登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
懐かしの立山を行く 竜王岳~浄土山~雄山~大汝山~真砂岳~別山(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

ゆうたん さん
  • 日程

    2013年10月7日(月)~2013年10月9日(水)

  • パーティ

    2人 (ゆうたん さん 、Mama さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:立山IC~立山駅

  • 天候

    3日間とも、ほぼ晴れ、午後時々ガス。但し最終日 台風の影響で強風。

この登山記録の行程

第一日目:室堂~室堂山展望台~浄土山~竜王山~一ノ越~
     みくりが池温泉
第二日目:みくりが池温泉~一ノ越~雄山~大汝山~富士の折立~
     真砂岳~別山~剣御前小屋
第三日目:剣御前小屋~室堂 下山後、立山駅より称名滝へ。


総距離 約17.8km 累積標高差 上り:約1,660m
下り:約1,659m
1970年以来の立山。室堂はすっかり変わっていた。稜線の山小屋も立派になっていた。
「体力も考え、ゆっくりとした日程とし、懐かしき景色を楽しむ山行」とした。
天気にも恵まれ、味わい深い山旅となった。
やっぱり、立山は良い山だ。周りのヤマ山を山座同定するにも絶好の山だ。 
 

登山中の画像
  • りっぱな室堂ターミナル
  • 玉殿湧水(名水100選)、この水でカップラーメンとコーヒーを3回
  • 室堂より、左に剣岳、そして別山乗越。剣御前小屋も見える。
  • 同じく、室堂より別山。
  • 同じく、室堂より真砂岳。
  • 剣岳ズーム。
  • 室堂より大汝山から雄山。
  • 室堂より鞍部に見える剣御前小屋。
  • 別山乗越への道ズーム。左奥は剣岳。
  • 室堂山への登り途中より、室堂平みくりが池、奥に大日岳。
  • 室堂山登り途中より雄山。
  • 浄土山登山口分岐、真直ぐ行くと立山カルデラ展望台、浄土山へは左を。
  • 立山カルデラ展望台よりのパノラマ。 五色ヶ原の奥に、右より薬師岳、黒部五郎岳、笠が岳、水晶岳、穂高岳、槍ヶ岳。
  • 室堂展望台より、槍穂高ズーム。
  • 同じく、薬師岳。
  • 同じく、笠が岳。
  • 同じく黒部五郎岳。
  • 水晶岳。
  • 野口五郎岳、右 赤茶けた赤牛岳。
  • 赤牛岳、左は野口五郎岳。
  • 立山カルデラ、五色ヶ原、奥に左から笠が岳~黒部五郎~薬師岳。
  • 浄土山への登り途中で、右下 先程まで居た立山展望台。
  • 浄土山への途中で、雄山ズーム。
  • 浄土山より針の木岳。
  • 浄土山より見る、一ノ越から雄山への登山路。
  • 浄土山より見る竜王岳。
  • 浄土山南峰より見る雄山。
  • 竜王岳より見る、浄土岳。手前 南峰に有る 富山大学立山研究所、奥が北峰。
  • 竜王岳頂上。浄土山南峰よりすぐ。
  • 富山大学立山研究所。看板は富山大学立山施設。 青春の跡、但し 全く変わっていた。
  • 浄土山南峰。後方 富山大学立山研究所。
  • 一ノ越山荘。
  • 一ノ越近くの、紅葉したナナカマド。
  • 重要文化財 立山室堂 日本最古の山小屋。
  • みくりが池。残念 粘るも頂き現れず。
  • 宿泊の みくりが池温泉。全く変わって居た。 温泉、食事とも、Very good !!! 宿泊満員。個室は浴衣付。
  • みくりが池温泉で夜空を。
  • 同じく
  • 2日目スタート。一ノ越への途中て゛みくりが池とミドリが池を眼下に。左下 室堂山荘、池の奥 みくりが池温泉。
  • 昨日登った竜王岳を望む。右端に 富山大学立山研究所。
  • 参考 1970年 スキー板を担いで。 後方は竜王岳 ??? 忘却の彼方に。
  • 五色が原小屋が右下に見える。 薬師岳は三つのカールが有り大きい。 昔 単独行で越えたヤマ山です。
  • 一ノ越より見る、針の木岳。
  • 雄山への途中から。手前に昨日昼食の浄土山南峰 右奥に白山。
  • 雄山直下、人はマバラ。
  • 雄山頂上。神主さんは既に下山。
  • 参考 1970年の雄山頂上。
  • 雄山頂上より、社務所を望む。ここで朝食。
  • 嶺本社の雄山神社 3003m
  • 雄山 一等三角点と方位盤。後方に槍穂高。
  • 一等三角点と方位盤、山座同定に良い方位盤。
