登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
息子と丹沢主脈縦走(1泊2日) 焼山、黍殻山、姫次、蛭ヶ岳、丹沢山、塔ノ岳、鍋割山(関東)
img

記録したユーザー

サワガニ さん
  • 日程

    2015年5月30日(土)~2015年5月31日(日)

  • 利用した登山口

    焼山登山口   大倉  

  • パーティ

    2人 (サワガニ さん 、息子(9歳) さん)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:行き:某駅→(電車)→橋本駅→(神奈中バス)→三ヶ木→(津久井神奈交バス)→焼山登山口7:12着
    帰り:大倉→(神奈中バス)→渋沢駅→(小田急線)→町田駅→(電車)→某駅

  • 天候

    曇り時々晴れ
    [2015年05月30日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【1日目】
焼山登山口(07:26)・・・焼山(09:38)・・・平丸分岐・・・大平分岐・・・黍殻山避難小屋・・・八丁坂ノ頭・・・姫次(12:35)・・・地蔵平・・・蛭ヶ岳(14:50)・・・棚沢ノ頭・・・丹沢山(17:15)

【2日目】
丹沢山(05:10)・・・塔ノ岳(06:18)・・・金冷シ・・・二俣分岐・・・鍋割山(08:00)・・・後沢乗越・・・二俣・・・大倉(11:17)

総距離 約27.6km 累積標高差 上り:約2,873m
下り:約2,879m
コースタイム 標準:13時間45分
自己:13時間6分
コースタイム倍率 0.95
息子(9歳)と昨年夏の富士山、南アルプス(北岳、間ノ岳)以来の久しぶりの登山。
コースは丹沢の縦走路のなかでは比較的危険個所の少なそうな丹沢主脈縦走(焼山登山口→大倉)としました。蛭ヶ岳山荘は2年前に宿泊したことがあるので、今回は食事が美味しいと評判のみやま山荘での1泊をチョイス。
<1日目>
焼山登山口から登り出して1時間ほどした頃、息子がヒルに吸われていることが発覚。初めての経験だったため、息子ともどもしばらくショックで落ち込みました。また出血が1時間程度止まらなかったため、少々焦りました。そうこうするうちに焼山山頂に到着。展望台からの眺めが素晴らしく、鋭気が復活。黍殻山は景色が無くつまらない山頂。その先の水場は登山道から2分程度ですが、アプローチが少々滑りやすいので要注意。空になったペットボトルに0.5リットル汲む。姫次では富士山がどどーんと見える予定でしたが、残念ながら我々到着30分前頃から雲で隠れてしまったとか。残念。ここで昼食の棒ラーメン&お湯を入れるだけのパスタ。袖平山も寄りたかったが今後の時間行程を考えて断念。蛭ヶ岳の登りはきつくて長かった。山頂到着時は息子ともども少しバテテました。蛭ヶ岳山荘泊ならこれで終了なのにーと少々後悔。軽食を摂ってから気を取り直し、再出発。途中で不動ノ峰の水場に息子ともども立ち寄り、空のペットボトルに1.5リットルを汲む。枯れることもあるようですが、この日は結構水量豊富でした。17時過ぎにやっとみやま山荘に到着。すぐに購入した冷えた缶ビール2本を一気に飲み干しました。期待どおり夕食は美味しかったです。持参したウイスキーで作った水割りもいとうまし。ただし、室内が異常に暑く、周囲の皆さん含め、あまり寝ることが出来ませんでした。隣の方は夜中0時頃以降、布団で寝るのを断念し、涼しい玄関付近にいたようです。また就寝後に地震があり山荘も結構揺れました。私は会社とのやり取りが大変でした。
<2日目>
4時過ぎ起床。早朝の景色を眺めつつ、ミルクティーを沸して飲んだ後に5時過ぎ出発。気持ちの良い稜線を塔ノ岳まで歩き、そのまま鍋割山に向かうも、大丸の登りがきつく、息子とぶーぶー言いながら何とか大丸をパス。その後も小ピークをいくつか越え、疲れが出た頃、8時に鍋割山に到着。山頂には誰もおらず少々驚く。朝食を摂り、下山開始。後沢乗越を過ぎた後、沢に合流したところで小休止。しばらくサワガニ取りで遊ぶ(とても小さいサワガニが取れました)。以降はひたすら林道歩き。嫌になるくらい歩いた後、やっとこさ大倉に到着。ビール、酎ハイを飲みながら電車でほろ酔い帰宅。マイカーアクセスが多い私にとって、公共交通利用はこれが最大のメリット!!
(参考)水分持参&補給・購入
今回は3.5リットル(水1.5、オレンジジュース1.5、ポカリ0.5)を持参。途中2か所の水場で合計2リットルを補給。みやま山荘では1.5リットル購入(水0.5、ジュース1.0)。結局、水場で補給した水のうち1.0リットルは使いませんでした。

この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

サワガニさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

サワガニ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年1月18日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?