登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
赤城山(黒檜山・駒ケ岳・地蔵岳 プチ縦走) 赤城山(黒檜山・駒ケ岳・地蔵岳)(関東)
img

記録したユーザー

黒スコット さん
  • 日程

    2020年12月29日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:大洞駐車場に駐車(無料)

  • 天候

    晴天(ほぼ無風)

この登山記録の行程

大洞(06:47)・・・黒檜山登山口(07:03)・・・猫岩(07:20)・・・黒檜山(08:14)・・・天空の広場(08:18)[休憩 15分]・・・黒檜山(08:37)・・・花見ヶ原分岐(08:42)[休憩 5分]・・・駒ケ岳(09:21)・・・下降地点(09:39)・・・鳥居峠(10:16)・・・小沼平分岐(10:38)・・・小沼平(10:43)・・・地蔵岳(11:22)[休憩 20分]・・・赤城大洞(12:34)・・・赤城公園ビジターセンター(12:38)・・・大洞(12:42)

総距離 約9.2km 累積標高差 上り:約922m
下り:約922m
コースタイム 標準:6時間16分
自己:5時間15分
コースタイム倍率 0.84
トイレは駐車場に併設(24H利用可能)

年越し寒波前の晴天だったため、赤城南面道路に着雪は皆無。
四駆に入れずにFRのまま湖畔へ到着。

氷結しつつある大沼を横目に黒檜山登山口へ向かう。
登山口にてチェーンスパイクを装着。
(積雪が少なめ&岩ミックス状態だった為。)

前回(同じルートをほぼ丸一年前に登坂)は、なかば「ラッセル」だったがw 今回は締まった着雪路面を登坂。
猫岩~黒檜山間は、場所によっては土(岩)が露出するほど着雪は少なかった。

折からの晴天に恵まれ絶景スポットでは文字通り「絶景」を堪能♪

黒檜→駒ヶ岳の下りは「半凍結の木製急階段」を気を付けつつ下る。
ここの下りは南斜面なので、早朝は凍結している。(気温の高い日中は溶けてドロドロか?)

大タルミ付近も積雪は少なめ。
日当たりのいい場所は土が見えていた。
逆に北斜面の登坂時には雪が多めで、サクサクと気持ちのいい登坂ができた。

駒ヶ岳から市街地の眺望も気温が高いので、全体的にうっすら霧が巻いている感じ。
(春霞的なイメージ)
駒ヶ岳→下降点は融雪が進んでおり、黒土成分が多め。。
(凍結していたのでさほど汚れなかったが、気温の高い正午前後はドロドロだと思われる。。)

「下降点」にて鳥居峠方面にはっきりとしたトレースがあったので大嫌いな「鉄製階段」を避け、今回は初めて真っすぐ鳥居峠方面へ進んでみた。
結構荒れ気味の急降下(笹地帯)をこなし(踏み固められた残雪が残っておりトレースがわかりやすい)つつ進む。
場所によっては残雪も溶けており(南斜面のため)黒土が露出していた。
(夏季は樹木が鬱蒼としていて迷いそうなので、利用するなら見通しの効く冬季がおすすめ。(&「下りのみ」を推奨))

シングルトレイル+急降下+荒れた路面を落ち着いて進めれば、長七郎山方面へ縦走するには近道である。
(一般的には「下降点」を右折して下り、大洞方面に降りるのが無難)
鳥居峠に近づくと「大岩地帯」を通過する。
残雪が少ないと「踏み抜き」の可能性も高いので、気を付けつつ通過。

と。
ん!?見慣れた風景の「鳥居峠」にあっけなく到着。w
駐車場を横切り、小沼方面への登山道(散策路?)へ。
日影な真っすぐ登坂路であるが、今日は気温が高め。(おそらく「プラス」。)
腕まくりしつつ、制汗しながら登坂。(笑)
木製階段を登りきると、小沼駐車場からの散策路と合流。
左折して「長七郎山」・・・。と、思いつつ、今回は気分的?体力的?(笑)に「パス!」w
右折して、八丁峠方面へ向かう。(笑)

一旦車道に出つつ、地蔵岳へと向かう。
八丁峠(駐車場)から、いざ地蔵岳へ!
てか、ほんと暑いくらいな南斜面。。w
アウターシェルを脱いでザックへ。
グローブは「スケスケ(ドライグローブ?)」1枚。w&ドライウェアー+長シャツ姿(いちお保温系の)で登坂にかかる!ww
(安心してください!ボトムはちゃんと履いてます!w)

