登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
青空に映える白の雲海と赤の安達太良山(沼尻コース) 安達太良山、船明神山、鉄山(東北)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2020年10月18日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:カーナビには「沼尻スキー場」をセット。沼尻スキー場脇からダートな道を数km進むと突き当りが駐車場。未舗装。50台程度。ダートは危険な個所はないが、ザレた個所もあり深夜だと不安になる。仮設トイレがあるとの情報があったが、発見できなかった。駐車場がいっぱいの際は、手前に路駐できるスペースも若干ある。緯度経度情報は(37.628914 140.245888)。

  • 天候

    晴れのち曇り

この登山記録の行程

沼尻登山口駐車場(05:41)・・・白糸の滝展望台(05:44)・・・湯の花採取場分岐(06:15)・・・障子ヶ岩(07:07)・・・船明神山(07:56)・・・牛の背分岐(08:11)・・・山頂下広場(08:26)・・・安達太良山頂(08:30)(休憩~08:55)・・・峰の辻(08:48)・・・矢筈の森(09:58)・・・鉄山(10:14)・・・鉄山避難小屋(10:30)・・・しゃくなげの塔(10:36)・・・胎内岩くぐり(11:04)・・・沼尻鉱山跡(11:52)(休憩~12:20)・・・駐車場(12:42)


