登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
甲斐駒ヶ岳 お気に入りのテン場に二泊して秋の山を楽しむの巻♪ 甲斐駒ヶ岳(南アルプス)
img

記録したユーザー

dari88 さん
  • 日程

    2011年10月7日(金)~2011年10月9日(日)

  • パーティ

    2人 (dari88 さん 、家内 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:・中央自動車道伊那IC~国道361・152号経由で仙流荘を目指します。
     仙流荘~北沢峠は南アルプス林道バスで1時間弱、1100円+200円。
     南アルプス林道バスの無料駐車場を利用します。
    ・7日の駐車場は空いていましたが、9日には広大な第二駐車場まで埋まっていました。
    ・人出が多い場合には臨時バスがバンバン出るようです。9日には6時30分頃にテン場に着く人が居ましたので、5時過ぎには臨時バスが出ていた模様です。

  • 天候

    10月7日 晴れ 10月8日 晴れ、但し11:30頃には甲斐駒山頂は雲の中となった 10月9日 晴れ テン場の最低気温は -1℃ くらいでした。

この登山記録の行程

北沢駒仙小屋テン場(1985m)4:55-(1:10)-
6:05仙水峠(2264m)6:15-(1:35)-
7:50駒津峰(2740m)8:00-直登コース(1:30)-
9:30甲斐駒ヶ岳(2967m)10:10-巻き道コース(1:20)-
11:30駒津峰(2740m)11:35-(0:35)-
12:10双児山(2649m)12:15-(1:15)-
13:30北沢峠(2032m)  合計(7:25)


総距離 約8.7km 累積標高差 上り:約1,575m
下り:約1,527m
・北沢峠と北沢駒仙小屋にトイレがあります。
・甲斐駒へのコース上にはトイレがありません。尚、仙水小屋のトイレは利用できません。
・コースはよく整備されておリ、特に危険な所はありません。
 が、駒津峰から先六方石からの直登コースは岩登りが続きますので、自信のない方は巻き道コースで行きましょう。
・駒仙小屋のテン場は1人1泊500円でした。
・日本百名山「甲斐駒ヶ岳」
・ルート図には GPS 747A+ のログ(高度は標高に変換済)をアップロードしています。



 今回は9月に訪れた時にやり残した宿題をやっつけに北沢峠に行って来ました。
 通常は二泊もすれば仙丈と甲斐駒に登るパターンですが、千丈は前回登っているので今回は甲斐駒だけです。
 お気に入りのテン場に二泊して、二人で静かに宴会モード。秋の山中を楽しみます。
 三連休は混むのが見えているので一日早く出発。8日はヘッデンを点けて5時にスタートしました。おかげで人波が押し寄せる前の甲斐駒登山を楽しむことが出来ました。

<駒仙小屋~仙水峠~駒津峰~甲斐駒>
 早い人は3時頃からスタートしています。ルートははっきりしているので、ヘッデンでも問題ないと思いますが、仙水峠手前のガレ場付近はルートファインディングが少し厳しいかと思われました。
 我々は仙水小屋付近でだいぶ明るくなったので特に問題なしです。
 甲斐駒の直登コースは面白いです。岩登りをタップリと楽しめます。

<甲斐駒~駒津峰~双児山~北沢峠>
 下山開始する頃には続々と人が登ってきます。直登コースを下るのはいやらしいので、巻き道コースを下りました。
 ツアーやら何やらが行列を成して登ってきます。狭い所の順番待ちでちょっと時間を食いました。
 駒津峰からは双児山経由のコースを下りましたが、こちらを登ってくる人は殆んどいませんでした。仙水峠経由の方が人気なんでしょうか。
 双児山から先の下りはつづら折れの道が続き、何だか遠く感じました。

<その他>
 登山中は行動食だけにしていたので、北沢峠に降りてから長衛荘(レストラン長衛荘とか言うらしい)で長衛荘ラーメンを食べてみました。私にはまーねって感じでした。
 テン場に帰ってみてビックリ。上の段も下の段もテントがビッシリです。やはり三連休の威力って凄いですね・・・(^^;;;


