登山記録詳細

ハイキング
参考になった 0
尾瀬ヶ原 見晴でキャンプして早朝の尾瀬を満喫する 尾瀬ヶ原(関東)
img

記録したユーザー

dari88 さん
  • 日程

    2013年6月8日(土)~2013年6月9日(日)

  • パーティ

    2人 (dari88 さん 、家内 さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:・我々は那須塩原経由で御池へ。
    ・御池の駐車場は一回1000円です。

  • 天候

    6月8日: 曇り 6月9日: 早朝は霧の中、のち快晴 明け方の気温は5℃くらい

この登山記録の行程

御池の駐車場8:35-(0:40)-
9:15上田代の休憩所9:30-(1:00)-
10:30裏燧橋10:35-(0:40)-
11:15三条の滝分岐11:25-(0:45)-
12:10温泉小屋休憩所12:30-(0:40)-
13:10見晴のテン場
午後の散歩 14:35-16:20
早朝の散歩 3:30-7:50
見晴のテン場8:10-(4:00)-
12:10御池の駐車場  合計(7:45)


総距離 約32.7km 累積標高差 上り:約815m
下り:約815m
・御池の駐車場に公衆トイレがあります。
 次は温泉小屋に公衆トイレがあります。
・道迷いの心配はありません。特に危険な所もありません。
・見晴のテン場は一人800円です。受付は燧小屋です。
・ルート図には GPS 747A+ のログ(高度は標高に変換済)をアップロードしています。



 尾瀬にはもう何回も行っていますが、水芭蕉の季節には行ったことがありませんでした。見晴のキャンプ場が再開しているので、今回はキャンプ&ハイキングです。
 尾瀬ヶ原を散策する狙い目の時間帯は皆さんが山小屋で食事を楽しんでいる夕方とか早朝です。広い尾瀬ヶ原を貸切気分で楽しむことができます。キャンプは時間制約がないので、尾瀬散策には最適だと思います。

<御池~見晴>
 燧ヶ岳に登ってから見晴に下る手もあるのですが、5月に登ったばかりなので今回はパスしました。
 裏燧林道を行きますが、最初の御池田代には水芭蕉がたくさん咲いていました。途中いくつも田代を通過しますが、今の時期目立つのはやはり水芭蕉ですね。
 田代が終わると新緑のブナ林コースになります。たっぷりとブナの森林浴を楽しんだら温泉小屋の休憩所に着きます。
 途中見たことのない花が咲いていたので写真を撮っておいたのですが、あとで希少種のトガクシショウマであることが判明しました。幻の花だとか・・・ラッキー。

<見晴でキャンプ>
 燧小屋で受付をしてテントを設営します。水芭蕉シーズンだからでしょうか、結構な数のテントが張られていました。因みに尾瀬沼のテン場は予約で満杯だということでした。
 早着して時間を持て余すので、ちょっとお散歩してから夕食です。我々はしゃぶしゃぶです。
 この時、お隣のおじさんとちょっとお話していたらトガクシショウマの話になって、写真を確認してもらったらこれです! ということになって驚きました。希少種なのでネットで調べてもなかなか場所が分からないということなんですが、裏燧林道を歩いてくればいやでも目に入ってきます。結構多くの人が見ていると思います。

<尾瀬ヶ原の散策>
 3:30にヘッデンを点けて出発です。お散歩のためにこの時間から行動する人は少ないと思います。テン場では星が出ていたので快晴かと思いきや、尾瀬ヶ原には霧が立ち込めていました。
 竜宮十字路のベンチでコーヒーを淹れて軽く朝食です。だんだん夜が明けてきて霧の尾瀬ヶ原は何だか幻想的な雰囲気です。
 有名な水芭蕉のスポットに来てみると、既に5、6人の方がカメラを構えていました。5:10に燧ヶ岳から朝日が昇りましたが、霧のため至仏山は見えません。適当に水芭蕉の写真を撮って我々は先に進みます。
 こののち牛首の分岐を経てヨッピ橋まで尾瀬ヶ原は貸切状態でした。

<帰路>
 いつものパターンですが、檜枝岐の燧の湯に浸かってから裁ち蕎麦を食べて帰りました。


総括です。
 いや~、やはり行ってみるものですね。何度行っても尾瀬は期待を裏切りません。

登山中の画像
登山画像
御池の駐車場の様子(8:30頃)
登山画像
リュウキンカ
登山画像
御池田代
登山画像
ノメリ田代
登山画像
上田代
登山画像
上田代のベンチで休憩
登山画像
イワナシ
登山画像
横田代
登山画像
西田代
登山画像
ミツバツツジ
登山画像
裏燧橋にて
登山画像
ブナの森林浴コース
登山画像
タムシバ
登山画像
トガクシショウマ
登山画像
温泉小屋の休憩所
登山画像
リュウキンカ
登山画像
タテヤマリンドウはあまり開いていない
登山画像
オー、至仏山
登山画像
そして、燧ヶ岳
登山画像
見晴の弥四郎小屋
登山画像
燧小屋でテン場の受付
登山画像
テン場の様子
登山画像
ここから午後のお散歩
登山画像
竜宮方面に向かう
登山画像
竜宮十字路付近にて
登山画像
チングルマも咲いていた
登山画像
富士見峠方面に少し入った所
登山画像
この辺りは水芭蕉が沢山
登山画像
木道が新しくなっている
登山画像
ヒメシャクナゲはまだ蕾
登山画像
燧ヶ岳、ひと月前には雪山だったんだけどな・・…
登山画像
ここから早朝のお散歩
登山画像
竜宮十字路付近にて
登山画像
エメラルドグリーンだな
登山画像
ミツガシワ
登山画像
竜宮現象入り口付近
登山画像
竜宮現象出口付近
登山画像
いい色合いだな
登山画像
有名な水芭蕉の撮影スポットにて
登山画像
5:10 燧ヶ岳から朝日が昇る
登山画像
が、霧で至仏山は見えない
登山画像
先に進みます
登山画像
白い虹
登山画像
牛首の分岐付近
登山画像
先に進みます
登山画像
ここの池塘が好きです
登山画像
ヨッピ橋まで来ました
登山画像
霧が晴れてきました
登山画像
逆さ至仏
登山画像
テン場に戻ります
登山画像
さて、帰ります
登山画像
名残惜しい至仏山
登山画像
今日はタテヤマリンドウも咲いています
登山画像
再びトガクシショウマ
登山画像
再びブナの森林浴
登山画像
オオカメノキ
登山画像
カエデも輝いている
登山画像
裏燧橋から平ヶ岳を望む
登山画像
平ヶ岳にはまだ登っていない・・・
登山画像
上田代から平ヶ岳を望む
登山画像
楽しい旅でした・・・
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

dari88 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月18日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル
冬の必携装備! チェーンスパイクの新モデル ブラックダイヤモンドから新登場の3つのチェーンスパイク。元ガイドの保科雅則さんと、12月下旬の八ヶ岳でチェックしました。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...