登山記録詳細

雪山登山
参考になった 1
初心者コースでも天候で安心できない根子岳登頂 根子岳(上信越)
img

記録したユーザー

スーさん さん
  • 日程

    2021年1月16日(土)

  • パーティ

    2人 (スーさん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:行は浅間サンライン経由で菅平高原に入り須坂方面へ進み
    峰の原高原へ(全て雪なし道路でした)
    こもれびホール駐車場に車を止める(トイレはあるが冬季閉鎖中)
    帰りは菅平プリンスホテルより菅平入口三叉路より鳥居峠経由
    この峠までは2WDスタットレスちょっと苦戦(空転します)
    鹿沢温泉までは降雪で雪道路、後は二度上峠方面は雪なしただし雨で濡れていた。

  • 天候

    ☀→アラレ→降雪

この登山記録の行程

【車移動】
              自宅         4:00
  6:33     こもれびホール
【山歩き】
           こもれびホール       7:05
  7:15      登山口          7:16
  7:29    牧場入口(料金所)      7:45
  7:55    ゲレンデトップ        7:56
  9:33     小根子岳分岐        9:45
 10:01     根子岳          10:02
 10:23     小根子岳分岐
 10:55     避難小屋         10:56
 11:27    牧場入口(料金所)
 11:40     こもれびホール
【車移動】
           こもれびホール     12:01
 12:15    菅平プリンスホテル    13:32
  入浴料金   500円
こもれびホールよりの距離  4.1km
     〃    時間  14分
 17:04     自宅(魚の角上より道)

 天候の崩れが予報より早まってしまい思いがけない世界に飛び込んでしまい最悪の雪山スノーシュー歩きとなってしまいましたけど、終わり良ければ総て良しの結果オーライ型。
翌日妻より「遭難していたのかい」と聞かれましたけど「案内表示柱がコースに多く設置されていたので逃れられたんだ」と返しました。

【山歩き】
 登山口駐車場は峰の原高原(こもれびホール敷地内に)この時の天気は良く又駐車場にも積雪はありませんでした、しかし、トイレは冬季閉鎖ですよ、ここより出発して最初のT字路で右折して登山口へ、

 登山口は道路の除雪した雪が積まれていてこれを越すのに気合の掛け声でクリア、

 登山路に入りツボ足で牧場入口まで行ってここでスノーシューを装着(前回バンドが切れてしまい妻だけ新規購入)結構もたついたりして身支度終了、この間に日が牧場に昇ってきました。
 
 朝日を拝んでからスノーシューを付けたのだから普段は歩けない牧場内の広い雪原(スキーゲレンデ)に入りリフトトップまで行きます、まだ根子岳の山頂は見えていましたけど雲の流れが早く見え隠れ繰り返していました、

 せっかくの冬季牧場歩きなので下山滑走スキーシュプールを追って進みます、「雪山ハイキング」の標識に沿って行きましたが根子岳より離れていくので途中よりトレースに従って雪原へ入りこみスキーの後を追って上部目指して行きます、白樺の森をくぐり広い雪原を登りスノーシューでは無ければ歩けない斜面を登っていきます、天気予報通りに暖かいので霧氷はありませんが目の前の青空稜線目指した牛歩で登っていきます、稜線に出たら小根子岳分岐かなと思っていましたが結構下の稜線に出ましたでも小根子岳は姿を見せていました、

 稜線歩きに入ると天候が分岐手前よりガラッと変わり雪は降ってくるガスも出てくるといった状態になり妻は登る意欲を取られてしまい吠えています、急坂の峠を過ぎればすぐなのに切れていましたね、どうにか山頂は踏めましたが展望もなく雪は降っていて下山での視界不良が怖くてトレースの消えないうちに下山です、

 今日の予定(小根子岳より滝方面い降る)は廃案にして避難小屋目指し歩く、スキーヤーは下りが早い、そしてスノーシューボーダーもアっという間に降って行きました、その後もスキーヤーは多く登ってきましたしワカンが2人、高度を下げると視界不良が無くなりトレースを追う事ができ一安心して避難小屋到着、牧場に着くとゲレンデスキーヤーの滑る姿が見受けられます、これだけの牧場雪原絶好のスキーゲレンデですね、牧場入口(入山料回収ボックス)より登山路は歩かないで「渋谷区峰の原青少年山の家」経由で車道をテクテクとこもれびホールへ下る。天候の悪化で途中リタイヤかもと思いましたが計画変更して山頂だけは踏んでこれて良かったよ、妻は安全圏に入るととたんに元気になるこの身替りの早さ、見習うかな?

登山中の画像
  • これより雪道に入るにも一苦労 壁が立ちはだかっています
  • 曇の流れは速いけど 牧場に着いた時根子岳は顔を出しています
  • 牧場の雪原の奥に 湯の丸烏帽子岳が朝焼けの雲の中に
  • この場所でスノーシユウを装着 朝日が昇る
  • 時間をおいてもなかなか全容が出てきませんね 牧場の夜明けです
  • 新調スノーシューでまだ余裕の歩きです 遠望は薄いけど菅平のスキー場は見えていますね
  • 営業前のゲレンデトップの顔出しで記念写真
  • 右に見える標柱案内(雪山ハイキング道)に従って牧場内ゲレンデを進みます・・・・これが根子岳への冬道と勝手に解釈していました
  • 途中でハイキング道は山頂と離れていくので間違いと気づく、 これならスキー滑降後を追って登って行った雪原で再び朝日ショーが見られました
  • スキーヤーは前の白樺の森より出てきたのでしょうね
  • 綺麗な弧を描いて滑ってきた後を汚さないよう 脇を登って行きます
  • 白樺の森を抜けると 沢状のゲレンデより青空の中に稜線が見えてきましたより
  • 沢状ゲレンデ奥には稜線が見えます
  • 稜線に上がると数分で視界不良となってきました 昼まで持つ予報でしたが天候の急変になりました 小根子岳分岐ではまだ30~50Mぐらいの視界有り
  • この視界不良の中やっと根子岳山頂に到着、 追い抜いて行ったスキーヤーはもう滑って降り始めました
  • 祠の所より鐘を鳴らす妻の姿 数メートルしか離れていないのに薄っすらとしか写りませんね
  • その足で下山に入ります 登りでは一切見なかった着雪も 山頂ではもう着いています
  • モンスターの森もうっすらと 右端モンスターはゾンビみたいな格好をしていました
  • 帰りの小根子岳分岐、 全く回りの状況が見えません計画周回は頭よりなくなっています、何しろ無事に下山したくダボス標識確認でいっぱい
  • 途中スキーや団体さん、個人、と結構多くの登山者が登ってきていましたので途中より避難小屋まではトレースは付いています(一応安全圏に降りてきました)
  • 牧場の上より見わたす景色 登り時とは全く様相が違っていますよ
  • ゲレンデリフトも稼働していて 少ないスキーヤーがちらほら見えます
  • 峰の原高原への分岐に着きました
  • 朝は黒かったこもれびホールと駐車場 戻ったら真っ白
  • 一人ぼっちのマイカーに到着 雪下ろし後帰宅に入る
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、スニーカー・サンダル、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、ナイフ、ホイッスル、熊鈴・熊除けスプレー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、マット(個人用)、ライター、アウタージャケット、オーバーパンツ、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、スノーシュー
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スーさんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スーさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2021年3月5日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。