 総括です。
 甲斐駒登山はとても面白いと感じました。直登コースの岩登りがちょっとスリルがあっていいです。
 今年の高山の紅葉は今二くらいの感じですが、秋の山中でマッタリ気分を堪能することができました。

登山中の画像
登山画像
南アルプス林道バスの第一駐車場
登山画像
第二駐車場はガラガラ
登山画像
バス発着所
登山画像
仙流荘
登山画像
鋸岳 運転手さんの説明では先っちょに針の穴が…
登山画像
甲斐駒ヶ岳、右へ駒津峰、双児山
登山画像
北沢峠に着きました
登山画像
北沢駒仙小屋
登山画像
テン場上段 この日は空いていました。
登山画像
下段 テント一張り。
登山画像
長衛荘
登山画像
レストラン長衛荘のメニュー
登山画像
<二日目:甲斐駒登山>仙水小屋
登山画像
仙水峠付近から仙丈ヶ岳
登山画像
朝日を浴びる摩利支天、奥に甲斐駒
登山画像
仙水峠の分岐
登山画像
仙丈を横に見ながら登ります
登山画像
北岳も勇姿を見せます
登山画像
駒津峰の分岐
登山画像
槍穂が確認できます
登山画像
中央アルプス
登山画像
北岳がかっこいい
登山画像
鳳凰三山方面、富士山も
登山画像
この先、直登コースの岩登りが楽しい
登山画像
山頂の駒ヶ岳神社奥社
登山画像
八ヶ岳方面 八ヶ岳はまだ登っていない・・・行…
登山画像
鳳凰三山のはるか向こう富士山
登山画像
北岳方面 左から北岳、間ノ岳、悪沢岳、赤石岳…
登山画像
仙丈ヶ岳
登山画像
北アルプス方面 ちょっと見通しが悪くなってき…
登山画像
こっちが名高い黒戸尾根方面
登山画像
振り返って駒ヶ岳
登山画像
北沢峠に着きました このあとレストラン長衛荘…
登山画像
テン場に戻ってみると、テントが一杯でビックリ…
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

関連する現地最新情報

  • 甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    甲斐駒ヶ岳 七丈小屋
    八合目手前から残雪が現れ氷化箇所もありチェーンスパイクなどが必要です。下りは特に注意
    20年11月27日(金)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

dari88 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年12月1日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー
モニター特派員募集中!秋田県森吉山でスノーシュー スノーシュートレッキングで森吉山の樹氷を鑑賞し、マタギの文化に触れる山旅へ。モニター特派員2名を募集中。
NEW 六甲山トレッキング入門ツアー第2弾
六甲山トレッキング入門ツアー第2弾 六甲山の魅力と、登山の楽しさや技術を学ぶ、神戸在住・在勤・在学者限定のトレッキング入門ツアー第2弾を12月20日に開催。...
NEW 冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ
冬の岩稜で実感! 行動保温着の快適さ 冬のバリエーションで真価を発揮したfinetrack「ポリゴンアクト」。フィールドテストしたヨシキ&P2の吉野さんに聞い...
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】
新ブランドのフード無し寝袋を試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は「パヤック」の、フードがないタイプのシュラフ。果たしてその実力は?
NEW 今年、長野県の山に登った方へのアンケート
今年、長野県の山に登った方へのアンケート 長野県では、7~10月に長野県内で登山をした方を対象に、登山計画書についてのアンケートを行っています。ご協力をお願いしま...
NEW 秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス
秋冬クロージング PICK UP!ザ・ノース・フェイス ミッドにもシェルにもなる通気性に優れた中綿入りジャケット「FL ベントリックス ジャケット」を紹介!
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング
初心者、ファミリーにもおすすめ。首都圏日帰りハイキング 駅やバス停起点でアクセスしやすい、初心者におすすめの日帰りコース7選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!