登山記録詳細

雪山登山
参考になった 3
武甲山~小持山~大持山周回 武甲山・小持山・大持山(関東)
img

記録したユーザー

中村 さん
  • 日程

    2014年1月18日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:表参道一丁目の駐車場に駐車。
    本日は駐車場まで路面凍結無し。但し駐車場はほぼ全面凍結(そのためか、敢えて手前で路上駐車する車あり。)

  • 天候

    晴れ。ほぼ無風。 気温は、出発時および山頂で約マイナス2℃。下山時、プラス3℃。 アクセス

この登山記録の行程

駐車場 7:00 - 8:35 武甲山 - 9:40 小持山 - 10:12 大持山 - 11:22 駐車場
(行動時間 4:22)


総距離 約11.0km 累積標高差 上り:約1,516m
下り:約1,514m
<WC>
駐車場にはWCなし(8km手前、国道299号沿いの「道の駅 果樹公園あしがくぼ」が便利。)
※WC情報: http://bit.ly/19BwCrR
(この時期山頂のWCは閉鎖)

<登山ポスト>
 駐車場にある案内板横

<道の状況>
 6本爪以上のアイゼンの携行が必要。
 積雪がなく地面が露出した区間や積雪があってもアイゼン無しで歩ける区間もかなりあるものの、行程のほぼ半分はアイゼンを装着した方が安全かつ楽。斜面の向きや日当たり加減等の関係で、アイゼン不要の区間と要アイゼンの区間が交互に出てくるため、本日は5・6回着脱を繰り返す。
 昨年2月中旬にこのコースを歩いた時は武甲山~大持山間で足が潜る位、大持山~妻坂峠間では一部、膝くらいの積雪だったものの、本日は積雪が少ない上、堅く締まっていて、念のため携行したわかんは出番なし。

<感想>
表参道から武甲山に登り、小持山・大持山・妻坂峠を経て登山口に戻る周回コース(昨年2月15日に歩いたのと同じコース)。
前回は結構積雪があり、一部膝位まで潜るような雪山歩きでしたが、今回は積雪は少なめで地面が露出している区間も結構あり、積雪があっても概ね堅く締まっていて、軽アイゼンを5・6回着脱しながら無雪期並みないしそれ以上のペースで歩くことが出来ました。また前回は曇りのち雪の天候で展望はほとんど得られませんでしたが、今回は好天に恵まれ、両神山や秩父の山並み、そして遠くには少し霞んではいたものの浅間山や谷川連峰を望むことが出来ました。1月中旬と2月中旬という違いがあるとはいえ、同じコースにも関わらず別のコースを歩いたような違いがあり、なかなか楽しい行程でした。

登山中の画像
  • 6:00
  • 6:41 武甲山北面
  • 6:41 武甲山北面(アップ)
  • 6:47 武甲山登山口約2km手前の標識
  • 6:58 表参道一丁目(標高516m)
  • 6:58 表参道一丁目の狛犬
  • 6:59 表参道一丁目 道路は積雪・凍結はほとんどなかったものの、駐車場は一面凍結。
  • 7:00
  • 7:22 分岐(十五丁目)
  • 7:29 氷結した水場(十八丁目)
  • 8:01 大杉(三十五丁目先)
  • 8:08 三十九丁目(1095m) ここで軽アイゼン装着
  • 8:34 五十二丁目 武甲山山頂(1304m) ※三角点は1295m(ここの東側)
  • 山頂は1304m 三角点は1295m
  • 8:38 武甲山山頂より北西方向 左奥に、両神山 1723m
  • 8:34 山頂より北西方向 秩父市街。左奥に浅間山2568m。
  • 8:34 山頂より北西方向(アップ) 左奥に浅間山2568m。
  • 8:36 山頂より北東方向
  • 8:50 武甲山1304m→シラジクボ1088m 南斜面の登山道は積雪なし(アイゼンを外す)
  • 8:52 武甲山→シラジクボ 奥に、大持山1294m・小持山1273m
  • 8:52 武甲山→シラジクボ間より 大持山1294m・小持山1273m(アップ)
  • 9:05 シラジクボ1088mより 武甲山1304m南斜面
  • 9:39 小持山1273m
  • 9:39 小持山1273mより 武甲山1304m
  • 10:01 小持山・大持山間より 西方向(右奥に両神山1723m)
  • 10:01 小持山・大持山間より 両神山1723m
  • 10:12 大持山1295m
  • 10:21 大持山1295m→妻坂峠834m 堅い雪面から、地面が露出した登山道に。
  • 10:26 大持山1295m→妻坂峠834m 再び堅い雪面。
  • 10:44 大持山1295m→妻坂峠834m
  • 11:00 妻坂峠834m→表参道一丁目516m 上部は、アイゼン必須
  • 11:20 表参道一丁目516m 凍結した駐車場を避けて敢えて路上駐車(?)
  • 11:21 表参道一丁目516m 駐車台数は約二十台
  • 12:00
  • 12:00
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、GPS機器、燃料、ライター、カップ、コッヘル、アウタージャケット、目出し帽・バラクラバ、アイゼン、ワカン
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

中村さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

中村 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち晴
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2021年1月17日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニアの新しいテクニカルフリース
パタゴニアの新しいテクニカルフリース パタゴニアのRシリーズに、寒冷下での活動に適したジグザグ織りの新モデルが登場。アンバサダー3人の使い方にも注目! 
NEW 悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート
悠久の大自然を体験 秋田白神山地レポート 小林千穂さんと、公募で選ばれた6名が秋田白神山地へ。ベテランガイドと五感で楽しんだモニターツアーをレポートします!
NEW 六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN!
六甲山に登ろう。六甲山ナビOPEN! 神戸のシンボル、六甲山。初心者向けの六甲山登山情報を掲載するWEBサイト「六甲山ナビ」が12月18日にオープン!
NEW スノーシューで 雪山を楽しもう!
スノーシューで 雪山を楽しもう! この冬は真っ白でふかふかの雪の上を歩くスノーシューハイキング! おすすめエリアや楽しみ方を紹介します。
NEW 晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】
晩秋の蒜山で最新保温ウェアを試す【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんの連載。今回は新素材を使ったノローナのアクティブインサレーションをチェック!
NEW アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】
アルプス山麓5市町村 移住者に聞く【山の麓に住む】 北アルプスの山麓、小谷・白馬・大町・松川・池田の5市町村で暮らす。5人の移住者に仕事、遊び、暮らしについて聞きました。
NEW 山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中
山で見つけた「巨岩」「奇岩」フォトコン開催中 なぜ、ここにこんな岩が? スマホの中に、そんな巨岩・奇岩の写真がありましたら、ぜひご投稿ください!
NEW 初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース
初心者から楽しめる、関西の日帰り登山コース 3~4時間で気軽に登れる、滋賀・京都・奈良・大阪・兵庫にある人気・定番コース6選
紅葉フォトコンテスト、開催中!
紅葉フォトコンテスト、開催中! 紅葉シーズンも終盤、街の街路樹の木々も色づいてきました。今は標高1000m以下の山が、紅葉の見頃です!
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。
渋滞の心配なし! 駅から歩いてらくらく登山。 日没時間が早まる時期は、アクセス時間を減らして行動時間を長くするような登山にしたい。「電車で行ける・帰れる山」で時間を短...
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。