登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
暖かかった湯の丸山/LEVEL25 湯の丸山(上信越)
img

記録したユーザー

とっち さん
  • 日程

    2020年11月14日(土)

  • パーティ

    2人 (とっち さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:奈良原温泉に前泊して地蔵峠駐車場に停めた。

  • 天候

    晴れ。山頂以外は無風。暖かい。

この登山記録の行程

地蔵峠(07:00)・・・鞍部(08:00)・・・烏帽子岳(08:34)・・・鞍部(09:21)・・・湯ノ丸山南峰(10:00)・・・湯ノ丸山北峰(10:13)[休憩 20分]・・・角間峠(11:14)・・・つつじ平分岐(11:30)・・・コンコン平(11:46)・・・鐘分岐(12:25)・・・地蔵峠(12:43)

総距離 約12.6km 累積標高差 上り:約958m
下り:約958m
コースタイム 標準:6時間
自己:5時間23分
コースタイム倍率 0.90
大屋駅北口で待ち合わせするがそもそも北口がなく付近をうろうろしていたらばったり鉢合わせする。15時には奈良原に来てしまったので通り過ぎて地蔵峠を下見してまた奈良原に引き返す。旅館はだいぶ古めかしく玄関をくぐると女将が出迎えてくれ部屋に通される。一日一組にしているので貸し切りらしい。一番奥のへやは不思議な部屋で南向きの和室とフローリングの洋室があってツインのベッドがあるデッドスペースばかりだけどやたらに広い。例のごとく早々に風呂に行くが男風呂を貸し切りで使ってくれといわれていた。メタケイ酸の鉱泉ということで褐色がかっている。鉱泉の常でだいぶぬるい。だから鉱泉っていやなのよ夜9時までとかいうしと。ボイラー炊いてるからしょうがないよね。風呂から上がってコタツに入って美ヶ原の時に買った井筒ワインを飲んでだらだらして夕食時間に食堂に降りる。がらんとした食堂で1組だけの夕食をとる。部屋に戻って風呂に入ると女風呂には宿の家族が入っている風情でさすがに今度のお湯は暖かくしている。風呂のあとはテレビでファンタビを見てから寝た。
翌朝は5時半ころ起きて6時には宿をでるが宿のひとは誰も起きてこない。早くでるからそのほうが気楽でいいね。地蔵峠に車をとめ身支度していたら7時近くになってしまい慌てて出発する。朝は冷え込んでいるのでメリノフリースソフトシェルのいでたち。笹原にシラカバがまばらに生えている緩い傾斜を登る。ところどころが凍結していて登山靴のグリップが効いていない。こういうときにアイゼンを使うのだろうか。途中南斜面の眺望が開けるとすばらしい雲海が広がっている。風がないので雲海は見事にフラットで山の途中に発泡スチロールを敷いたように見える。年配の男性カップルを追い越してしばらくで鞍部につく。この辺りから風が強くだいぶ前に脱いだソフトシェルをまた着込む。ソロの男性とすれ違うご来光が済んでの帰りだろうか。その先小烏帽子岳につくヤマップでは偽烏帽子になってるな。その先わずかで烏帽子岳に着くがさすがに山頂は風が強くて寒いのでゆっくりせず先に進み小烏帽子、鞍部と戻り鞍部で湯ノ丸山に分岐する。この辺りで最初追い越した男性カップルや数人の登山者とすれ違う。シベリアンハスキーを連れたのもいたな。ちょっと急な傾斜を登りきると湯ノ丸山につくヤマップでは南峰になっている。子連れの夫婦がいるので烏帽子を登らずに湯ノ丸山に来たのだろう。ここも強風で休憩もできないので先の北峰に移動する。北峰は大きな岩がいくつもあり岩陰で風をしのげるので腰を下ろして栄養補給する。湯ノ丸山を振り返ると数人の登山者がいるがこちらに来る気配はない。なにかのマップには角間峠方面は整備されていないってなっていた。休憩を終えて角間峠へ下る。笹藪の中の霜柱が半分溶けかかった下りの細い道を延々と降りると角間峠に着くのでつつじ平に向かう。なだらかな斜面に一面の笹とまばらなシラカバでとてもきれい。山影になっているのでほぼ無風で日に照らされてポカポカと陽だまりをあるいているよう。つつじ平の分岐でコンコン平に向かう。なにかでレンゲツツジの群落が天然記念物に指定されていると書いてあったな。
この辺りから登山道の雰囲気が変わる。荒れた感じがある。登山道もあまり踏まれている感がなくフカフカした斜面に水が流れた深い溝があちこちにある。どこかに木のゲートがあって動物が入れないようにしてある。地面にはどんぶりいっぱいくらいの巨大なウンコらしきものが無数に落ちていて熊だろうとか話しながらあるく。そのうち牛のウンコだろうということになったが牛はどこにいるんだろう。牧場でもないよな。この辺りにはなにか不思議な感じがあって陽光に照らされてはいるければなにか淀んだ雰囲気がある。コンコン平の手前でどこか木の根元だったろうか花束が添えられてある。菊か何かの黄色い花が見える。花束を包んでいるのが透明なプラスチックのシートなのが見えたからプラスチックはまずいよねって言っても返事が返らない。いつも霊感が強くていろんなものがみえるのっていっててこの時は首をつってるのが見えたのよとか。
まあ霊感なんてゼロのぼくでも雰囲気が悪いのを感じたからなんかあったのかもね。それにしても湯ノ丸山の南峰からはだれとも会わなかったな。みんな地蔵峠とピストンして帰るのかな。距離短すぎてつまらないだろうに。
また動物除けのゲートを過ぎて開けたところにでるので、そこを分岐して斜面を登るルートを取る。この辺りからつつじの群落なのだろう腰の高さの枯れた枝がいっぱいあってこれが全部つつじなのかな。斜面を登り切ったところで湯ノ丸山へのルートに突き当たって鐘があるのでそれを鳴らして地蔵峠に向かうとゲレンデの上部にでる。ゲレンデを淡々と降りていくのもつまらないもんだよね。登山靴のつま先が当たっていたくなるのでスキーのように半身に構えておりる。このゲレンデには鹿の糞がいっぱい落ちていて踏まないように歩くのが大変。ゲレンデを降りきったところが駐車場なので車に戻り装備を解くと日帰り温泉ののぼりが立っているのでちょうどいい。車を移動して湯ノ丸高原ホテルに入りフロントに聞くと温泉は露天風呂だけで内湯は沸かし湯で今日は露天は入れないけどそれでもいいかって仕方ないよね。こんなに汗をかいたのは久しぶり本当に暖かかったしこんなに登山着を着たり脱いだりしたのも初めて。風が吹けば寒いし陽だまりに入れば暑いし。早く汗を流したい。
風呂をでてそばを食べようと小諸に向かう。そば七いってみようとそば七の駐車場に車を停めて店の前にいくと本日品切れって。そば七はもうこれで3回くらいけられてるよな。この間行って美味しかった刻に行くとまだ営業中なので車を停めてはいる。ここは天ぷらがないので残念だけどザルと合い盛りの大盛で大満足する。
駅前の寿徳でお茶する前にリンゴを買おうということで中松井農園でリンゴを買って隣にカフェがあったから寿徳を変更してでアップルパイとタルトでお茶して小林農園直売所で野菜を買って帰った。
だいぶ時間が過ぎたので、また高速の渋滞に巻き込まれた。
よくもまあ毎週毎週高速道路で事故があるよな。

参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

とっち さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...