登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
雪の八幡平 後生掛温泉のオンドル個室で極楽~♪ 八幡平(東北)
img

記録したユーザー

dari88 さん
  • 日程

    2011年10月3日(月)~2011年10月4日(火)

  • パーティ

    2人 (dari88 さん 、家内 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:・東北自動車道松尾八幡平ICから県道45経由アスピーテライン、又は、鹿角八幡平ICから国道341経由アスピーテライン。
    ・大深温泉BSは広い展望台になっており、相当数の駐車が可能。

  • 天候

    10月3日 曇り時々小雨 10月4日 曇り、朝だけ晴れ 後生掛温泉の最低気温は5℃くらい、八幡平山頂の気温は3℃くらいでした。

この登山記録の行程

<初日の散歩>
後生掛温泉~大沼散策 14:35- 1時間30分

<二日目朝の散歩>
後生掛自然研究路散策 6:40- 1時間

<八幡平登山>
大深温泉BS展望台8:35-(2:25)-
11:00八幡平山頂11:05-(0:15)-
11:20避難小屋(陵雲荘)11:45-(2:05)-
13:50大深温泉BS展望台  合計(4:45)


総距離 約17.6km 累積標高差 上り:約958m
下り:約787m
・大深温泉BSにきれいな公衆トイレがあります。
・八幡平八幡沼畔にある避難小屋(陵雲荘)の中にトイレがあります。
・コースはよく整備されておリ、特に危険な所はありませんでした。
・後生掛温泉のオンドル個室は二人で5810円でした。
・日本百名山「八幡平」
・ルート図には GPS 747A+ のログ(高度は標高に変換済)をアップロードしています。



 前回7月に八幡平を訪れた時は雨のお散歩程度だったので、今回は多少は登山らしくするプランを計画しました。
 八幡平頂上BS付近の駐車場に車を置いて、初日に後生掛温泉まで蒸ノ湯(大深)コースを下り、翌日大沼経由で長沼コースを登るというプランです。
 後生掛温泉にはオンドル部屋が有るということで興味津々、オンドル個室を予約していざ出発です。
 ところが、東北自動車道松尾八幡平ICを降りてアスピーテラインにさしかかると何と雪のため終日通行止めとのこと、絶句。
 後生掛温泉に行く方法を尋ねると、鹿角から回り込めば行ける由。もう一度高速に乗って鹿角八幡平ICで降りて国道341経由で後生掛温泉に向いました。
 アスピーテラインは大深温泉から先がやはり通行止めということで、お散歩と温泉三昧くらいしかすることがありません。
 以降は行き当たりばったりの行動となりました。

<初日>
 後生掛温泉には11時30分には着いちゃいまいしたが、部屋の準備は出来ているということで案内してくれました。
 オンドル個室は四畳半くらいの部屋でした。入ってみるとめちゃくちゃ暖かい。部屋の温度は窓の開閉で調節するしかありません。
 床の上に温度計を置いておいたら、何と42℃でした。ござ風の敷物をめくってみると下は砂ですね。ここに高温の蒸気が通っているようです。
 我々はテント抜きのテン泊装備で来ましたから、テント用マットを敷いて横になります。マット無しだと低温やけどしそうです。
 いや~、極楽ですな~。
 暇なので、何はともあれ温泉へ。
 これまた、いや~、極楽ですな~。
 こうなると、登山なんかどうでもよくなります。
 この後はちょっと大沼まで散歩して、ウイスキーを一杯やってまた温泉。鍋を食ってまた温泉。ぐっすり眠って3時に起きてまた温泉。朝食前にまた温泉。
 ・・・てな具合です。

<二日目の朝>
 天気も良いし、山から日が登った頃合いに後生掛自然研究路を散策してきました。
 ここは素晴らしい散策路です。あちこちから立ち昇る温泉の蒸気に朝日が差してとても印象的。
 紅葉の赤や黄色が混じってまるで箱庭のような光景を見ることができます。

<八幡平登山>
 フロントで会計をしてアスピーテラインは予定通り8時30分開通かと聞くと、何と午前中は通行止めと言う。
 Σ(゜Д゜;エーッ! ってなもんで、またまた予定変更。
 こうなったら大深温泉から最短コースで山頂までピストンするしかない!
 急いで大深温泉BSに向い、車を駐車スペースに置いて登山準備をし、登山道に取り掛かりました。
 山頂には雪が残ってるんだろうか? なんて思っていたら大間違い。登るにつれて雪が増えていきます。
 山頂が近づくとガスも出てきて、そこはもう冬の世界です。気温は3℃程度。
 10月初旬なのに早くも雪山登山になってしまいました。
 当初の計画は紅葉見物だったんですけどね・・・(^^;;;


 長くなるのでこの辺で総括です。
 今回は何と言っても後生掛温泉湯治部のオンドル部屋を体験できたのが良かったです。
 秋田の人は昔からこんな極楽を楽しんでいたんですね~。
 次回は一週間位逗留してみたいものです。

登山中の画像
登山画像
後生掛温泉
登山画像
湯治部入口
登山画像
湯治部フロント
登山画像
オンドル個室 四畳半くらいです。テントと比べる…
登山画像
廊下
登山画像
自炊場の様子
登山画像
手前の一階左から二番目が我々の部屋 眼の前から…
登山画像
<大沼へお散歩>紅葉が綺麗
登山画像
ビジターセンター 八幡平の写真やら展示が楽し…
登山画像
大沼自然探勝路
登山画像
大沼 草紅葉が美しい
登山画像
紅葉が綺麗
登山画像
ここは熊の生息地です! ゲッ、熊鈴持って来なか…
登山画像
紅葉の島
登山画像
大沼の情景
登山画像
草紅葉
登山画像
<朝のお散歩>
登山画像
後生掛の言われ
登山画像
泥火山と言うそうです
登山画像
大湯沼
登山画像
まるで箱庭のような景色
登山画像
後ろの山が八幡平
登山画像
<八幡平登山>登山口は大深温泉BSからアス…
登山画像
登るにつれて雪が多くなる
登山画像
田代沼
登山画像
頂上駐車場方面との分岐
登山画像
八幡平山頂
登山画像
避難小屋に向います
登山画像
八幡沼
登山画像
避難小屋
登山画像
避難小屋の内部
登山画像
登山口に戻ってきました 色のない世界から、一…
登山画像
大深温泉BSの展望台の様子
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

dari88 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2020年11月29日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO
雪・岩・滑走に 最強のGORE-TEX PRO 耐久性が高い防水透湿素材「GORE-TEX PRO」がさらに進化。環境負荷の軽減も。各ブランドの採用アイテムをチェック!
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW マックパックのウェカ50をテント泊山行で
マックパックのウェカ50をテント泊山行で 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はマックパック「ウェカ」。新登場の50リットルモデルを、テント泊山行でテスト...
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ
登山+紅葉+寺社仏閣で心落ち着く秋を愉しむ 日本の山には、山岳仏教の修験の場として栄えた場所が数多い。参道沿いやの艶やかな紅葉は、繊細で心が落ち着くような美しさがあ...