登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
広沢寺前駐車場基点に鐘ヶ嶽・弁天御髪尾根・梅ノ木尾根を歩いて大山へ 鐘ヶ嶽、大山(関東)
img

記録したユーザー

shine4153 さん
  • 日程

    2021年1月10日(日)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:国道246水引交差点から七沢方面へ入り、広沢寺前駐車場へ。7時20分頃到着したが、日曜日ということもあり他車が次々と到着していた。

  • 天候

    快晴

この登山記録の行程

広沢寺前駐車場(7:29)・・・広沢寺本堂前(9:32)・・・鐘ヶ嶽バス停(7:46)・・・鐘ヶ嶽ハイキングコース入口(7:50)・・・上杉公内室の墓分岐(8:11)・・・二十五丁目(8:37)・・・鐘ヶ嶽(8:53/9:04)・・・山ノ神分岐(9:22)・・・見晴広場B(10:00)・・・見晴広場A(10:08)・・・すり鉢広場(10:22)・・・大沢分岐(10:40)・・・鍵掛(10:51/11:04)・・・梅ノ木尾根分岐(11:32)・・・P989(11:51/12:02)・・・不動尻分岐(12:23)・・・大山山頂(12:47/13:39)・・・不動尻分岐(13:53)・・・P989(14:06)・・・梅ノ木尾根分岐(14:19)・・・唐沢峠(14:33/14:35)・・・唐沢峠直進分岐(14:43)・・・不動尻(15:13)・・・鐘ヶ嶽入口(15:32)・・・山ノ神隧道(15:38)・・・大沢三叉路(16:02)・・・広沢寺前駐車場(16:10)


総距離 約15.6km 累積標高差 上り:約1,618m
下り:約1,618m
今回の大山は、以前から気になっていた広沢寺裏にある「鐘ヶ嶽(561m)」と弁天御髪尾根、梅ノ木尾根を組み合わせてトレッキングすることとした。
広沢寺から鐘ヶ嶽へ登り、山頂から西側に山ノ神隧道上の「山ノ神峠(分岐)」へ下り、分岐を直進し「弁天御髪尾根」へ合流し、「梅ノ木尾根」から「矢草ノ頭」近くの「梅ノ木尾根分岐」で大山三峰縦走路に入り大山山頂を極め、下山は唐沢峠から不動尻へ下り、二ノ足林道を広沢寺へ戻るルートとした。計画時で距離は15.8㎞となった。
地理院地図には広沢寺西側から鐘ヶ嶽参道の十丁目付近へ直登するルートが書かれていたので、とりあえず広沢寺へ進みルートを探してみたが見当たらず、やむなく鐘ヶ嶽バス停まで戻ってハイキング入口となっている一丁目から登ることとした。
入口の一丁目は石段となっていて直ぐ上には鳥居があり、丁目石の存在と合わせ、このルートは山頂近くにある浅間神社の参道であることを強く印象付けてくれる。
参道は概ねなだらかに登って行くが、浅間神社手前300mくらいは断続的に急傾斜の石段となっていて、およそ350段ほどを数えた。石段を終えると浅間神社本殿が立派に威厳をもって構えていた。
鐘ヶ嶽山頂は平坦で2体の石像とベンチ、七沢城址案内板が設置されていたが、樹木に覆われていて展望は望めなかった。
休憩の後、山頂を西側へ下り「山ノ神分岐」を目指した。登ってきた東側のルートより傾斜はゆるく感じられたが、トンネル上に近づくと狭いトラバースやヤセ尾根も現れた。
山ノ神分岐の道標には、直進する弁天御髪尾根方面への案内は無かったが、踏み跡を頼りに入ってみると、いきなり崩落地となり、そこを巻いて急傾斜を登って行くとクサリ場を経て二ノ沢ゲートからのルートと合流する。そこには古くない道標があり、登ってきた方向を「鐘ヶ嶽&鎖場コース」と指していた。鹿よけ柵を左に登って行くと「赤杭76」がある分岐となり、左へヤセ尾根が始まる。途中右側の木に掛った「大山.唐沢峠」の案内板を過ぎていくと、「見晴広場B」に到着し弁天御髪尾根に合流する。さらにヤセ尾根を越えて進むと「見晴広場A」となり、左に大山が望めるようになる。「見晴広場A」を後に下って行くと「すり鉢広場」となるが、杉林の中の低地で広場というイメージとは遠かった。
「すり鉢広場」から杉林の中を標高で50mほど登り返していくと、平坦なヤセ尾根となり、その後傾斜が急になり今日一番の難所と思われた。ここをクリアするとほどなく「大沢分岐」となり、梅ノ木尾根に合流した。
その後、「鍵掛」で休憩し、「梅ノ木尾根分岐」で大山三峰縦走路へ合流し、不動尻分岐をへて大山山頂へ到着した。空腹も重なり、平坦なP989から不動尻分岐、大山の肩までの急な木段は結構ツライ登りであった。
大山山頂は、日曜日ということもあり表参道や見晴台から登ってくる人たちで賑わっていたが、空いていたテーブルを確保し、持ってきたカップ麺で空腹を癒すことが出来た。
下山は不動尻分岐から梅ノ木尾根分岐を経て、唐沢峠から不動尻へ下り、二ノ沢林道を広沢寺まで戻った。
唐沢峠からは地図にないトラバース道を下ったが、P842からの正規ルートとの合流点付近の樹木には赤ペンキがふんだんに塗られており、やや違和感を覚えたことを付記しておきたい。

