登山記録詳細

雪山登山
参考になった 3
大山夏道撤退登山 大山(中国・四国)
img

記録したユーザー

いずみやま さん
  • 日程

    2020年12月22日(火)

  • パーティ

    3人 (いずみやま さん 、 師匠 さん 、 Ⅿさん さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:米子道で溝口ICから大山寺南光河原駐車場

  • 天候

    ☁-2℃ 上部はガス&強風

この登山記録の行程

南光河原Ⓟ9:26→10:30 5合目10:35→6合避難小屋10:54→8合11:45→12:15 6合避難小屋12:50→行者分岐13:05→元谷13:35→大神山神社14:05→南光河原ⓟ14:25⇒津山16:30

↑1,085m↓1,021m 6.9km 5:04分 11,153歩
朝7時半、ちょっとゆっくり目に出発。久世から米子道で溝口ICへ、山麓道路で正面道から大山寺へ向かいます。南光河原ⓟは除雪してなくて、ぼこぼこのスペースに苦労して駐車します。

支度をして、昨日も7合まで往復されたという地元の方とスタートです。のっけから1m以上の積雪があり、本格的雪山の様相。地蔵堂の上で、早々と下ってこられる方がいる。

我々と先導の地元の方そして後続と、ルート開拓は心配ない。4合過ぎの急騰を登っているとき、バキンドドド―と轟音と伴に枝の雪が落下した。雪の重みに耐えかね枝が折れたようだ。下にいたら無事ではすまない。

5合目で、下山されてきた御仁に上の状況を聞くと、6合上は強風とガスが激しく、8合で折り返されたようだ。何人も登って行く人がいたそうで、頂上まで開拓出来ている可能性はある。期待しながら6合避難小屋を目指します。

5合を出発してすぐに、行者分れを過ぎる頃から雪質が変わり足もとが崩れ始めた。
高度が上がり、水分の少ないアスピリンスノーに近づいたのだ。

6合到着は、10時50分過ぎ。一休み、ここでアイゼン装着。昨日7合まで登られた御仁もアイゼンを準備されている。下山されてこられた方々も8合で折り返されていた。
8合は稜線直下1,580m付近。その上は山頂まで吹き曝しの山頂台地が500mほど続く。

我々も行けるところまでと云うことで8合を目指すことにする。尾根に上がると様相が一変した。強風にさらされ、地吹雪が始まり、急登と合わせて厳しい登山道になった。
メガネは曇るし、頬は寒さでしびれ、鼻水も凍る。風速1mで体感温度は1度下がるというから、氷点下十数度だ。7合付近の雪庇の陰でアウトシェルを羽織る。

耐風姿勢をとりながら、さらに上って行くと上から数人パーティーが下ってこられた。
その上でも2人パーティさんが下ってこられ、無理しないでと言葉をいただいた。

その後もさらに上を目指すが、登山道も風に埋もれ時々ロストしそう、10m先の仲間を追うのも儘ならない。あたりはガスでホワイトアウト、山SKIなら雪面が見えない状態だ。

やっと8合へ着きましたが、吹雪はさらに強く尾根を吹き上げてきます。風の合間に若干明暗の違う頂上台地が見えているような気がしますが、良く判りません。

3人交代で今日最高点の画像を撮り、速やかに下りに向かいます。しばらく下るとルート標示のブルーポールを持った2人組が登ってこられた。山頂小屋ルートに設置されるのだろう。ご苦労さんですと言葉を交わすが、風で聞こえない。

6合まで降りて一安心。ここは風裏になって、ガスで視界がないことを除けば別世界だ。
12時過ぎ、ここでお昼にする。

昼休憩後、下山は行者道を下り、元谷へ降ります。途中で、知る人ぞ知るショートカット、ふかふか深雪を堪能します。元谷に降りると、ガスの下。北壁から見上げると、山頂稜線はガスに覆われている。元谷小屋の下にテントが1張り立っていた。

治山林道へ合流し下宝珠越え分岐から大神山神社へ下りました。神社境内の積雪は130㎝はありそうです。いつもは滑る石畳を下るのですが、今日は雪の通路をアイゼン装着で下ります。

大山寺へ下山し、14:25分無事駐車地へ帰着しました。
同行くださったお2人、 (人’’▽`)ありがとう☆山でした…

登山中の画像
  • 両側雪の壁 登山口へ向かう
  • 夏道を登る
  • 5合目の眺望
  • アイゼンつけて6合出発
  • エビのしっぽが大きく育っている
  • 8合目Mさん登頂
  • 今日はここまで 8合目で引き返す
  • エビのしっぽを後に下る
  • 6合上部で一瞬下界が見えた
  • 樹氷を潜って下山
  • 行者ルートを下る
  • 樹氷を堪能
  • 元谷まで下山
  • 宝珠尾根
  • 元谷 稜線はガスに覆われる
  • 治山林道へ合流
  • 大神山神社へ下山
  • 駐車地へ無事下山
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

いずみやまさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    4合目からの灌木は雪の下へ。本日は気温高めで雪は緩み、次の降雪まではトレース残りそう
    21年01月14日(木)

いずみやま さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...