登山記録詳細

雪山登山
参考になった 22
雪の影響はどのくらい残っているだろうか 雲取山 雲取山(深山橋-鴨沢-堂所-ブナ坂-雲取山(往復))(関東)
img

記録したユーザー

yamaocchan さん

この登山記録の行程

深山橋08:05-08:30鴨沢08:35-10:20堂所10:25-11:00七ツ石分岐11:03-11:45ブナ坂11:45-13:00小雲取山13:00-13:30雲取山山頂14:10-14:55奥多摩小屋14:55-15:25ブナ坂15:30-16:00七ツ石分岐16:02-17:35鴨沢17:35-18:00深山橋


総距離 約26.8km 累積標高差 上り:約1,982m
下り:約1,982m
七ツ石小屋の分岐からブナ坂までのトラバース道が橋の崩落で通行止めになっている、と聞いていた。
実際に行ってみると、沢をバイパスするように取り付けられていた橋が、沢に降り積もった雪に覆われて、少なくとも手摺は破壊されていた。が、たとえば白馬の大雪渓のごとく、あの中に橋が架けてあったとすると、冬の間に雪に覆われて春になると雪の重みと流れ下る雪渓と一緒に流されてしまう、そのような現象が起きていると思われた。
つまり、現時点では、橋は完全に雪渓に飲み込まれており、トレースはその雪渓の上に付けられているので、あまり恐怖感は感じないような状況になっている。
ただ、今後雪渓が縮小していく段階で雪渓の下部に穴があいたり、その結果橋が自立できないような壊れ方をしている場合には危険な場所になる可能性がある。

登山中の画像
  • JR青梅線 小作駅付近で先頭車両運転席の窓から。正面は高水山とその奥に川苔山や日向沢の峰辺りが重なっていると思われる。
  • 奥多摩駅はまだ閑散としていました。向こうに見えるのは東日原行ですが、並んでいるのは数人。もう少しすると臨時便が出るようになるはずです。
  • 深山橋で小菅行を下車。ここから鴨沢の登山口まで25分ほどです。この後の鴨沢方面に来るバスの鴨沢着は9時ごろになるので、30分くらい早く登り始めることができます。
  • 鴨沢から登り始めました。集落を抜けたあたりで対岸を見ています。雪がまだあちこちに残っています。
  • 小袖駐車場は半分はクローズ。アクセス道路が崩落しているようで通行止めですが、鴨沢西辺りから上がれるようです?
  • 登山道入り口には雪はほとんどありません。
  • 道端にスイセンの新芽が出ていました。この様子では雪が消えてからあまり時が経っていないようです。
  • 小袖集落の屋根が見える辺りで鷹ノ巣山(多分)と稜線が見えます。
  • 日影はまだ凍っています。
  • 水場付近。この辺まで道の80%くらいは融けています。
  • 堂所の先。この辺りから道の半分以上が雪に覆われている。
  • 七ツ石分岐の手前で、富士山。
  • 崩落した橋の手前の湧水。周りでしぶきが凍っています。
  • 崩壊した橋。橋の上流側の雪の上にトレールが見える。(下山時撮影)
  • 沢全体が雪渓となっている(下山時撮影)
  • 上流からずっと雪渓になっている。(下山時撮影)
  • 甲斐駒、仙丈ケ岳、北岳、間の岳
  • 雲取山、左端は1813m峰
  • ブナ坂
  • ブナ坂から南ア
  • 奥多摩小屋付近から飛龍山
  • 富士山
  • 山頂から南ア
  • 奥多摩小屋の先で、雲取本山と1813m峰(左の山)
  • 1813m峰から富士山
  • ズームアップ
  • 小雲取山への登りを見上げる
  • 小雲取山の標識。積雪は1m弱であろう。
  • 山頂の標識。夏場の写真と見比べると、積雪は約1mである。
  • 東京都側の標識は単なる木切れみたいだ。
  • まずは一杯
  • 奥秩父の主脈方面。金峰山と甲武信ヶ岳の連山はアイデンティファイできるが、その手前のピークは良く解らない。一度歩いてみるべきだろう。
  • 山頂から富士山と手前に連なる山々。目の前は大菩薩と思われる。
  • 山頂から東側。鷹ノ巣山をはじめ奥多摩の山々が見える。
  • 金峰山
  • 山頂避難小屋の直下から振り返る
  • 奥多摩小屋手前の1813m峰から、七ツ石、高丸山、日陰名栗峰、鷹ノ巣山の連山
  • 同前
  • ズームアップすると、バックの大岳山と御前山が確認できる。
  • 三頭山をズームアップ
  • 踊る唐松は健在
  • トラバース道の積雪。30cm-50cmというところだろうか。
  • トラバース道から大岳山と御前山。
  • もう写真の被写体になるものは無いだろうと思っていたら、突然シジュウカラの群れが現れた。(コガラかも)
  • 小菅からのバスを掴まえられないかと深山橋まで歩いたが、途中で過ぎ去るのが見えた。
参考になった 22

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

yamaocchanさんの登山記録についてコメントする
  • ニシメガネザル さん
    雪の状態が本当に参考になります。ありがとうございます。
    最後の鳥は後ろ姿で分かりにくいですが、コガラかも?

  • yamaocchan さん
    ニシメガネザルさん
    コメントありがとうございました。ホオジロってことはないですね、大きさから多分シジュウカラではないかと思いますが、ご指摘の通りコガラかもしれません。birdは専門ではないのでまたご教示願います。yamaocchan 拝

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

yamaocchan さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 22

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2020年4月8日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集!
グレゴリーの中・大型ザック「スタウト&アンバー」モニター募集! 背面長が無段階に調整できる「スタウト&アンバー」がアップデートにより快適性が向上!モニター4名を募集します
NEW 好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた
好日山荘で聞いた! グレゴリーバックパックの選びかた 銀座 好日山荘のスタッフに、グレゴリーの登山用ザックについて、それぞれの特徴を聞きました。ザック選びの参考に!
NEW 新しい「トレントシェル」をフィールドテスト
新しい「トレントシェル」をフィールドテスト パタゴニアの定番レインウェア「トレントシェル」が、3層生地で耐久性アップ! 山岳ガイド佐藤勇介さんがフィールドでテスト
NEW マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す!
マウンテンハードウェアの最新ウェアを試す! 高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今回はアクティブインサレーション「コアシラスハイブリッドフーディ」をレポート
NEW 海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ
海を渡り、山に登ろう。いざ、島の山へ 全国各地の島の山から6山を厳選して紹介! いざ、海を渡り、山へ。
登山は「下山」してからが楽しい!?
登山は「下山」してからが楽しい!? 登山後、すなわち下山後の楽しみの1つが山麓グルメ。ご当地名物料理から、鄙びた食堂の普通の料理まで、その楽しみ方を指南!
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術
安全登山に向けて、これからの登山情報収集術 ITジャーナリスト、山岳ガイド、書籍の著者の方々に話を聞きながら、安全に山を登るための情報収集の方法について、改めて考え...
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。
春、花に会いに低山へでかけませんか?
春、花に会いに低山へでかけませんか? 暖かくなって、春の芽吹きが始まります。風のさわやかな低山を歩き、春を感じてみましょう。春を告げる花があなたを待っています...
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。