総距離 約12.5km 累積標高差 上り:約1,157m
下り:約1,157m
週末の雨雲を避け、久しぶりに安達太良山へ逢いに深夜車を走らせる。
今回は田部井淳子へのオマージュとして、生前、彼女が愛したと言われる沼尻コースを歩く。沼尻には彼女が経営していたロッジがあり、経営者が変わった今も運営されている。
4時半に駐車場に到着。
沼尻スキー場から数kmほどダートが続くと聞いていたが、ザレた路面でタイヤが空転する箇所もあり、夜間、小さな車にはドキドものキだった。
日の出は5:50頃。分刻みで周囲が明るくなっていく。待ちきれず日の出少し前に出発。
駐車場の周囲には硫黄の強烈な刺激臭が漂っていた。いつもの山とは違う、それだけでテンションが上がる。
登山道は駐車場のすぐ脇にありとても分かりやすい。入口には、登山ポストと立派な慰霊碑が建っていた。よく整備された安達太良山においても山は山ということ。1997年に発生した遭難事故を受けて設置されたものらしい。
遊歩道のような綺麗な道が延びている。薄暗いが両側の樹木がほんのりと紅葉していた。
少し登ったところで「白糸の滝展望台」。一条の大きな滝が遠くに見えた。明るければ圧巻に違いない。日の出とともに周囲の山々が赤く染まり始めた。低い位置には雲海が張り出していて、目前には大きな山が浮かぶように聳えている。会津磐梯山だ。右手側には吾妻連峰も見える。名だたる山がとても近く興奮する。
展望台を過ぎるとようやく登山道らしくなり、くねくねと曲がりながら高度をあげていく。
尾根まで出ると今度は一直線の道へと変わる。とても歩きやすい。
白い丸いものが足元に見えた。アカモノかと思ったが、よく見たらシラタマノキだった。真ん丸で愛らしい形状をしている。8月がシーズンだと思っていたが、この季節でもまだ健在なんだとびっくりした。
見晴らしがよくなったところで振り返ってみる。先程の会津磐梯山がこれまた惚れ惚れするほどカッコよく聳えている。山頂右下に見えるピークは櫛ヶ峰だろうか。強風の中、登ったのを思い出す。
湯の花採取場分岐に到着。谷底に見える白濁した川と白と黄色に染まった岩肌周辺が湯の花採取場なのだろうか。風が強い硫黄臭を運んでくる。下山時のルートはそこを通るので、立ち寄るのが楽しみだ。
尾根を進むと、すり鉢状の山肌が見えてきた。白い壁で囲われていて、すり鉢の部分が一段と白く人工的に作った運動場のように真っ平になっている。沼ノ平(沼ノ平火口)だ。
近づくにつれ、火口の大きさが分かってくる。沼ノ平の外輪には、なだらかな稜線が続いていて、小さな小屋が建っているのが見える。小屋の少し右側に小さなピークがあり、その横でえぐれる様に稜線が切れ落ちている。そこが鉄山。以前、鉄山に登った時は、悪天候で何も見えなかったが、晴れていればこんなにも素敵な風景が望めたのか。一年中山に足を運び、それなりの山を経験しているが、こんなにも変化に富んだルートはそうはないと感じた。
障子ヶ岩と呼ばれる断崖絶壁ゾーンに入る。断崖すれすれに登山道が延びていて、スリル満点だ。崖の上から覗き込んでみると、遥か下に緑の大地が広がっていた。所々に大きな岩がゴロゴロしていて、まるで映画ジェラシックワールドのワンシーンのよう。今ここでドローンを飛ばせば、きっとNHKばりの最高の画が撮れるに違いない。
沼ノ平を左に見下ろすように横切っていく。あの世とこの世の境目のような異様な風景に目が離せない。よく見ると沼ノ平には、人が歩いたような跡や看板のようなものが見えた。そういえば、以前には沼ノ平を横切るようなルートがあったが、その近くで有毒ガスによる遭難事故が発生して以来通行止めになったと本で読んだことがある。
断崖絶壁を歩き終えると、小さな池が見えてきた。池塘や池の類を見ると、つい反射的に写真に撮ってしまう。
池を過ぎると大きな岩山が立ちはだかる。その岩山を右に巻きながら登ると、山頂までの眺望が一気にひらける。火口を囲むように船明神山、安達太良山、矢筈の森、鉄山と外輪山が全て見渡せる。「あの稜線を歩くんだ!」と想像するだけでワクワクしてくる。
後ろに聳える会津磐梯山も見晴らしに比例して一段とカッコ良さが増している。360度どこを見ても絶景だ。
岩稜地帯を抜け、ひらけた稜線に出た。ここ最近天候には恵まれなかったが、今日は最高の天気。安達太良山のシルエットの向こうには澄み渡った青空が広がっている。右手には、和尚山。麓の低い位置に雲海が張り出していてこちらも最高の絵になっている。シャッターが止まらない。
稜線をそのまま真っすぐに進み、船明神山に立ち寄ってから牛ノ背分岐を目指す。船明神山には正直何もないが、山と名がつけばとりあえず立ち寄らなければならない山屋のサガだ。
牛の背分岐まで来ると、行き交う登山者が増えてきた。
山頂に向かって歩いていると、「ひょこ、ひょこ」と独特な歩き方をしている男性が近づいてきた。すれ違いざまに「よっ、久しぶり!」と肩を叩く。まさか、こんなところで同郷の人間に出会うとは。相手も想定外だったようで、叩かれてもなお状況が呑み込めずきょとんとしていた。笑。
暫し会話を楽しんでから分かれる。
