登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 5
八王子城跡から北高尾山稜縦走 陣馬高原下へ 北高尾山稜 堂所山(関東)
img

記録したユーザー

ムラチャン さん
  • 日程

    2020年11月28日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:高尾駅北口から八王子城跡行バス利用。運行は土休日のみ。平日は霊園前・八王子城跡入口から徒歩。帰りは陣馬高原下から高尾駅北口行バス

  • 天候

    晴れ。午後から雲が増える

この登山記録の行程

八王子城跡バス停(07:35)・・・八王子城大手門跡(07:40)・・・御主殿跡(07:45)・・・管理棟(07:55)・・・八王子神社(08:25)・・・本丸跡(08:30)・・・八王子城跡展望台(松本曲輪)(08:25) [休憩 10分]・・・詰城跡(天守閣跡)(09:05)・・・富士見台(09:25) [休憩 10分]・・・杉沢ノ頭(09:25)・・・高ドッケ(09:55)・・・板当峠(10:20)・・・狐塚峠(10:30)・・・杉ノ丸(10:55)・・・黒ドッケ(11:05) [休憩 10分]・・・関場峠(12:05)・・・堂所山(12:40)[休憩 20分]・・・底沢峠(13:15)・・・林道出会(13:40)・・・陣馬高原下バス停(14:00)


総距離 約13.0km 累積標高差 上り:約1,262m
下り:約1,164m
 北条氏照が築き、豊臣秀吉軍に攻められて1日で落城、北条氏滅亡の決め手となった八王子城。国の史跡に指定されているこの八王子城跡から堂所山へと続く北高尾山稜を縦走した。登山者いっぱいの奥高尾縦走路と違って歩く人は少ない。数組のパーティーとトレラングループに行き会っただけの静かな晩秋の山歩きを楽しんだ。
 まず八王子城跡を回ることとした。管理棟前の階段を下り、城主の居館だった御主殿跡を目指す。早朝とあって誰もいない。大手門跡を通り、曳橋を渡ると立派な石垣、城の虎口だそうである。石の階段を登ったところが御主殿跡、今も発掘が続いている様子。バス停の近くにはガイダンス施設もあるのでゆっくりと見学したいものである。
 御主殿の滝で折り返し、管理棟脇から八王子神社の鳥居をくぐって登り始める。尾根をひな壇上に削ったいくつかの曲輪を過ぎ、旧道と合わさると東側が大きく開けたところに出る。朝もやがたなびく上に東京のビル群、そしてスカイツリーも眺められ、遠く筑波山が姿を現していた。
 八王子の地名のもととなった8人の王子を祀った八王子神社の脇を登ると八王子城の本丸跡、石碑と小さな祠が立っている。大小の石碑が立つ松本曲輪はベンチもある展望台となっている。晴れていれば相模湾まで見えると案内板にあったが無理だった。
 詰城方面への道標にしたがって富士見台を目指し一度下って行く。詰城には天守閣跡の石碑があるが、諸説あるようである。高尾駅に向かう荒井バス停方面への富士見台分岐を少し左に行ったところが富士見台。本コースで唯一富士山が見えるところで、小仏峠と小仏城山の間にくっきりと富士の姿を望むことが出来た
 富士見台からいよいよ本格的な北高尾山稜縦走である。杉沢の頭、高ドッケ、板当山など小ピークを越えて行く。板当峠では右側から未舗装の林道が上がってきている。狐坂峠では左に小下沢林道への分岐がある。縦走路はさらに杉ノ丸、そして夕やけ小やけふれあいの里からの登山道に合わさる黒ドッケに至る。
 北高尾山稜はこの黒ドッケで約半分、尾根道はさらに大嵐山、三本松山を越え、小下沢林道につながる関場峠(小下沢林道は通行止めとの案内あり)に至る。登山道は整備されていて迷うところはないが杉の植林帯や雑木林の中の道が続き、時々右手の梢越しに大岳山などが望めるだけ。次々と大小のアップダウンを越えて行くのでなかなか手強い。登山者が少ないのももっともであると実感させられた。関場峠から最後の登り、標高差約180mで堂所山に着く。
 奥高尾縦走路の堂所山にはさすがにたくさんの登山者が来ていた。あとは縦走路に出て底沢峠を右にとり林道に出ると車道歩きで陣馬高原下のバス停に着く。陣馬高原下からのバスは増発便が出ていた。

登山中の画像
  • 八王子城跡バス停
  • 八王子城跡入口
  • 大手門跡に至る橋
  • 御主殿跡に至るりっぱな石垣
  • 城主の居館、御主殿跡
  • 管理棟。トイレあり
  • 八王子神社鳥居。ここから山道
  • 朝もやの中に東京のビル群
  • スカイツリーも
  • 西武ドームの上に筑波山が
  • 八王子神社
  • 本丸跡
  • 松本曲輪の展望台
  • 展望台からの眺め
  • 遠くビル群が
  • 詰城跡。天守閣跡との石碑あり
  • 富士見台分岐
  • 富士見台
  • 富士見台からの富士
  • 板当峠。林道が登ってきている
  • 狐塚峠。小下沢林道への道あり
  • 杉の植林帯の中を行く
  • 杉ノ丸
  • 黒ドッケ。夕やけ小やけふれあいの里への道あり
  • 落ち葉を踏んでゆく
  • 関場峠。ここから小下沢林道へは通行止めの看板あり
  • 堂所山への最後の登り
  • 堂所山
  • 堂所山にはたくさんの登山者
  • 奥高尾縦走路
  • 底沢峠。右に下る
  • 林道出会い
  • 陣馬高原下
  • 陣馬高原下バス停
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ムラチャンさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ムラチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月26日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会
【山の麓に住む】北アルプス山麓 移住者座談会 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...