登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
丹沢表尾根 塔ノ岳(関東)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん
  • 日程

    2021年1月14日(木)

  • 利用した登山口

    ヤビツ峠   大倉  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:往き;秦野から蓑毛へ
    帰り;大倉から渋沢へ

  • 天候

    快晴

この登山記録の行程

蓑毛(07:13)・・・ヤビツ峠(08:26)[休憩 11分]・・・護摩屋敷の水(08:58)・・・二ノ塔(10:02)[休憩 1分]・・・三ノ塔(10:23)[休憩 10分]・・・烏尾山(11:02)[休憩 10分]・・・政次郎ノ頭(11:55)・・・新大日(12:17)[休憩 20分]・・・木ノ又小屋(12:48)・・・塔ノ岳(13:16)[休憩 16分]・・・金冷シ(13:47)・・・花立山荘(13:58)[休憩 10分]・・・茅場平(14:24)・・・小草平(14:35)・・・駒止茶屋(14:51)[休憩 4分]・・・雑事場ノ平(15:14)[休憩 4分]・・・観音茶屋(15:30)・・・大倉(15:47)

総距離 約17.0km 累積標高差 上り:約1,947m
下り:約1,972m
コースタイム 標準:8時間30分
自己:7時間8分
コースタイム倍率 0.84
丹沢表尾根を歩く。このところ大倉から登り始めることが多かったが、久し振りに蓑毛から登って大倉に下りる。登山道は、二日前に降った雪も大分溶けて、日影に一部残っている程度だったので、慎重に歩けば問題ない。気温も上がり、終日の快晴に顔が日焼けしたかも。

前日は、秦野駅からヤビツ峠に行くバスが路面凍結のため運休していたようだ。今日は運行する可能性が高かったが、家を出る時間のことも有り、蓑毛から歩くことにする。秦野から蓑毛に向かうバスは、早朝ということも有り、ガラガラ。蓑毛を出発する頃、偵察してきたと思われるバス会社の車が下ってきて、バス停の張り紙を剥がして去って行ったが、恐らく、昨日の運休のお知らせだったと思われる。

ヤビツ峠までは、今年に入って大山に登った際に歩いたばかりの道。体が馴染むまでと、のんびり歩く。ヤビツ峠に着くと、斜面や日影に雪が見られるようになる。トイレと軽食を済ませると、車道を富士見橋方面に進む。車道には、うっすらと雪が着いているところもあったが、凍ってはいないので、スタスタと歩くことができた。

登山口に着くと、二ノ塔へと登っていく。一部に雪も見られるが、基本、乾いた道。林道を越え、更に登っていく。途中、適度にベンチも置かれている。ススキ原の開けた場所から振り返ると、湘南の海も見下ろせるが、気温も上がり霞んでいる。

開けた場所から二ノ塔山頂へと少しえぐられた道を進んでいくと、山頂側から下方へと木の階段を設置する作業中であった。山頂のベンチ廻りも整備作業中だったので、富士山を眺めると、早々に三ノ塔に向かう。三ノ塔では、少し風もあったものの、休憩小屋に入るほどでもなかったので、外のベンチに腰掛けて小休止とする。富士山も雪が付いてはいるが、うっすらとした感じ。

三ノ塔からの急な下りにも雪が付いていたので。ここは慎重に足を運ぶ。烏尾山でも小休止。引き続き行者岳へ。下りのクサリ場にも雪は見られたが、足がかりの岩は露出しているので、普段通りに下る。

キレットのガレ場に掛かる道を登り、政次郎ノ頭、更にカイサク小屋跡を経て新大日に至ると、ここで大休止とする。その先の木ノ又小屋では、小屋の窓が開いていて、広場には何人か休憩中。その先には大量の工事資材が荷揚げされており、振り返ると、トイレの新築工事中であった。広場にいたのは、作業の方たちだったようだ。トイレは、大倉尾根の各所や三ノ塔にあったのと同じタイプのようだ。

いよいよ、塔ノ岳へ。山頂も少しは風があるが、寒くて居られないという程ではない。南アルプスも見えているが、富士山共々、一層霞んできている。

少しのんびりすると、下山開始。花立までは普通に下ってきたが、その後は、自分としては早足で下る。この時季、途中で立ち止まるような花や紅葉もないというのもある。見晴茶屋まで来ると、30分に1本のバスの時間を気にしながら下る。お陰で、靴を洗い、カメラを仕舞ったりしてバス乗り込むと、間もなくバスの出発となる。帰りのバスも空いていた。

登山中の画像
  • 蓑毛から少し行った所にある下社への分岐
  • 快晴の下、明るい道を行く
  • ヤビツ峠のレストハウスは工事が遅れている
  • 日影の車道には雪が残っているが、滑ることはない
  • 富士見橋のトイレは冬季閉鎖されている
  • 青空を見上げる
  • 二ノ塔からの富士山
  • 二ノ塔からの下りの雪道
  • 大山と二ノ塔を振り返る
  • 三ノ塔から表尾根を望む
  • 三ノ塔お地蔵さんからの下り
  • 烏尾山からの富士山
  • 行者岳を見上げる
  • 行者岳から三ノ塔を振り返る
  • クサリ場の雪は少し
  • 政次郎の頭から振り返る
  • カイサク小屋跡から塔ノ岳
  • 新大日
  • 木の又小屋ではトイレの新築工事が行われていた
  • 塔ノ岳へ最後の登り
  • 塔ノ岳にて
  • 塔ノ岳から見る富士山は大分霞んできた
  • 塔ノ岳から丹沢山を望む
  • 金冷やしの先から塔ノ岳を振り返る
  • 花立から見る富士山
  • 堀山の家の寒暖計は12℃。暖かな一日
  • 駒止茶屋手前から見上げる三ノ塔と烏尾山
  • 一本松下のモミジ街道
  • 観音茶屋手前の小崩落地
  • 給水タンクからの舗装工事はほぼ終了
  • 大倉山の家近くのロウバイ
  • 大倉バス停前の菜の花
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年3月3日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...