安達太良山へ到着。乳首山と呼ばれるだけあって、山頂はおっぱいのようになだらかで丸みを帯びた丘状になっており、その中央に乳首を模したように大きな岩の塊がある。山頂の標識は岩山の前にも設置されているが、正式には乳首に立って初めて登頂となる。
山頂からは見事な360の眺望が拝める。
雲海が遠くどこまでも広がっていて、二本松の街並みもすっぽりと覆われていた。紅葉で有名な仙女平方面は、シーズンを過ぎてしまったようで残念ながら彩はなかった。
それにしても空が高い。べたな引用をすると「智恵子は東京に空が無いという。ほんとの空が見たいといふ。・・・・・ 智恵子は遠くを見ながらいふ。阿多多羅山の山の上に毎日出ている青い空が智恵子のほんとうの空だといふ」とつい言いたくなってしまう。
乳首の麓で軽くエネルギー補給をしてから歩き出す。
歩いてきた道を戻るのもなんなので、少し遠回りをして矢筈の森へと向かう。
牛の背から鉄山へ。このエリアは、火口の風景が最も楽しめるエリアだと思う。地球の躍動によって生み出された奇跡のような地形。魅了してやまない。
稜線が壁にぶち当たる。その壁になった岩稜地帯を登っていくと鉄山。山頂は広く、崖の先端まで行くと、安達太良山から沼ノ平の外輪まで綺麗に一望できるのでおススメだ。
くろがね小屋も良く見えた。山の向きと日当たりの関係か、くろがね小屋の周辺にはまだ鮮やかな紅葉が残っていた。いつかくろがね小屋の温泉に入ってみたいものだ。
鉄山から鉄山避難小屋へ。風景が変わり、緑の中に緩やかに一本道が延びている。まるで北アルプスの奥地を歩いているかのうよう。
鉄山避難小屋は屋根も壁も真っ黒な建物だった。そこに不釣り合いなオレンジ色のドアがついている。最悪の視界でも見落とさないよう配色されたものだろう。
小屋はちょうど箕輪山への分岐点に建っており、箕輪山が一望できる。こちらも負けず劣らず魅力的な光景で、山頂に続く一本道を眺めていると、つい足を踏み入れたくなってしまう。ピストンするくらい訳はないが、楽しみは次回にも取っておくことにしよう。
鉄山避難小屋からはいよいよ下山開始。
登山開始からまさに絶景の連続。これでもか、これでもかと趣を変えていく景観に驚愕し、その度に「さすが田部井さんが愛したルートだ!」という表現を使いそうになったが、敢えて我慢していた。なぜなら、ここに来てさらに景観がダイナミックに変化する。地面を割ったようなむき出しの岩壁が麓の方まで続き、麓の先には緑の大地。その緑の大地に優雅に聳える会津磐梯山。早朝は雲海に隠れていたが、裏磐梯の秋元湖も見える。日本にもこんなにスケールの大きい力強い風景があったとは。沼尻コースの奥深さにただただ感服。
断崖に沿うように進むと、突然、登山道が左に折れて岩の間に吸い込まれていく。名所「胎内岩くぐり」。同様のものが各地にあるが、これはまた極端に穴が狭い。その上、大きな岩が覆いかぶさるようにできているので、通る際には押しつぶされそうな圧迫感と戦わなければならない。閉所恐怖症の人はかなりきついだろう。
ケイビングをやっていた者としては、当然ながらここは挑戦。ザックを降ろして足から岩穴へと滑り込む。途中で体を回転しながら向きを替えてすり抜ける。抜けると、四方岩に囲まれた小さな空間に出た。岩の隙間から遠くの景色が望めてこれもなかなかの一興。
胎内岩くぐりを過ぎると、つづら折りに斜面を伝い谷へと降りていく。ザレているため、転倒や落石には注意が必要だ。
谷底まで降ると、硫黄の刺激臭が鼻をつんざく。硫黄で黄色く染まった岩がゴロゴロしていて、異様な光景。勝手に名付けるならやはり定番の「地獄谷」がぴったりだ。
ここからは谷底に流れる川に沿いながら進んでいく。硫黄川という名前らしいが、温泉が流れ込んでいるのか、川底が白く水がコバルト色に見える。触れてみるとこの時点では冷たい水だった。
川底から右側の斜面へと移り、トラバースしながら進むと朝に見た湯の花採取場が見えてきた。小さな小屋が建っているところが沼尻鉱山跡。近づくと、立ち入り禁止の看板が立っていた。「中ノ沢温泉(株)所有地」とある。川の反対側には、太い配管が組まれていて「ゴーゴー」と音を立てながら温泉が勢いよく流れこんでいる。ここから中ノ沢温泉まで運搬しているのだろうか。
川に入って遊んでいる方が何人かいたので、近寄って川に手を入れてみると今度はちょうどよい適温。川全体が温泉になっていた。岩影では腰にタオルを巻いたおじさんやお尻丸出しのおじさんも川に浸かっている。女性の登山者もいるというのにものすごい度胸だ。しかし、その気持ちも分からんではない。恥も外聞もなく全身つかりたくなるほどの良質な温泉が目の前にある。これは温泉好きにはたまらない。一瞬悩んだが、はやり素っ裸になる勇気はなかったので、足湯だけで我慢する。しかし、登山の最中に温泉なんて、なんて素敵なコースだろうか。窮屈だった登山靴を脱ぎ、お湯でふやけるほど川の温泉を楽しむ。
湯の花採取場から朝のルートに戻ろうかとも思ったが、そのまま川沿い延びる温泉の配管に導かれながら進む。
高度を下げたせいか、周囲の紅葉がとても綺麗だった。朝の時点では薄暗かった白糸の滝も綺麗に見えていた。
周遊を終えて改めて思う。沼尻コースは、間違いなく記憶に残る充実したコースだった。

