登山記録詳細

雪山登山
参考になった 2
2021年登り始めはいつもの野坂山 野坂山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

Yamakaeru さん
  • 日程

    2021年1月1日(金)

  • パーティ

    4人 (Yamakaeru さん 、ほか3名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:通常は「野坂いこいの森」の駐車場を利用するが、冬季は除雪されていないため少年自然の家の手前にある駐車場に停める。野坂茶屋(喫茶店)から少年自然の家までは車一台分の轍があった。

  • 天候

    吹雪き

この登山記録の行程

少年自然の家手前の駐車場(10:36)・・・野坂憩いの森(10:52)・・・<冬道>・・・一ノ岳(12:27)・・・二ノ岳・・・三ノ岳・・・野坂山・山頂(13:53)(休憩~14:22)・・・三ノ岳・・・二ノ岳・・・一ノ岳・・・<冬道>・・・野坂憩いの森・・・少年自然の家手前の駐車場(15:55)

年末から張り出した爆弾低気圧の影響を受けて、大荒れの天候で迎えた2021年の元日。初日の出登山を計画していたが、早朝アタックを諦めてゆっくり登山に変更した。
正月早々なので除雪は期待していなかったが、なんとか車一台分の轍があったので「少年自然の家」手前の駐車場までは入ることが出来た。雪ですっぽり埋まっている駐車場に、勢いをつけて車を突っ込む。乱暴だがこれが雪国式?か。
駐車場の時点で膝下の積雪があったので、最初からワカンを装備してスタートする。
道路をショートカットしながら、野坂憩いの森の登山口までを最短で登る。スノーシューと思われるトレースがあったが、風雪でところどころ消えかかっている。そのトレースを追うように進む。降ったばかりの柔らかい雪に足を入れると、ギュっと音を立てながらワカンが深く沈み込んでいく。持ち上げる足が倍以上に重たいが、ようやく雪山に来たという実感が増して、むしろ雪の重みが楽しくて仕方がない。
途中から登山道を外れて冬道へと入る。
急こう配を一直線に一ノ岳を目指して登っていく。いつの間にかトレースは無くなり完全なラッセル登山となった。積雪量はさほど変化していないが、斜面に向かうと膝よりも高く、足を持ち上げるようにして進まないと前に行くことができない。
膝で雪を崩しながら、ガツガツとひたすら登っていく。なかりキツイ作業だ。しかし、誰も歩いていないバージン・スノーに、自分のトレースをつけていく快感は、先頭のみが味わえる特権だ。体力の続く限り独占したいと思うのはやはり変態の証か。
吹雪く斜面の先に特徴的な形をした松が見えてきた。一ノ岳に到着。野坂山は登山口から一ノ岳までが肝なので、ここまでくれば、あとはなんとかなる。
とは言え、二ノ岳から三ノ岳までは積雪が増えるため、これまで以上にラッセルのパワーと持久力が求められる。時々、先頭を交代しながら、まさにラッセル車のように進んでいく。
最後の急登を登った先に、赤い小屋が見えた。野坂山の避難小屋だ。建物の半分が雪に埋まっている。山頂はその先10m程のところ。そのたった10mがなかなか進めない。空腹と疲労で一歩がなかなか踏み出せない。足を止めたくなるが、3m、2m、1mと心の中でカウントダウンしながら、ついに山頂の看板にタッチ。ついでにそのまま雪に倒れ込もうかと思った。
吹雪いて寒いので感動を味わう暇もなく、避難小屋へ退避する。正面のドアはすっぽり埋まっているので、後ろの窓からなんとか侵入。決して室温は高くないが、それでも外に比べたら天国のように温かい。
野坂権現様に今年の安全祈願をした後、お正月登山恒例の山頂お汁粉タイム。お餅入りで、アツアツの甘いお汁粉が身体の底から温めてくれる。この一杯があればどんな辛い冬山でも歩けそう。
お汁粉タイムを終えて、下山モードに入る。
入るときは雪で窓の高さと同じだったが、出る時は目線の高さにある窓をよじ登らなければならない。
これはこれで結構至難の業。足を高く上げて吊りそうになりながらもなんとかよじ登って脱出する。
避難小屋の裏側から正面に戻ったところで、仲間から「うわぁぁぁ」と感嘆の声。吹雪いていた空が、一瞬の晴れ間を見せていた。敦賀半島と敦賀の街並みが白く凍っている。なのに半島周辺の海は透き通るような淡いブルー色をしている。冬の日本海は常に荒れて鼠色の印象が強いが、こんな綺麗な日本海は珍しいかも知れない。
2021年登り始め。思わぬ絶景に幸先の良さを感じた。今年もいろんな全景に巡り合いたいものだ。下山は雪を蹴散らしながら「モウ」スピードで降りる。 丑年だけに :)

登山中の画像
登山画像
雪をかけ分けて登山口までやってきました。誰も…
登山画像
雪まみれになって進みます。もうトレースはなし…
登山画像
一ノ岳の松。特徴的な形をしているのでちょうど…
登山画像
うぉおおー雪の壁。
登山画像
腹減ってもう限界。山頂に到着。さぶっ。
登山画像
とはいえ、積雪はそれほどでもなく看板は見えて…
登山画像
半分埋まった避難小屋。今日はスコップを持って…
登山画像
野坂権現様。今年もよろしくです。
登山画像
外に出たら一瞬の晴れ間。うぉおおおお。すべて…
登山画像
敦賀半島と日本海。写真では表現できない美しさ…
登山画像
市内も全て凍っています。
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Yamakaeruさんの登山記録についてコメントする
  • shou さん
    一番乗りだから、きっといいことありますね☆

  • Yamakaeru さん
    山小屋のノートに記した山かえる参上って、まるで高校生だね。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Yamakaeru さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月21日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...