登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 3
景信山~晩秋の奥高尾縦走!すっきりとした青空に白い雲が奇麗でした。 景信山・小仏城山・高尾山(関東)
img

記録したユーザー

ラヴィ08 さん
  • 日程

    2020年11月28日(土)

  • パーティ

    2人 (ラヴィ08 さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:高尾山口駐車場に5:45着。約半分駐車していた、少し明るくなってから出発。

  • 天候

    晴れ

この登山記録の行程

高尾山口駅(06:20)・・・琵琶滝(06:40)・・・4号路・いろはの森コース出合(07:10)・・・高尾山(07:45)[休憩 20分]・・・大垂水峠分岐(08:28)[休憩 10分]・・・城山(小仏城山)(09:17)・・・小仏峠(09:36)[休憩 1分]・・・景信山(10:09)[休憩 80分]・・・小仏峠(12:04)・・・城山(小仏城山)(12:25)[休憩 30分]・・・大垂水峠分岐(13:15)[休憩 10分]・・・稲荷山(14:52)・・・高尾山口駅(15:30)

総距離 約16.4km 累積標高差 上り:約1,473m
下り:約1,473m
コースタイム 標準:6時間44分
自己:6時間39分
コースタイム倍率 0.99
高尾山口~高尾山~小仏城山~景信山。総距離16.4km、登り1,473m、下り1,473m。登山時間6時間44分。この縦走路を往復するとこれがなかなか馬鹿にできない。
16.4㎞と言えば、たとえばヤビツ峠~塔ノ岳14.8㎞、稲村岩→鷹ノ巣山→奥多摩駅15km。八ヶ岳の赤岳を美濃戸口から北沢→地蔵尾根→赤岳→文三郎尾根→南沢→美濃戸口と歩くと18.6㎞。と他の有名な山々と比較しても距離がある。そして注目は高低差。1473mの高低差があります。こんな低い山なのに、この奥高尾への縦走路は実はアップダウンが激しい。距離も長くアップダウンがこんなにあると、北アルプスの縦走路にも引けを取らない。標高がただただ低いだけです。
例えば八ヶ岳の南にある権現岳2715m。観音平から頂上を往復すると・・・10.3㎞、高低差1260mです。あの険しい岩稜帯を通過する権現岳よりも実はハードになってしまう(笑)
山のグレーティングという体力度と難易度でその山の難度を同じ尺度で測る方法が一般化されつつある。初心者向けや上級者向けでは、個人の感想も入ってしまうので、ほんとのことろはわからない。でも山のグレーティングは、距離と登り・下り、歩いた時間さえわかれば、どんな山でも計算で体力度が求められる。景信山を高尾山口から往復すると、体力度は「31」と計算されます。
この数字他にどんな山があるのでしょう??
先ほどの鷹ノ巣山、権現岳、や他にも金峰山荘から富士見小屋を経て登る金峰山の往復、日向大谷からの往復の両神山も31です。
景信山・・すごいですよね。そうそうたる山と実は肩を並べることになります。本当に標高がただただ低いだけで、すごい縦走路なんです。この往復を楽に歩けるようになると、北アルプス・八ヶ岳などで稜線を歩く際、アップダウンのある稜線歩きが楽になります。とは言え奥高尾は岩もあるにはありますがほぼ土の道、北アルプスの縦走路は岩稜帯ですから、岩場歩きを八ヶ岳で練習は必要ですね・・。縦走路を歩く基本が凝縮されている登山道ですね。
そして、低いのに、その景色は本当に絶景。景信山まで歩いてくると高尾山~小仏城山、そして景信山とその縦走路が一望出来て、北アルプスの縦走路の絶景のようです。いい山です。

登山中の画像
  • 高尾山。清滝駅、ここからケーブルカーが出発する。今日はこの横を通りますは6号路へ。
  • 6号路を進むと琵琶滝に着く。そこから岩場の急登が始まる。人が少ないので高尾山の中では穴場の登山道。
  • 岩場から丸太の階段の登山道になる。
  • 途中、秋も終わりの紅葉!奇麗です。
  • 霞台から少し朝もやでかすんだ山々。手前の紅葉も奇麗で絶景でした。早起きした甲斐があります。
  • 次は4号路を進みました。有名な吊り橋です。
  • 落葉が吊り橋に落ち、晩秋の雰囲気がします。
  • 4号路は高尾山の北側をトラバースする登山道。木々の合間からこれから向かう景信山が光ってます。
  • いよいよ高尾山山頂です!青空が気持ちいいです。富士山に期待が膨らみます。
  • 高尾山599mの頂上
  • そして、お待ちかねの展望台。富士山にはうっすら雪がかぶっています。もう富士山は冬です。
  • 富士山にズームアップ!
  • もみじ台。ここから見る富士山と丹沢山系は見事です。
  • 富士山にズームアップ!高尾山の頂上から見るのと同じ景色なんです。こちらの方が人も少なく落ち着いて景色を見れます。
  • 奥高尾の尾根をさらに奥へ縦走。途中に鉄塔が立っています。小仏城山に行く位置を確認することができます。
  • 一丁平展望台。
  • 富士山は、ちょっと雲に入ってしまった・・・
  • 城山へ向かう途中、高尾山とススキのコラボです。とっても奇麗でした。絶景です。
  • 小仏城山の頂上。景信山へ急ぎます。
  • 小仏峠。さあ、ここからが本番。急登が始まります。
  • 杉林の中を木漏れ日を浴びながら歩きます。
  • 景信山山頂!
  • 残念ながら富士山は恥ずかし屋さんで、雲にちょっと隠れてました。
  • 景信山からの絶景① 高尾山と小仏城山。 遠く江ノ島まで見れました。青空と白い雲がとっても奇麗でした。
  • 景信山からの絶景② 小仏城山と丹沢山系 遠くに広がる大山~丹沢の稜線。
  • 景信山からの絶景③ 丹沢山系と富士山、そして相模湖 南面の茶屋のベンチからみるこの景色は絶景です。
  • 晩秋といえどもまだ奇麗な赤い紅葉が残っています。高尾山の紅葉はやっぱり奇麗です。
  • 稲荷山の眺望。スカイツリーもばっちり!
  • 無事、清滝駅に戻って来ました。よい山行でした。
この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、マット(個人用)
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ラヴィ08さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ラヴィ08 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2021年1月20日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...