登山中の画像
登山画像
白糸の滝展望台。雲海が張り出しています。
登山画像
白糸の滝が薄暗く見えます。明るければ紅葉に包…
登山画像
一日が始まる、、、そんな感じ。
登山画像
吾妻連峰が見えます。
登山画像
まずはあそこに向かって登ります。
登山画像
湯の花採取場が見えてきました。
登山画像
晩秋っぽい。
登山画像
振り替えって。。。うぉーーーーかっこいい。会…
登山画像
吾妻連峰も。
登山画像
沼ノ平が見えてきました。
登山画像
ジェラシックパークのような空間。恐竜が歩いて…
登山画像
運動場のよう。
登山画像
火口のふちを歩きます。
登山画像
なんだかよく分からず池を見ると反射的に写真に…
登山画像
昨日は安達太良にも今年最初の雪が舞ったようで…
登山画像
いやーすげーっ。
登山画像
この稜線を歩いて行きます。先端が安達太良山。
登山画像
急になだらかな場所に。
登山画像
和尚山と雲海。
登山画像
角度を変えると沼ノ平もまた違って見えます。
登山画像
障子ヶ岩の方を振り返って。
登山画像
安達太良山のシルエット。
登山画像
山頂にはもう人がいっぱい。
登山画像
安達太良山へ続く道。
登山画像
雲海の中の標識。天空ロードです。
登山画像
安達太良山に到着。乳首に登ります。笑
登山画像
山頂から矢筈の森方面。
登山画像
いいね。
登山画像
順番待ちで写真を撮ります。
登山画像
うわぁあ、本当の空です。
登山画像
ちょっと寄り道。
登山画像
水が凍っていました。
登山画像
牛の背に戻ってきました。ここの風景好きなんで…
登山画像
くろがね小屋方面。紅葉しています。
登山画像
沼ノ平と会津磐梯山。
登山画像
なんとダイナミックな風景か。
登山画像
しゃくなげの塔。昔ここに飛行機が墜落したとか。
登山画像
安達太良山方面を振り返って。
登山画像
日本とは思えないスケールの風景。
登山画像
岩の間から覗き込みます。飛び乗った時、ぐらっ…
登山画像
眼下に広ろがる大地。
登山画像
胎内岩くぐりにやってきました。
登山画像
胎内岩くぐりを抜けて、岩の隙間から眺める風景…
登山画像
胎内岩くぐりを振り返って。
登山画像
紅葉が綺麗です。
登山画像
谷に降りてきました。名付けて地獄谷。ってべた…
登山画像
ザレた道を行きます。
登山画像
有毒ガスで亡くなった死亡事故はこの先。痛まし…
登山画像
湯の花採取場。誰か足湯していました。どこから…
登山画像
ここはもう川の中の温泉。極楽です。おっちゃん…
登山画像
熱いお湯がものすごい勢いで配管の中を流れてい…
登山画像
高度を下げると紅葉が見ごろになってきました。
登山画像
麓まで運ばれる温泉。
登山画像
振り替えって白糸の滝。
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    いくつ山に登ったのですか?と聞きたくなるくらいの景色の変化ですね。

  • Yamakaeru さん
    少し古いですが、「ぜっけーの宝箱やぁー」です。

  • さん
    川の温泉いいですね。僕なら行きますね。もちろんタオルは使いません。

  • Yamakaeru さん
    そうも思ったのですが、さすがにギャラリーが多すぎました。

  • レオ さん
    いやぁ〜どの写真も絶景ですね。いつか絶対に登りたいです。早く退職せねば…。

  • Yamakaeru さん
    そうですよ、レオさん。キスミレさんには負けてられないですよ。いつでもお待ちしてますよ。^_^

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年12月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!