登山記録詳細

雪山登山
参考になった 4
雪を見に大山へ 大山(関東)
img

記録したユーザー

ジュンパク さん
  • 日程

    2021年1月25日(月)

  • 利用した登山口

    大山ケーブル駅  

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:小田急線伊勢原駅~大山ケーブル 往復ともバス

  • 天候

    快晴

この登山記録の行程

伊勢原 7:00--(バス)--7:24 大山ケーブルバス停 7:29--(女坂34分)--8:03 大山寺 8:03--(女坂21分)--8:24 阿夫利神社下社 8:28--(41分)--9:09 蓑毛越分岐 9:09--(12分)--9:21 富士見台 9:22--(19分)--9:41 ヤビツ峠分岐 9:45--(15分)--10:00 大山 10:29--(16分)--10:45 不動尻分岐 10:45--(44分)--11:29 見晴台 11:46--(20分)--12:06 下社公衆トイレ 12:07--(男坂22分)--12:29 ケーブル山麓駅 12:29--(8分)--12:37 大山ケーブルバス停 12:40--(バス)--13:05 伊勢原

総距離 約8.3km 累積標高差 上り:約1,370m
下り:約1,370m
コースタイム 標準:4時間40分
自己:4時間17分
コースタイム倍率 0.92
平野部では雪が降らなかったので、雪を見に大山に出かける。気温も上がったことから、雪道の最初の方では、樹木に付いた雪や氷がぱらぱらと落ちてきて、体に当たると痛い位。頂上近くになると、湿った雪で垂れ下がった枝が登山道の障害物となっていた。富士山も本格的に雪化粧して、なかなか良い感じだ。

密を避け、早朝のバスで終点の大山ケーブルへ。山を見上げれば、上の方に雪が見える。この時間、参道の商店もまだ開いていないし、勿論、大山ケーブルも運行していない。大山寺経由の女坂を登る。毎度の事ながら、石段がきつい。下社下の公衆トイレは、外装工事中だが、使用出来る。山頂のトイレが凍結で使えないと張り紙が出ている。下社には、雪をかいた後の名残の雪が少し見られた。

さあ、山頂目指して頑張ろう。取りあえずは、雪のない道を登る。十三丁目辺りから少し雪が見られるようになり、十五丁目の天狗の鼻突き岩辺りから少しずつ雪を踏んでいく。富士見台まで上がると、一面の雪景色となる。一寸雲が立っているが、真白き富士山が良く見える。更に上がっていくと、ぱらぱらと枝に付いた雪や氷の塊、或いは溶けた滴が落ちてくる。ガンと頭にまともに当たることも。登るにつれ、枝に付いた雪が増えてくる。青空をバックになかなかきれいだ。一方で、雪を纏って重たく垂れ下がった枝が、進路を妨害する。

鳥居の所からは富士山の見える西側を登る。積雪は20cm位?。関東平野を望む東側に移ると、ベンチで休憩。多少風はあるが、やはり気温は高めのようだ。のんびりと暖かいものを飲み、下りに備えて軽アイゼンを装着する。

下りは、見晴台方面に向かう。雪の様子は、登ってきた表参道と同じ。踏み跡はしっかり出来ているので、問題ない。そんな雪景色の中でも登山道整備の作業が行われていた。ご苦労様です。不動尻分岐から5分も下ると、足下の雪も緩んでくる。そして、ぐちゃぐちゃになり、雪も薄くなる。途中で、軽アイゼンを外す。クサリ場の辺りまで下れば、雪はほとんどなくなり、見晴台へ。

見晴台には雪は全くない。風が強く吹くこともあるが、我慢出来る範囲。ベンチ周辺の整備はほとんど終わったようだ。休憩後、二重滝を経由して下社方面に向かう。こちらのルートも、雪は全くない。下社下からは、男坂を下る。慎重に下る必要はあるが、朝一でため息をついた女坂だったのに、男坂の下りはあっという間。大山ケーブルも運行し、お店も開いた少し賑やかな参道を急ぎ、バス停へ。トイレの靴洗い場で靴をざっと洗うと、予定のバスに飛び乗る。

登山中の画像
  • ロウバイの木が一本
  • ・・・
  • 大山寺
  • だそうです
  • 阿夫利神社下社
  • 暫くは雪もありません
  • 天狗の鼻突き岩辺りの雪の様子
  • 山は白い
  • 富士見台
  • その上から
  • 雪景色
  • ぱらぱら落ちてくるのはこれ
  • 落ちてきたのが積もってます
  • ヤビツ峠分岐
  • 少しヤビツ峠側の展望所から
  • 重く垂れ下がっている
  • 山頂の西側を巻いた所からの展望
  • 富士山をアップで
  • 山頂のアンテナ群
  • 東側の展望
  • 見晴台方面の下り。こちらも垂れ下がっています
  • 不動尻分岐
  • 重そう
  • 早くもぐちゃぐちゃに
  • 鎖場には雪もほとんどありません
  • 見晴台に到着
  • 見晴台から大山を振り返る
  • 二重滝に水はありません
  • 女坂との合流直前の男坂
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、熊鈴・熊除けスプレー、行動食、軽アイゼン、トレッキングポール
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ジュンパクさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ジュンパク さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2021年2月27日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】
長野県東部で充実の暮らしを【山の麓に住む】 浅間山、八ヶ岳連峰に近く、晴天率が高く、暮らしやすい。長野県東部の佐久地域の魅力と先輩移住者のインタビューを掲載。
NEW 雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート
雪山・雪崩・雪崩装備についてのアンケート みなさんは雪山に行きますか? 雪崩に遭遇したことはありますか? 雪山登山経験者の方、アンケートにご協力をお願いします。
NEW 山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW 断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】
断熱性の高いマットをテスト【山MONO語り】 高橋庄太郎さんのギア連載。断熱性が高く暖かい「ネオエアー Xサーモマックス」を雪のテント泊でテスト。その使い心地は?
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...