖を整備した公園で、さっきの立町みはらし公園より広くて立派です。でも残念なことに中が工事中でした。展望はベイブリッチの方へ向かう高速道路が良く見えます。

子安台公園から「生麦岸谷杉山神社」までは場所的に尾根続きだと思っていたのですが、谷を隔てた別の崖上にあり、そのため道を完全に間違えてたどり着くのにえらく時間をロスしてしまいました。生麦岸谷杉山神社は長い階段の上の高台にある神社です。東京で言うと港区の愛宕神社のような神社。

生麦の杉山神社の次はせっかく生麦に来たので生麦駅の方に下り、「生麦事件」の碑を見て行きます。生麦事件は幕末の時代に薩摩藩の大名行列に、イギリス人が土下座せずに馬に乗ったまま乱入してきたことに腹を立てた薩摩藩士が切りかかり殺傷してしまった事件で、後の薩英戦争の原因になりました。生麦事件の碑は公園に立派な石碑でも建っているのかと思ったら、裏寂れた旧東海道の民家の塀に解説板が埋め込まれているだけでした。

生麦事件の次は同じ旧東海道沿いにある「道念稲荷神社」に向かいます。ここは東急多摩川線の武蔵新田駅近くの多摩川で新田義貞の子義興が謀略にかかって憤死した時に、従者の一人道念坊がこの地に逃れて、庵を結んだのが始まりとされる神社です。疫病が流行った時「蛇も蚊も」という萱で造った蛇体に悪霊を封じ込めて海に流す祭が有名とのことで、コロナで多少は流行ってるのかなと思って行ってみたのですが、そういうことはないみたいです。

道念稲荷神社から鶴見川方面に向かうと今度は「水神宮」があります。ここは生麦の漁協が水難事故防止に祭っている神社で、小さな富士塚もあります。

水神宮を過ぎると、もうそこは鶴見川の河口です。まあ河口は陸地が延びたのでもう少し先なのですが、ここには「鶴見川河口干潟」という小さな干潟があります。中に下りられます。写真の白いのは砂ではなく、堆積した貝のかけらで、掘るとアサリなどが生息しているのかも知れません。

再びさっきの旧東海道に戻ると「生麦魚河岸通り」という魚屋さんが何軒も並んでいる商店街に出ます。一般向けというより、料理店が使うプロ仕様の商店街のようで、朝早いのに店はほとんど開いていました。そして何故かどしょうが売っていた。

そのまま旧東海道を進むと、今の東海道である第一京浜にぶつかる手前に、今日一番の掘り出し物である鶴見線の「国道駅」があります。

ここは高架下がアーチ状の天井の薄暗いアーケードになっていて、どこかの廃墟に迷い込んだような気分になりますが、一応駅として仕様されているようです。中の店舗はブログ等を調べると居酒屋が開いているとか書かれているものもありますが、朝の時間ということもあるかもしれませんが、営業している雰囲気の店は皆無でした。

こういう場所は都内だとすぐ新しいお洒落な店が入り込んでしまうので、昔ながらの形でそのまま保存されているのはこの辺りならではだと思います。一度見に来て下さい。

国道駅の次は「小野弁財天神社」に行ってみます。ここは武田氏滅亡後に当地へ移住した小野氏が、新田開拓に際して江の島弁財天の分霊を勧請した神社とのことで、相模川の方にも山梨から来た人が作った諏訪神社がありましたが、甲斐と相模は意外と関係が深いのかも知れません。

次に行く「潮田神社」は、大正8年御嶽社と杉山社を合併、翌年潮田神社と改称したものだそうで、この辺りの低地はこのように合併して消えた杉山神社が多いです。

その次の「日枝大神社」も同じ裏の「八王子神社」に杉山神社を合併しています。

鶴見市場駅を通って「横浜熊野神社」にも行ってみます。ここはさっき埼玉の氷川神社の横浜営業所みたいな横浜一之宮神社があったので寄ってみたのですが、横浜の熊野神社の総本山というわけではなく、ただ単に名前に横浜がついているだけのようです。

これで一応本日の予定は終わったので、鶴見川の新鶴見橋を挟んで『RAKU SPA』『おふろの国』『ヨコヤマ・ユーランド鶴見』という3件の日帰りというかスーパー銭湯が軒を連ねている鶴見川温泉郷ともいうべき場所に行ってみようと思います。

ちなみにここの日帰り温泉は新鶴見橋の周辺だけでなく、近所の矢向駅にも『縄文天然温泉 志楽の湯』と『矢向湯』『富士の湯』という2つの温泉銭湯があります。

その数ある入浴施設の中で本日選択したのは唯一温泉ではない『おふろの国』です。理由は料金が土日800円と一番安いからで(※銭湯はまだ開いていない)、まだ午前中だし、寒いから汗かいていないし、温泉じゃなくてもいいかと思ったから。