  • 方位盤。富士山と槍穂高方向。
  • 中央に富士山、右に南アルプス、左に八ヶ岳。 富士山の手前の山は、燕岳から大天井岳???
  • 右奥に 槍穂高。下に黒部湖。
  • 左 笠が岳の左奥に 微かに御嶽。右 薬師岳。
  • 中央右に槍穂高、その左奥に中央アルプス、その左は大天井~常念岳。 槍の手前は水晶岳。
  • 奥に上越のヤマ山か??? 中央奥 浅間山、手前左に双耳峰の鹿島槍。
  • 奥に高妻山、手前右 鹿島槍。左に 五竜。 五竜の奥は妙高か???
  • 富士山ズーム
  • 槍穂高ズーム
  • 浅間山ズーム
  • 八ヶ岳ズーム
  • 南アルプスズーム。中央右 北岳~間の岳、 左に甲斐駒。
  • 右に笠が岳、左奥に御嶽山、手前の平は雲ノ平。
  • 白山ズーム
  • 奥に高妻山、右 鹿島槍 左 五竜。
  • 御前沢。2012年 日本初の氷河に認定
  • 手前 室堂平。奥に 奥大日岳~大日岳。
  • 手前から真砂岳、別山、剣岳。左奥に毛勝山。
  • 左朝日岳~白馬、右へ唐松岳~五竜岳。
  • 中央 五竜岳。
  • 左 五竜岳~鹿島槍ヶ岳
  • 左 鹿島槍、中央 爺が岳、奥に 上越のヤマ山。
  • 立山最高峰 3015m大汝山へ
  • 大汝山頂上
  • 大汝山より雄山を望む。奥に 薬師岳、黒部五郎岳。
  • 大汝山休憩所。「春を背負って」2014/6月リリース映画の舞台。
  • 富士の折立 2999m ザックを置いて登頂。
  • 黒部ダムが眼下に
  • 富士の折立より、真砂岳、その奥に別山、そして剣岳。 正面の凹みは、内蔵助カール。
  • 右下に内蔵助山荘をズーム、後方は剣岳。
  • 右 白馬岳、左 旭岳。
  • 別山の稜線の奥に剣岳
  • 槍穂高、左に前穂の峰が。
  • 富士の折立から真砂岳への稜線。 右上に大走りの分岐が見える。
  • 眼下に黒部平駅と黒部湖
  • 富士の折立を振返る。標高差200mの急な下り。
  • 真砂岳への登り
  • 大走り分岐
  • 浄土山、室堂平を振返る
  • 真砂岳頂上。後方 白馬三山等の後立山のヤマ山。
  • 眼下に富山湾
  • 別山南峰の祠
  • 別山より見る剣岳は迫力満点
  • 前剣、平蔵の頭、平蔵のコル、カニのタテバイ、ヨコバエを経ての剣岳ルート。
  • 剣岳 右に八ッ峰が横たわる。
  • 別山北峰より剣岳
  • 参考 1970年代 別山にて後方 剣岳
  • 別山南峰にて、剣岳を背に。
  • 右下に剣山荘。
  • ガスが出て来た剣岳
  • 別山北峰~南峰のなだらかな稜線。後方 南峰の祠。
  • 別山 硯ヶ池。水が無し。
  • 剣山荘より、一服剣への縦走路ズーム
  • 左中央に、宿泊の剣御前小屋。剣沢への道が剣御前の下を横切る。
  • 剣御前小屋に到着
  • 剣御前小屋の夕食。宿泊者は明日が台風通過で5名。
  • 別山乗越より、富山平野の夜景
  • 同じく。
  • 大日岳越しに、富山平野の夜景
  • 第3日目の朝。台風の影響で強風。剣御前小屋前より剣岳。
  • 雷鳥坂の途中より見る、噴煙を上げる地獄谷
  • 雷鳥平キャンプ場と、上に雷鳥荘
  • 浄土川に掛る橋。中央奥に雄山、右に浄土山。
  • ミドリが池と、後方 雷鳥坂
  • 血の池。火口後が池に、酸化鉄が含まれ赤い色。
  • 雷鳥荘と、背後に大日岳。
  • 中央のおわんの様なくぼみ、天然記念物 山崎カール。
  • 立山開山伝説の玉殿岩屋。板状の岩盤が発達して出来たとか。
  • 車中より見る称名滝。中央右に微かに細く見える。
  • 立山駅より称名滝へ
  • 昔、サイクリングで行ったよナ。
  • その時は、滝壺のすぐ近くまで行けたよナ。
  • 青春の跡、 大学。全く変わって居た。
  • 青春の跡、学寮。40数年外観変わらず、但し耐震補強がされている。
  • 青春の跡。一応、市のシンボル。
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ゆうたんさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ゆうたん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2021年1月21日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...