登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
紅葉を満喫しながら平瀬道を往復(日帰り) 白山(東海・北陸・近畿)
img

記録したユーザー

ヤス さん
  • 日程

    2015年10月18日(日)

  • パーティ

    5人 (ヤス さん 、ほか4名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東海北陸自動車道を白川郷ICで降り、国道156号線(白川街道)を南下し、大白川高原の案内を見て県道451号に右折し直進して、白水湖畔ロッジと大白川野営場に隣接した大白川登山口駐車場(無料、約100台可)に駐車。白川郷ICからは一般道約30km。

  • 天候

    晴れ
    [2015年10月18日(日)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

大白川登山口(平瀬道登山口 6:00) ⇒ 登山口から2kmの標識(7:00) ⇒ 大倉山避難小屋(8:15) ⇒ カンクラ雪渓(9:10) ⇒ 展望歩道分岐(9:50) ⇒ 白山室堂(10:00) ⇒ 御前峰山頂(10:50)

昼食休憩後(11:45) ⇒ お池巡り ⇒ 大汝峰分岐(12:35) ⇒ 千蛇池・お池巡り分岐(12:45) ⇒ 白山室堂(13:25) ⇒ 大倉山避難小屋(14:30) ⇒ 登山口まで2kmの標識(15:35) ⇒ 登山口帰還(16:15)


総距離 約15.9km 累積標高差 上り:約1,701m
下り:約1,701m
朝から快晴のこの日、汗ばむ陽気の中を平瀬道登山口から白山最高峰の御前峰までずっと素晴らしい紅葉の風景と眺望を楽しみながら歩くことができた。

平瀬道登山口の歩き始めから林の中は美しく紅葉しており、登山口から2kmの標識を少し過ぎてからは見晴らしも良くなって、登山道の左右両側の斜面の風景は、さながら紅色、黄色、茶色の紙を使った ちぎれ絵で描かれた屏風のようであった。遠くには、御嶽山、乗鞍岳、北アルプスの山並みも見えたが、一つ一つのピークをその山の形から言い当てられるほどに視界が良かった。

登山口から3kmの標識を過ぎてすぐ、右前方の視界に二つのピークがいきなりど~んと現れた。それが白山の主峰である御前峰と剣が峰であったが、その後もずっと、この二つのピークを見ながら歩くことになる。

登山口から4時間で室堂に到着した。白山室堂ビジターセンターの前にはすごい人!と思いきや、今はもう秋。ビジターセンターは数日前に今年の営業を終えたらしく、人はそれほど多くなかった。
ビジターセンター前の広場で休憩しトイレに寄ってから、目の前に見える御前峰の山頂まで南側斜面の長い長い石の階段を登り始める。約40分登り続け、御前峰の山頂に立つと、これまで見て来た穏やかで緑があふれた美しい南側斜面と一転、御前峰の北側は険しく切れ落ちていて、植物が極端に少ない荒涼たる風景であった。池もいくつか見え、こちらが噴火口だったんだと悟らせてくれた。

山頂部の岩の上で日向ぼっこをしながらゆっくり昼食を取った後、北側の斜面を降りて、お池巡りを楽しんでから室堂経由で往路を辿り、平瀬道登山口に戻った。往復15km以上の長い距離だったことをすっかり忘れさせてくれる、変化に富んだ至福の山歩きであった。

【登山道】
御前峰頂上から御宝庫への尾根、お池めぐりに降りる急坂はすでに積雪していて滑りやすく、かなり慎重に下った。登山道の途中にも数か所やや急な崖があったが、全体的に、登山道はよく整備されており、案内表示もしっかり行われているので、安心して歩けた。

ただ、平瀬道登山口と御前峰を単純に往復するだけでも、8時間半の長丁場。早い時間に出発し、時間に余裕を持って歩きたいものである。

【その他】
室堂で水分補給しようと思っていたが、白山室堂ビジターセンターは既に今年の営業を終えており、水場での補給も出来なかった。紅葉シーズだからまだ営業しているだろうと安易に考えていた自分が甘かった。快晴で、予想外に喉の渇きも早く、持参した飲物は、登山口に帰還する前に飲み切ってしまった。

駐車場からの帰路、道の駅「飛騨白山」に隣接する大白川温泉「しらみずの湯」(大人600円)に寄った。露天風呂も有り湯温も適度で、疲れた体を癒すことができた。

登山中の画像
登山画像
午前6時、薄明るくなってきた平瀬道登山口を出発
登山画像
登山口から2km地点を過ぎた辺り。紅葉した林の中…
登山画像
陽当りの良い南側斜面はよく紅葉していた。
登山画像
登山口から3km地点を過ぎてすぐ、左の御前峰と右…
登山画像
登山口から2時間15分で大倉山避難小屋に到着。
登山画像
大倉山避難小屋のある中央の尾根を振り返る。
登山画像
登山道の大倉尾根は時々、西側の視界が広がり、…
登山画像
登山口から約3時間でカンクラ雪渓に到着。雪渓に…
登山画像
登山口から3時間40分で急な登りが終わり、室堂ま…
登山画像
登山道脇でハイマツの実を食べているホシガラス
登山画像
展望歩道分岐を過ぎて約10分で室堂に到着
登山画像
登山口からちょうど4時間で白山室堂に到着し、…
登山画像
白山室堂から御前峰山頂まで約40分間、石の階段…
登山画像
白山最高地点の御前峰山頂2,702mに到着。
登山画像
昼食休憩後、全員で記念写真。
登山画像
御前峰山頂から北側を見下ろす。南側と打って変…
登山画像
御前峰から御宝庫までの尾根と北側斜面には積雪…
登山画像
火口の翠ヶ池は見事なコバルトブルー
登山画像
翠ヶ池の手前から御前峰を見上げる。険しい北側…
登山画像
お池めぐりの途中、大汝峰の分岐から大汝峰2,684…
登山画像
万年雪が千匹の大蛇を封じ込めている千蛇ヶ池。…
登山画像
お池巡りの後、室堂に戻る。
登山画像
室堂から平瀬道登山口までの復路は3時間弱かかっ…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、登山計画書(控え)、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、ライター
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ヤスさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤス さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々晴
明後日

(日本気象協会提供:2019年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...