登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
近畿最高峰 八経ヶ岳を目指す 大峰山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

ヤス さん

この登山記録の行程

行者環トンネル西口の弥山登山口(6:28) ⇒ 大峯奥駆道との合流点「出合」(7:22) ⇒ 弁天の森(7:44) ⇒ 聖宝理源大師の像がある聖宝ノ宿跡(8:09) ⇒ 弥山小屋(8:59) 、小休止 ⇒ 八経ヶ岳山頂(9:38) ⇒ 弥山(10:15) ⇒ 聖宝ノ宿跡(10:51) ⇒ 昼食休憩15分 ⇒ 出合(11:43) ⇒ 駐車場帰還(12:26)


総距離 約9.4km 累積標高差 上り:約1,079m
下り:約1,085m
大峯奥駆道を経由して、近畿最高峰を目指す:

今回は、行者環トンネル西口の弥山登山口から近畿最高峰の八経ヶ岳を目指した。途中、きつい急坂の登りが二箇所あるが、晴天に恵まれ、清々しい空気を感じながら歩くことができた。
また、世界遺産 大峯奥駆道の一部を歩いて、修験道の雰囲気を少しだけ感じることもできた。

【駐車場】
行者環トンネル西口の駐車場は3ヶ所ほどに拡張されて、合計50台以上が駐車出来るようになっていた。午前6時半頃に到着した時には前泊の車を含め既に約30台が駐車していた。
係員の人に料金1000円を払って領収書をもらい、それを車のダッシュボードの上にかざす。

【登山道の状況•印象など】
登山口から弥山、八経ヶ岳までのルートの各所に現在地名と進行方向の表示標識が分かり易く設置されており、また登山者が多かったので、道迷いするリスクは小さく安心して歩けた。
登山口の少し先から大峯奥駆道との合流点「出合」までの急坂50分と、聖宝ノ宿跡から弥山小屋までの急坂約60分がキツかったが、出合から聖宝ノ宿跡までの1時間弱の尾根歩きは標高差も小さく気分が良かった。

聖宝ノ宿跡の少し手前から、左手に弥山山頂と弥山小屋が見えてくるが、目指す八経ヶ岳は弥山山頂に立って初めて眼前に見えた。
弥山から八経ヶ岳までの往復はオオヤマレンゲの群落に囲まれた緩い登りとなっていて、白い花でいっぱいになる時期に来たら、さぞかし綺麗だろうと思わせる雰囲気であった。

復路は、往路をそのまま戻ったが、出合から登山口近くまで小石混じりの急坂の下りが約40分続き、ずいぶん長い時間に感じられた。

【花と緑など】
ミツバツツジのピンク色の花を登山口近くで見掛けたが、シャクナゲとオオヤマレンゲなどが咲き始めるのはまだ先のようだ。木々の新緑が山を覆う前でもあり、良く晴れたこの日は、木々の枝の間から差し込む日差しが強かったものの、葉が繁っていない分、シジュウカラなど数種の野鳥の姿を直接目にすることができた。
また、尾根道にはバイケイソウがたくさん顔を出しており、周囲の緑がまだ少ない分、一人目立っていた。

登山中の画像
登山画像
国道309号線の行者還トンネル西口に登山口の看板…
登山画像
歩き始めは、新緑が始まった沢沿いを進む
登山画像
ミツバツツジが咲き始めていた
登山画像
長い急坂を登り切って大峯奥駈道に合流
登山画像
尾根道の奥駈道を進む
登山画像
弁天の森
登山画像
弁天の森を過ぎると左手に弥山山頂がよく見える
登山画像
聖宝ノ宿跡の聖宝理源大師像。触ると雨が降り出…
登山画像
弥山山頂部に到着
登山画像
弥山神社の前から八経ヶ岳が眼前に見える
登山画像
近畿最高峰の八経ヶ岳山頂
登山画像
八経ヶ岳山頂からも弥山山頂がよく見える
登山画像
駐車場に帰還。 駐車場はトンネルを下った所に…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、ライター
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ヤスさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤス さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年6月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!