踏み固められた場所以外の日当たりのいい斜面は融雪しており、雑草が露出。
とりあえず登山道には圧接された残雪有り。なイメージ(くぼんで日当たりが悪いのか?」)。

ピーク付近も積雪が少なめで、小さな岩があちこちに露呈していた。
ピークの風裏でザックを下ろし、背中を乾かしつつ小休止。w
てか、今日はほんとに絶景♪
南側の都市部には「モヤ」が立ち込めているが、北西部方面は冷えている?ので「クッキリ」見通せます♪
前回の「クリスマス寒波第2弾」の倍返しか!?w

背中もあらかた乾いたのでw、アウターシェルを羽織って大洞方面へ(下り)と向かう。
やはり北斜面。残雪も多め。&やっぱりここは急斜面。。
途中気が付くとチェーンスパイクに着雪して「ダンゴ」状態に・・・。

せっかく持参してきているので、ここでチェーンスパイク→10本爪アイゼンへ履き替え♪
(今季初装着♪w)
やっぱり格段にいい!(効く)のアイゼン。
何より「安心」っす。
踏みしめられた深雪であれば、確実にアイゼンですね。
(フカフカのスノーシューも好きですが♪・・・w)

トレッキングポールも併用しつつ、気を付けて降坂。
標高が下がってくると岩成分が多くなるので違う意味で(アイゼンが岩で反って滑る)気を付けつつ下ります。

で。
無事、地蔵岳の登山口へ到達♪
あとは車道歩いてを大洞駐車場へと向かいました。

登山中の画像
登山画像
雪成分少な目~~
登山画像
大沼は氷結中
登山画像
今日もチェーンスパイク♪
登山画像
見慣れてきましたが、いいっす♪
登山画像
始めて気が付きました。w
登山画像
言葉。いらないっすね
登山画像
ほんとに着雪少な目・・。
登山画像
黒檜山直下の急登
登山画像
とりあえず「赤城山」を踏破。
登山画像
ぴす♪w
登山画像
絶景♪
登山画像
中央は谷川岳。
登山画像
浅間山
登山画像
絶景②(鳥居&祠のある先のポイントから)
登山画像
これから向かう地蔵岳方面。
登山画像
黒檜降りて「大タルミ」へ。雪少な!
登山画像
イェイ!今季何度目???(笑)
登山画像
駒ヶ岳から南を望む
登山画像
大沼方面を見下ろして
登山画像
「下降点」へ到達。大っ嫌いな右折「鉄製階段」…
登山画像
笹原~~それも急降下・・・。
登山画像
とりあえず踏み固められてます。w
登山画像
ここを迷わず右折!
登山画像
ん!?
登山画像
ほぉ~太いルートで行きましょう!
登山画像
リボン多め~
登山画像
振り返って、見上げます。結構リスキーな道。
登山画像
見慣れた風景に。(^^)#鳥居峠
登山画像
覚満淵。
登山画像
鳥居峠から小沼へ。写真中央奥へ進みます。
登山画像
急な階段・・・。
登山画像
うぉっし!分岐に到着。左折すれば長七郎山方面…
登山画像
小沼~
登山画像
駐車場利用者は少な目。
登山画像
うぉっしゃ!待ってろよ!地蔵!(とりあえず・…
登山画像
暑そうなので薄着にしてtry
登山画像
手袋も「薄ウス」に!(笑)
登山画像
やっぱ、いいっす♪
登山画像
きた!
登山画像
雪すくな・・
登山画像
イイェイ!w
登山画像
来た甲斐。ありました♪
登山画像
いい眺めっす♪さて下ります。
登山画像
写真中央に谷川岳
登山画像
ダンゴるので、チェーンスパイク→10本爪アイゼ…
登山画像
はい♪お待たせ♪ww
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、アウタージャケット、オーバーパンツ、オーバーグローブ、アイゼン、ゴーグル
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

黒スコット さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年2月26日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは?
新連載「イマコレ」。今月のアイテムは? 『山と溪谷』編集部員が「今これが気になっている」というちょっとニッチなアイテムをピックアックし、注目のポイントにクローズ...
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。