登山記録詳細

雪山登山
参考になった 7
東天狗岳(唐沢鉱泉からの往復) 東天狗岳(八ヶ岳周辺)
img

記録したユーザー

中村 さん
  • 日程

    2013年12月14日(土)

  • パーティ

    2人 (中村 さん 、R.Nakamura さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:中央道 小淵沢IC経由、唐沢鉱泉へ。
    「三井の森」の先の、桜平・夏沢鉱泉方向との分岐(唐沢鉱泉まで約3kmの地点)でチェーンを装着(その手前もスタッドレス必須)。

  • 天候

    雲り(上部は強風とガス)

この登山記録の行程

唐沢鉱泉 8:40 - 10:55 黒百合平 - 13:03 東天狗岳 - 14:10 黒百合平 - 15:45 唐沢鉱泉
(登り 4:20、下り 2:40)


総距離 約10.0km 累積標高差 上り:約958m
下り:約958m
 唐沢鉱泉から黒百合平・中山峠経由で、東天狗岳に登ってきました。
 3年間と2年前にも同時期に登っていて、3年前は多量の積雪と厳しい寒さのため黒百合平までで引き返したものの、2年前はその前年よりはかなり積雪が少なく天候もまずまずだったため、山頂に立つことができました。
 今回はその2年前に比べても積雪は少なめで、黒百合平までは予定より楽に着くことかできました。ところがその先、中山峠から少し先の樹林が低くなった辺りからは強い冬型の気圧配置による非常に冷たい強風に見舞われ、耐風姿勢を強いられたりよろめいたりするほどではなかったものの、ゴーグルと目出し帽なしには顔が痛くなるような気象条件で一時は進むのを断念しようかと思ったほどでした。しかし、眺望はおろか視界も数十m程度ではあったものの、積雪は多くなく、ロープ等の道標やトレースも比較的明瞭だったこともあり、なんとか山頂を踏むことができました。
 ちなみにこの日は、唐沢鉱泉・黒百合平間は6本爪アイゼンとストック、その先は10~12本爪アイゼンとピッケルで歩きました。

登山中の画像
  • 6:00
  • 7:59 唐沢鉱泉手前約3kmの夏沢鉱泉方向との分岐でチェーン装着   
  • 8:43 唐沢鉱泉1870m 出発 (軽アイゼンまたは簡易チェーンを装着)
  • 8:43 唐沢鉱泉1870m 前より
  • 10:05 渋ノ湯分岐2190m
  • 10:05 渋ノ湯分岐2190m 渋ノ湯からも同程度のトレースあり
  • 10:18 渋ノ湯分岐2190m→黒百合平2400m
  • 10:54 黒百合平2400m  
  • 10:55 黒百合平2400m ここまではこの簡易スパイク。 ここからは10本爪アイゼン。 
  • 11:13 黒百合平2400m マイナス12度 
  • 11:17 黒百合平2400m テント場(この後、続々到着)
  • 11:51 黒百合平2400m→東天狗岳 2640m 顔が凍りそう・・・。 
  • 12:41 黒百合平2400m→東天狗岳 2640m  
  • 12:42 黒百合平2400m→東天狗岳 2640m
  • 12:47 黒百合平2400m→東天狗岳 2640m
  • 12:58 黒百合平2400m→東天狗岳 2640m
  • 13:02 東天狗岳 2640m (唐沢鉱泉 1870mから、4:20)
  • 13:03 東天狗岳 2640m (唐沢鉱泉 1870mから、4:20)
  • 13:06 東天狗岳 2640m→黒百合平2400m
  • 13:36 東天狗岳 2640m→黒百合平2400m  
  • 13:36 東天狗岳 2640m→黒百合平2400m
  • 15:00
  • 15:32 黒百合平2400m→唐沢鉱泉 1870m  
  • 15:47 唐沢鉱泉 1870mより 黒百合平方向
  • 12月15日(日) 9:42 唐沢鉱泉前
この山行での装備
長袖シャツ、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、燃料、ライター、カップ、コッヘル、アウタージャケット、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン、ピッケル、ゴーグル、ザイル、ロープ、環付きカラビナ、スリング(シュリンゲ)
参考になった 7

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

中村さんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 高見石小屋 ~八ヶ岳・白駒池
    高見石小屋
    マイカーは4WD車+スタッドレスタイヤ必須。これからの季節は登山道の凍結にもご注意ください
    21年03月05日(金)
    赤岳鉱泉~八ヶ岳・赤岳
    赤岳鉱泉
    まだまだ厳冬期の気候です。 気温差や雪質の変化など、難しい時期であることを認識してください
    21年03月04日(木)
  • 黒百合ヒュッテ~天狗岳
    黒百合ヒュッテ
    渋ノ湯〜小屋間の登山道はトレースあり。まだまだ寒さと雪に備えた装備が必要です
    21年03月04日(木)
    北横岳ヒュッテ~北八ヶ岳
    北横岳ヒュッテ
    ヒュッテ付近の積雪は130cm程度で、吹き溜まりは200cm以上。南寄りの斜面は雪解けが進み、北寄りの斜面では雪が増加しています
    21年02月25日(木)

中村 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 7

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年3月9日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】
軽量の燃焼装備でコーヒーとラーメンを【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月はエスビット「ポケットストーブ・ミディアムWS」を三瓶山で。その実力は?
NEW 決定! 紅葉写真コンテスト2020
決定! 紅葉写真コンテスト2020 紅葉写真コンテスト結果発表! みなさんが美しい秋の山で感じた風景をご堪能ください。
山と溪谷社90周年記念シェラカップ
山と溪谷社90周年記念シェラカップ 山と溪谷社は創業90周年を迎えました。オリジナルシェラカップを作成しましたので、数量限定で販売いたします。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
梅の香りの漂う早春の山への誘い
梅の香りの漂う早春の山への誘い 寒空にほんのりと漂う梅の花の香りは、五感で春を感じさせてくれる。今こそ梅の香りの漂う山へ――
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
「意識」することで山での膝痛を予防しよう
「意識」することで山での膝痛を予防しよう 登山での膝痛は登山前や登山中の「意識」によっても、予防することができるという。そのカギとなる「登山の基本」を確認していく
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み
田中陽希さんの3百名山の旅を一気読み 2018年1月から「日本3百名山ひと筆書き」に挑戦中の田中陽希さん。掲載してきた旅先インタビューをまとめました
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
山岳防災気象予報士が教える山の天気
山岳防災気象予報士が教える山の天気 気象遭難を避けるためには、天気についてある程度の知識と理解は持ちたいもの。登山が知っておくべき、山と天気の関係を解説。