で『おふろの国』なんですが、ここは温泉じゃないけれとお風呂がたくさんあって楽しめると書いてあったので、豪華なスーパー銭湯を想像していたのですが、入ってみると意外と狭く、広い普通の銭湯といった感じでした。朝前を通った鷲の湯と同じぐらいの広さでしょうか。あと高濃度炭酸泉もスーパー銭湯にある全身に泡がビッシリつく強いタイプのものではなく、銭湯に多い泡がほとんどつかないタイプのものだったのと、2つのサウナがドライとミストではなく両方ともドライだったのがマイナスポイント。

まあそれでも隣の2つが1,000円超えなので、汗を流すだけの人にはここで十分な気はします。

おふろの国からは尻手駅が一番近いのですが、最初に2つ飛ばしてしまったので、「末吉神社」に寄って矢向駅に向かうことにします。末吉神社は名前の通り、下末吉台地の崖士にある神社で「上末吉杉山社」合祀されています。不自然に参道が曲がっているので、もしかしたらもう少し高い位置にあったものが崖をコンクリートで固めた時に今の場所に移されたのかも知れません。

最後に矢向駅のすぐ前にある「横浜家系ラーメン 龍源」というどこかのチェーン店じゃ無さそうな家系の店で家系のラーメンを食べました。ここの特長は炙りチャーシューを使っていることで、これが凄い工夫という程でもないのにスープの味まで香ばしくしてくれていて、普通の家系とは一味違ったラーメンになっています。結構美味しかったです。

生麦事件 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E9%BA%A6%E4%BA%8B%E4%BB%B6

ファンタジーサウナ&スパ おふろの国
http://ofuronokuni.co.jp/

登山中の画像
登山画像
横浜駅の「きた東口A」という行ったことのない…
登山画像
横浜中央卸売市場を横目で見ながら運河を渡る。
登山画像
漁村時代の名残りのような伏見大漁稲荷神社に到…
登山画像
雨なので近道しようとしたら2箇所も飛ばして東…
登山画像
急坂を登って台地の上の立町みはらし公園に到着…
登山画像
そのまま台地の縁を進むと浦島ヶ丘と呼ばれてい…
登山画像
浦島ヶ丘からの眺めです。
登山画像
一旦下に下りて、この前行った横浜が誇る巨大温…
登山画像
埼玉県の氷川神社の神奈川侵略拠点である横浜一…
登山画像
やや高台にあって、氷川神社系なのになぜか神明…
登山画像
そして子安台公園へ。工事中だった。
登山画像
この公園も眺めが良く、ベイブリッジの方に向か…
登山画像
子安公園から尾根続きだと思ったら、つながって…
登山画像
生麦駅に向かって急な階段を下る。
登山画像
生麦岸谷杉山神社の正式な入口まで降りてきた。
登山画像
生麦駅到着。
登山画像
コロナで各地の祭が中止になっている中、生麦事…
登山画像
殺風景な旧東海道を進むと…。
登山画像
民家の塀に突如、生麦事件の説明書きが現れる。
登山画像
その少し先きに道念稲荷神社がある。新田義貞の…
登山画像
道念稲荷神社です。
登山画像
道念稲荷神社には「蛇も蚊も」という疫病退散の…
登山画像
そこから少し鶴見川方面に向かうと、生麦漁協が…
登山画像
ここには小さな富士塚がある。石は大きいけど。
登山画像
そして鶴見川に出る。橋の向こうが河口です。
登山画像
ここには鶴見川河口干潟がある。白いのは砂では…
登山画像
元漁村らしい美しい路地を抜けて進む。
登山画像
再び東海道に戻ると、魚屋さんが軒を連ねる生麦…
登山画像
国道駅到着。
登山画像
ここは知る人ぞ知る廃墟のようなガード下商店街…
登山画像
小野弁財天神社に到着。武田滅亡後、甲斐から逃…
登山画像
そして大きな潮田神社に到着。
登山画像
ここは御嶽神社と杉山神社を合併した神社です。
登山画像
続いて日枝大神社へ。
登山画像
日枝大神社も立派な神社。
登山画像
裏に八王子社というのがあって。
登山画像
ここに杉山神社が合祀されている。
登山画像
鶴見市場駅を通過!
登山画像
駅のすぐ先にある横浜熊野神社へ。
登山画像
ここは横浜の熊野神社の総本山というわけではな…
登山画像
そして鶴見川の方へ戻るとまず、日帰り温泉のRAK…
登山画像
鶴見川の橋を渡る。
登山画像
すると対岸にはおふろの国がある。ここは温泉じ…
登山画像
さらに、おふろの国から小学校を挟んでさらにヨ…
登山画像
最初に2箇所飛ばしてしまったので、帰りに末吉…
登山画像
末吉神社の入口です。ここにも杉山神社が合祀さ…
登山画像
末吉神社です。参道が不自然に曲がっているので…
登山画像
矢向駅前にある龍源という横浜家系のラーメン屋…
登山画像
ここの家系ラーメンは炙りチャーシューが香ばし…
登山画像
矢向駅に到着。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

目黒駅は品川区さんの登山記録についてコメントする

目黒駅は品川区 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年11月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...