登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 16
餓鬼岳は厳しい山(白沢-餓鬼岳-中房温泉) 餓鬼岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

yamaocchan さん
  • 日程

    2013年9月22日(日)~2013年9月23日(月)

  • 登山口へのアクセス

    タクシー
    その他:JR信濃大町駅から白沢登山口までタクシーで¥4,000
    中房温泉からJR穂高駅までタクシーで¥7,500、相乗りの場合最少¥1,700

  • 天候

    22日午後晴れだがガス、23日午前晴れ午後ガス
    [2013年09月22日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

22日 白沢登山口06:15-08:15最終水場08:30-11:00大凪山11:30-14:00餓鬼岳小屋14:30-14:15餓鬼岳14:30-14:40餓鬼岳小屋
23日 餓鬼岳小屋05:20-05:35餓鬼岳05:45-05:55餓鬼岳小屋06:00-07:00剣ズリ近辺07:10-09:45東沢乗越10:00-12:35中房温泉


総距離 約15.6km 累積標高差 上り:約2,066m
下り:約1,604m
いろいろな方のブログなどを見ていると、餓鬼岳の厳しさが言及されているが、やはりその報告は正しかった。
今回の収穫は次の通り。
1)大町の七倉荘の屋上景観は一見の価値がある。あそこでビールを片手に夕暮れを眺めるのは至福の一言に尽きる。
2)白沢の河床はその名の通り白い。花崗岩だからであろうが、綺麗な渓相である。
3)剣ズリの岩峰群は通過にも苦労するが、撮影ポイントが沢山ある。燕よりもポイントが格段に多いと思う。
4)東沢のルートの写真をあまり撮っていなかったが、かなり荒れている。ルートは指示されているので気をつけていれば問題ないが、ガスが濃い場合など油断するとルートを見失う可能性があると思われた。

登山中の画像
登山画像
七倉荘の屋上から正面に蓮華、右に鹿島槍、五竜…
登山画像
蓮華岳と針ノ木岳
登山画像
汚い足ですみません。マッタリできるところを示…
登山画像
あとは夕食を頂いて眠るだけです
登山画像
ここでタクシーを降ります。車もここまでです。…
登山画像
草の刈られた広い道を数百メートル行くと登山道…
登山画像
まず気付くのが沢床の白さ。白沢と言うだけのこ…
登山画像
沢を見ながらまずは紅葉ノ滝を目指します
登山画像
このような桟道がいくつかありますが、ちょっと…
登山画像
紅葉ノ滝に到着、桟道はしっかりしています。
登山画像
ただ、滝の全貌を見ることはできません。滝壺も…
登山画像
支沢にも水量が多いものがあります
登山画像
綺麗な滑滝を登って行きます
登山画像
滑滝の上から振り返ります。画面左側に最初の梯…
登山画像
魚止めの滝に到着。なかなか立派な滝です。
登山画像
魚止めの滝で相前後して登った御夫婦と。ルート…
登山画像
滝の近辺で見慣れない花に遭遇、かなり沢山咲い…
登山画像
最終の水場近辺。梯子を登って行くようになりま…
登山画像
最終の水場。この先から道が新しくなっているよ…
登山画像
まだ周りの山が高く見えます。
登山画像
町の展望も見ながら、スピードを上げるのは容易…
登山画像
ゴゼンタチバナの赤い実はホッとさせてくれます
登山画像
オオカメノキの赤い実も沢山あります
登山画像
大凪山に着きました。ピークらしくないところで…
登山画像
久しぶりに近くのスカイラインが見えました、が…
登山画像
白いザレ場。一瞬雪渓かと思いました。
登山画像
森林限界に出て、あと10分の表示。しかしもうち…
登山画像
餓鬼岳山頂。ガスであまり展望がありませんでし…
登山画像
翌朝、山頂から東沢岳方面。遠くに槍ヶ岳。
登山画像
雲海からの日の出
登山画像
徐々に明るくなってきました
登山画像
西方向は、双六、鷲羽、野口五郎、三ツ岳
登山画像
北には、唐沢岳がすぐそばにあり、その先は右に…
登山画像
燕の奥に槍ヶ岳、ズームアップしてみました
登山画像
日も高くなってきました、そろそろ出発しましょう
登山画像
これから越えて行く稜線ですが、どんな道が待っ…
登山画像
お世話になった小屋に挨拶をして出発!
登山画像
最初はなんてことも無い稜線の道です・・・
登山画像
烏帽子の先の南沢岳か不動岳の荒々しい山肌をズ…
登山画像
しかし、徐々にアップダウンや梯子、岩場、距離…
登山画像
時々遠くも見ながら進みます
登山画像
燕のイルカは知っていましたが、ここにもいました
登山画像
格好の良いピークですが、登山道は通っていません
登山画像
餓鬼岳を振り返ってみました
登山画像
短い梯子の脇でウラシマツツジが紅葉していました
登山画像
東沢岳側から剣ズリを振り返ります。左の脇腹辺…
登山画像
燕岳を背景に格好の良いカラマツ。ハイカラマツ…
登山画像
東沢乗越に到着。燕から降りて来た方々と遭遇。
登山画像
写真で表すのは難しいのですが、とても急な坂で…
登山画像
オオヤマボクチが沢山ありました。もう種なんで…
登山画像
進行右手に沢があるのですが、左側にも沢が現れ…
登山画像
流れを渡ったところでヤマハハコが沢山ありました
登山画像
石積みの砂防ダムが完全に壊れています
登山画像
道は右岸から左岸、左岸から右岸と何度も流れを…
登山画像
この辺りからは左岸通しの道になります
登山画像
中房温泉に到着。一風呂浴びて帰りました。
参考になった 16

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yamaocchanさんの登山記録についてコメントする
  • octane さん
    昨年9月、私も同山に友人と高齢登山をしました。最後の水場付近でやはりこの白い花を見かけて写真を撮りましたが、知人の野草の会会長である井上修爾さんによれば、シラヒゲソウの一種だとのことです。octane

  • yamaocchan さん
    octane様
    コメントをありがとうございました。山渓の「日本の野草」でオオシラヒゲソウが載っており、シラヒゲソウの変種と記述されていました。NETで調べますと、シラヒゲソウは花径が2cm程度に対し、オオシラヒゲソウは3-3.5cmという情報がありましたので、オオシラヒゲソウではないかと思っております。

  • The World さん
    私も、私の友人も、後輩も、餓鬼岳では痛い目に会いました。ガスに巻かれ、道を見失い、泣きながら歩いた20年前を想い出しました・・・。

  • yamaocchan さん
    Hellow The Worldさんへ
    コメントをありがとうございました。
    そんなお若い時に餓鬼岳に関心を持っておられたのですね。
    私も20年ほど前に燕岳から東沢乗越経由で中房温泉に下ったことがありますが、その時も東沢岳から餓鬼岳は結構大変そうだと思ってきました。でも、確かに大変なんですが、天気さえ良ければ素敵なところであることもまた事実ですよ。
    ご活躍ください。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yamaocchan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 16

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月2日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。