登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
山頂部周辺は お花畑 大山(中国・四国)
img

記録したユーザー

ヤス さん
  • 日程

    2013年8月9日(金)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:米子市内の前泊宿から車で国道181号⇒米子南IC⇒山陰道米子バイパス米子IC⇒一般道を計約30分走り、大山入口の交差点から大山寺に向かって、二車線道路を登っていく。
    この素晴らしい風景の二車線道路を走るだけで、かなりの満足感があった。

  • 天候

    晴れ時々曇り、霧
    [2013年08月09日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

夏山登山口(6:27) ⇒ 階段状の登山道を登り、5合目「元谷別れ」(7:35) ⇒ 8号目(8:23) ⇒ 花畑(8:26) ⇒ 石室との別れ道(8:33) ⇒ 花畑の中に9合目標識(8:38) ⇒ 弥山山頂(8:47)。
山頂で15分朝食休憩後(9:02) ⇒ 石室方向に迂回し、登山道分岐(9:33) ⇒ 行者別れ(10:14) ⇒ 行者谷コースを進み、元谷避難小屋近くの河原(10:39) ⇒ 行者登山口(11:02) ⇒ 駐車場帰還(11:28)

 登山コースは全体的に親切な案内板が設置してあり、安心して歩けた。

 登りは木材で土留めしたり、蛇籠で石を包んだ階段状の登山道の連続であるが、2時間強で930mを直線状に登ることになり結構きつかった。幸いにも、日差しが強くなる前の時間であり、6号目以降は霧も出て、気温がまだ低かったので助かった。

 頂上付近にはイヨフウロ、ナンゴククガイソウ、シモツケソウ等を初めとする10種以上の花が咲き揃って花畑を形成しており、素晴らしい風景に目を奪われた。ただ、頂上に到着した頃から急に頂上部が霧に覆われてしまい、日本海側の風景を見ることができなかった。霧がなければ青い空を背景に絶景を楽しむことが出来たであろうに、残念!。

 帰路は石室に周回したが、枝が伸びて木道を狭くしているダイセンキャラボクと花畑が豊富。樹林帯に入り、行者別れからは行者谷コースを選んで行者谷コース登山口まで降りたが、こちらのコースを登りに使う方が楽かもしれないと思った。登山口から、大神山神社境内、大山寺前、旅館街を見学しながら駐車場に戻った。
 

登山中の画像
登山画像
大山橋の横の無料駐車場
登山画像
駐車場から車道を約2分歩くと夏山登山口。ここか…
登山画像
登山口から1時間以上、樹林の中の同じような景色…
登山画像
登山口から1時間で五合目に到着。五合目には「山…
登山画像
登山口から2時間で八合目の標識を過ぎ、登山道脇…
登山画像
登山道脇の花が増えてきてすぐに、頂上周回木道…
登山画像
頂上台地は花がいっぱい。 ナンゴククガイソウ。
登山画像
サラシナショウマ
登山画像
登山口から2時間20分で頂上に到着した頃には、霧…
登山画像
頂上台地にはシコクフウロ(イヨフウロ)もたく…
登山画像
頂上周回コースを巡って下山する途中、頂上方向…
登山画像
往路に通った木道を下っていく。
登山画像
帰路は、「行者谷別れ」から行者登山道を使って…
登山画像
行者谷別れから約30分で元谷避難小屋近くの砂防…
登山画像
頂上から2時間半弱で行者谷登山口に到着。
登山画像
大神山神社奥宮の境内を通り、日本一長い石畳の…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、傘、タオル、防寒着、帽子、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、ライター
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ヤスさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 休暇村 奥大山~大山
    休暇村 奥大山
    少ない積雪が踏み固められ10本爪以上のアイゼンが必要。山頂避難小屋は工事のため注意
    20年01月14日(火)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤス さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴のち曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2020年1月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ!
2020年は「2020」「子(ねずみ)」「オリンピック」にまつわる山へ! 2020年、どの山に登る? 新年恒例の「今年の山」の紹介では、3つのカテゴリーで今年にまつわる山を全国からピックアップ。
NEW 雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう!
雪の浅間山と輝く樹氷を見に行こう! 浅間山の絶景が待つ黒斑山スノーシューと、歴史を感じる街歩き。冬の小諸市の魅力を堪能する山旅モニター参加者募集!
NEW スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方
スノーシューの楽しみ方、冬の山の遊び方 本格的な雪山登山は不安で二の足を踏んでいる…そんな人はスノーシューハイキングに行ってみましょう!
NEW 第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す
第70回山MONO語り。モンベルのテントを試す 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今月は快適性重視のモンベルの「ルナドーム2型」。
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析
グレゴリーの軽量バックパックを徹底分析 抜群の背負い心地と通気性を兼ね備えた「ズール」「ジェイド」。最上級のフィット感と快適性の秘密をチェック!
NEW 山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を
山梨県 一部山域の冬期登山は計画書提出を 山梨県では12月から3月までの冬期期間、八ヶ岳、南ア、富士山の一部山域で登山計画書の提出を義務化する。詳しくはこちら
カリマー 最上位モデル開発物語
カリマー 最上位モデル開発物語 カリマーから、高所や雪山のために開発した最上位モデル「ultimate series」が登場。開発物語をチェック!
NEW 冬こそおすすめの富士山周辺の山
冬こそおすすめの富士山周辺の山 澄んだ空気がいっそう景色を美しく見せてくれる冬。だから今こそ行きたい富士山一望の山々へ
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう!
冬ならではの景色、氷瀑を見に行こう! 1月~2月限定! 滝が凍りつく「氷瀑」は見られるとは限らない冬限定の景色。比較的簡単にアクセスできる氷瀑のコースをピック...
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?
冬だ! 富士山の見える山へ行こう!
冬だ! 富士山の見える山へ行こう! 日本一の山・富士山は、空気の澄んだ冬はとくに美しい。西は和歌山から北は福島まで――、富士山の見える山を目指してみては?
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表
登山中何を飲んでいますか? アンケート結果発表 登山の荷物で欠かせないものといえば飲料。水やお茶、スポーツ飲料、コーヒー、どんな飲み物を山で嗜んでいますか?