登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
雪渓歩きの先に花畑! 鳥海山(東北)
img

記録したユーザー

ヤス さん
  • 日程

    2013年6月29日(土)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:国道344号線、県道368号線を経由し、湯の台温泉鳥海山荘に前泊。翌朝、鳥海山荘から約11kmの鳥海高原ライン車道終点の湯の台口駐車場(無料、45台可、標高約1,200m)に駐車。
    登山口は駐車場のすぐそば。

  • 天候

    晴れ
    [2013年06月29日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

湯の台コース:
駐車場(5:30)⇒樹林、小雪渓を横断⇒登山道に戻り、滝の小屋(5:55)⇒小屋の裏手の雪渓を横断⇒八丁坂⇒河原宿小屋(6:45)⇒小休止(7:07)⇒大雪渓・小雪渓を縦断(8:15)⇒薊坂⇒伏拝岳(8:45)⇒行者岳、七高山(9:25)⇒鳥海山最高点の新山登頂(10:00)。

休憩後(10:10)⇒往路を辿って、河原宿小屋(12:00)で昼食後⇒駐車場帰還(13:15)。


総距離 約11.6km 累積標高差 上り:約1,223m
下り:約1,223m
湯の台口コース:
【駐車場等】鉾立登山口方面から登る人が多いようで、前泊の鳥海山荘と湯の台口車道終点の駐車場は空いていた。

【登山道、雪渓の状況等】
幸運だったのは、鳥海山によく出るらしい霧に遭遇せず、雪渓上で方向、道を見失うことなく歩けた。晴れて見通しが良いにも関わらず、登山道が何か所か中小規模の雪渓で覆われ、迷って雪渓上を歩き回っている人も見かけた。
そんな自分も駐車場から約20分の最初の小雪渓を横断後の登山道を見付けられずかなり迷って焦ったが、赤い目印リボンの先の登山道を見付けることが出来た。滝の小屋を過ぎてすぐのやや大きな雪渓では、横断後の登山道入口を見失って雪渓をかなり上の方まで登ってから間違いに気付き引き返してくる人もいた。

雪渓で登山道が隠されて分断され、ルートが分かりにくい箇所が多いので、特に一人歩きで初めての場合は、他の登山者から情報を得たり、雪渓上を動く人、進もうとする先にあるはずの赤い目印などを捜し、ルートを把握してから進むのがやはり重要。河原宿小屋で一緒になった、それぞれ一人歩きの二人と一緒に一番大きな雪渓を越えたが、その後何度も有用な情報を貰ってルートを迷わず安全に登山が出来た。

また、雪渓歩きに備えて購入した6本爪の軽アイゼンも雪渓の横断には非常に有効だった。面倒でも、雪渓のあるたびに着脱を繰り返した方が結局は楽に感じた。

【花など】
やや不安だった雪渓越えの先には素晴らしい花畑が待っていた。
八丁坂にはヨツバシオガマ、シモツケソウ、イワベンケイ、ナナカマド、ハクサンフウロ、ハクサンチドリ等が、薊坂と外輪山にはイワウメ、ミヤマキンバイ、イワベンケイ、アオノツガザクラ等が花畑のように群生して綺麗で、幸運な気分になれた。
まだ早いかなと思ったチョウカイフスマも行者岳近くで数輪咲いていた。

【その他】
大雪渓のきつい傾斜部分を越えるのがやや大変だったが、全体的には、晴れていて眺望も良く、暑くもなく、非常に快適な登山が出来た。
前泊した鳥海山荘は、宿泊客には登山後の入浴が無料というサービスがあったので、下山後に寄って露天風呂でゆっくり疲れと汗を流すことが出来た。

登山中の画像
登山画像
前泊した鳥海山荘。湯の台口登山口まで車で約10…
登山画像
湯の台口の駐車場から鳥海山方面を臨む
登山画像
湯の台口の駐車場(無料、45台可、標高約1,200m)
登山画像
湯の台口 登山口(駐車場そば)
登山画像
滝の小屋
登山画像
滝の小屋近くに掲示されている湯の台口コースの…
登山画像
大雪渓の手前。左奥に見えるのは、河原宿小屋(…
登山画像
河原宿小屋を大雪渓の途中から振り返る。
登山画像
大雪渓(手前)と小雪渓(奥)を縦断していく。
登山画像
大雪渓(上)と小雪渓(右)を振り返る
登山画像
薊坂の斜面にはナナカマドの白い花がたくさん咲…
登山画像
薊坂を上り切って御浜方面からの合流点まで来る…
登山画像
新山を左手に眺めがら、新山の南に位置する伏拝…
登山画像
七高山から少し戻って、急な崖路を下り、軽アイ…
登山画像
新山頂上付近。頂上は狭い。溶岩が冷えて固まり…
登山画像
イワウメ。行者岳辺りで多く見掛けた。
登山画像
シラタマノキ。伏拝岳辺りから多く見掛けた。
登山画像
ミヤマキンバイ。広い範囲で見掛けた。
登山画像
イワベンケイ。広い範囲でよく見掛けた。
登山画像
ハクサンフウロ。河原宿小屋手前の八丁坂で見掛…
登山画像
タカネスミレ? 滝の小屋の近くに咲いていた。
登山画像
鳥海高原ライン道から鳥海山を振り返る。「あり…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、軽アイゼン、トレッキングポール、ライター
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ヤスさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤス さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇のち雨
明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年6月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!