登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
本仁田山 2.12.13 本仁田山、瘤高山(関東)
img

記録したユーザー

サンシマ さん
  • 日程

    2020年12月13日(日)

  • 利用した登山口

    奥多摩駅   鳩ノ巣駅  

  • パーティ

    2人 (サンシマ さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:奥多摩駅 コインパーキング ¥1320(土日)

  • 天候

    晴れ気温:5~12℃

この登山記録の行程

奥多摩駅(07:29)・・・安寺沢(08:04)[休憩 5分]・・・本仁田山(09:40)[休憩 50分]・・・コブタカ山(10:49)[休憩 4分]・・・大根ノ山ノ神(11:38)[休憩 5分]・・・観光トイレ(12:15)[休憩 12分 ]・・・鳩ノ巣駅(12:27)・・・双竜の滝・コーヒー木古里[休憩 40分]・・・13:18鳩ノ巣駅発---奥多摩駅

歩行時間:約3時間40分
行動時間:約5時間
コース定数:21

総距離 約8.0km 累積標高差 上り:約1,118m
下り:約1,145m
コースタイム 標準:4時間10分
自己:3時間54分
コースタイム倍率 0.94
家から見える本仁田山を歩きました。奥多摩駅から登山口への道路歩きは、準備運動に丁度良い感じです。いよいよそこから山道に入ると、いきなり「奥多摩の三大急登」とも言われる登りが待っていました。

本仁田山へは、バスを使わずに奥多摩駅の駐車場から歩けるので、時間を気にせず気楽です。ちなみに、7時30分頃着の電車からは、大勢の登山者がバスに乗り込んでいました。東日原方面行のバスは、長蛇の列になっていました。

駅から本仁田山方面へ歩くのは我々二人のみ。安寺沢の登山口までは、車道と林道を歩き。登山口から民家脇へ上がると分岐に出て、すぐに乳房観音と大イチョウがありました。

乳房観音から元の道へ戻ると急登の始まりです。急傾斜のつづら折りの道です。直登ではないので心配したほどきつくはなく、グングン高度が上がって楽しくなり、ついペースが上がりがちになりました。

大休場尾根の樹林帯の中をつづらに登り、1000mを越えると枝越しに山々が綺麗に見えました。途中、その展望と写真につい夢中になり、尾根道から外れて歩く失敗もしました。

本仁田山からの展望は、急登が緩む頂上手前で、東から西に枝越しに開けていて富士山も望めました。また斜面が緩む場所では東側に展望が開けて、棒ノ折山や高水三山が望めました。
狭い頂上広場からは、富士山方向に展望があって楽しめました。

登山中にすれ違った人は10人くらい。鳩ノ巣から登る人や川苔山へ行く人も多く様々でした。奥多摩駅へ下る逆コースは、急下降となるのでやはり今回のコースが無難と思いました。

駅から気楽に歩け、危ない個所も無く、長めの急登歩きと展望が楽しめる本仁田山は、いい山と思いました。




登山中の画像
  • 奥多摩駅前のバス停は、長蛇の列。 こちら二人のみ、北氷川橋を渡ります。
  • 車道から林道へ右折。小さな道標は見落としそうです。
  • 安寺沢の本仁田山登山口に到着。民家の脇を上がります。
  • すぐ分岐で、乳房観音へ寄ります。(50m先)
  • 乳房観音の周は、イチョウの落葉でフカフカに包まれていました。
  • 登山道に戻って、急登が始まりました。直登ではないので楽しめる登りです。
  • 登りが続いて、寒がりの連れも、このあと薄着になりました。
  • 大休場に出て、日が射し込みます。急坂も緩み一息です。
  • さらに樹林帯の中を登ります。
  • 枝越しの山が綺麗で展望を楽しみながら歩いていたら少しルートミスです。戻る急斜面の登りがキツイです。
  • 落葉後の樹林もいい感じです。
  • 朝日を受けながら気持ちよく歩きます。
  • 急登も終わりです。
  • 鋸山と大岳山が見えました。
  • そして右手に富士山が見えました。 奥多摩の山々に登って初めて見た富士山です。感激です。
  • ズームで。
  • 山頂はすぐですが、展望を楽しみます。
  • 東方向の展望
  • 高水三山の二座
  • 狭い山頂、先客は二人。
  • 山頂の小さな道標
  • 三角点
  • 山頂手前で休憩です。
  • 棒ノ嶺と黒山
  • 青梅市街方向
  • 岩茸石山のアップ。 その先の入間市街は、モヤではっきり見えません。
  • 下山
  • 振り返っての本仁田山
  • 瘤高山へ。
  • 瘤高山
  • 展望はあまり開けてません。
  • 惣岳山
  • 鋸山と御前山
  • 振り返っての瘤高山
  • 鞍部の道標
  • ここを直進してしまいそうですが、右方向へ下ります。
  • 殿上山
  • 尾根道を下りました。
  • 石仏
  • 大根ノ山ノ神
  • 下りて来た細い尾根を振り返ります。 尾根の右斜面は、川苔山からの下山道(トラバース道)ですが、道があるように感じません
  • 根の道を下ります。
  • 観光トイレ方向へ下ります。
  • 鳩ノ巣が見えてきました。
  • 観光トイレへ右折
  • 綺麗なトイレがあります。水でパンツと靴を拭いてサッパリしました。
  • モミジの紅葉が眩しい。
  • 鳩ノ巣駅に寄って電車時刻の確認。
  • さらに下って・・・。
  • 渓谷へ。
  • ここのモミジが一番最後とか。(木古里マスターの話)
  • 色鮮やかです。
  • 双竜の滝
  • 道路の下にこんな滝があったのですね。
  • 昼ですがコーヒータイムです。
  • 窓際に餌棚、小鳥が来るそうです。
  • たっぷりのコーヒーです。 マスター曰く、登山客の来店時間は、本仁田山は二時、川苔山は三時だそうです。
  • 鳩ノ巣駅、グループが体操をしています。どこへ?
  • 奥多摩駅へ戻りました。
  • 駐車場は、八割方埋まってます。
  • 帰宅後、本仁田山を眺めます。
  • 奥:鷹ノ巣山、 中:本仁田山、 前:高水山と岩茸石山
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

サンシマさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

サンシマ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2021年3月5日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。