登山中の画像
登山画像
広沢寺前駐車場、奥に多目的トイレを備えたトイ…
登山画像
広沢寺本堂、地理院地図には本堂西側(写真左側…
登山画像
バス停「鐘ヶ嶽」、鐘ヶ嶽登山口の案内がある。
登山画像
バス停から5分ほど進むと、「鐘ヶ嶽ハイキングコ…
登山画像
石段を上ると石の鳥居があり、以後なだらかに登…
登山画像
ヘアピンカーブとなっている七丁目。鐘ヶ嶽の山…
登山画像
拾丁目(十丁目)標石、広沢寺西側からの直登ル…
登山画像
ここは拾三丁目(十三丁目)、上杉公内室の墓へ…
登山画像
拾五丁目には立派な石の菩薩像が並立している。
登山画像
覗きの松二代目、覗くのを忘れてしまった。
登山画像
標高430m付近の廿五丁目、この辺りから傾斜も付…
登山画像
標高465m付近、長い石段が始まる。断続的に300m…
登山画像
廿七丁目には長い石段も。
登山画像
最後の石段の手前には石の鳥居。
登山画像
浅間神社本殿、ずいぶん立派な社殿だ。これから…
登山画像
浅間神社から5分も掛からず山頂へ到着。石像2体…
登山画像
山頂脇にある「七沢城址」を解説している。
登山画像
鐘ヶ嶽を西側へ下る。標高670m付近のトラバース。
登山画像
山ノ神分岐(山ノ神峠)、右はトンネルの西側へ…
登山画像
直ぐに崩落部にあたるが、右側を巻いて左に登る。
登山画像
急斜面を登って行くとクサリ場に来た。注意して…
登山画像
急登を登ってくると足元に小さな案内板が。樹間…
登山画像
鹿よけ柵にぶつかると二ノ沢ゲートからのルート…
登山画像
合流点を右に折れ、鹿よけ柵に沿って登ると「赤…
登山画像
「赤杭76」からヤセ尾根となり登ってくると「大…
登山画像
ジャスト10時、弁天御髪尾根の見晴広場Bに到着…
登山画像
見晴広場Bからヤセ尾根を越えると見晴広場Aに…
登山画像
樹木の間から大山の山頂が綺麗に望めた。
登山画像
ここは「すり鉢広場」、広場というには樹木が多…
登山画像
登って行くと途中平坦なヤセ尾根になる。
登山画像
さらに進むとヤセ尾根に急登が加わる難所に。「…
登山画像
鍵掛に到着、ここでの休憩は定番になった。大沢…
登山画像
「梅ノ木尾根分岐」に到着。ここからは大山三峰…
登山画像
これは「山ノ神分岐」から「梅ノ木尾根分岐」ま…
登山画像
標高989mの平坦地に到着。休憩して「大山の肩」…
登山画像
不動尻分岐に到着。空腹もあってここまでの急階…
登山画像
山頂に到着。遠望はやや霞むが青空は清々しい。
登山画像
不動尻分岐までの静寂とは打って変わって山頂は…
登山画像
不動尻分岐下の階段途中から東京方面を遠望する…
登山画像
大山三峰縦走路の「梅ノ木尾根分岐」、下山時は…
登山画像
大山三峰縦走路のヤセ尾根部。しっかりクサリが…
登山画像
こちらは板張りして尾根を保護しているが、崩落…
登山画像
唐沢峠。直進は三峰山、左斜めは唐沢川へ、右斜…
登山画像
不動尻へのトラバース入口。このルートは地理院…
登山画像
トラバースと直登との分岐付近。赤ペンキが木々…
登山画像
不動尻へ到着。
登山画像
山ノ神隧道手前の鐘ヶ嶽コースの入口。
登山画像
トンネルを抜け振り返って写す。
登山画像
二ノ沢ゲート。ここまでは車で入れるが駐車でき…
登山画像
暫く行くと間伐材の伐採を重機で行っていた。重…
登山画像
大沢林道と二の足林道との分岐、ゲートは大沢林…
登山画像
広沢寺前駐車場へ戻ってきた。
登山画像
駐車場入口にある登山カードポストと駐車場利用…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
【その他】 スマホ+スーパー地形(アプリ)、携帯トイレ、マスク、除菌液
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

shine4153さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

shine4153 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2021年3月5日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。