登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 16
淀川登山口から往復 (日帰り) 宮之浦岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

ヤス さん
  • 日程

    2016年3月22日(火)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:前泊の屋久島町安房港近くの民宿より、レンタカーで県道77号線から県道592号線に入り、約21kmを走って淀川登山口前の駐車場に午前5時45分頃到着。
    国道592号線に入ってしばらく行くと、紀元杉行きやマイカー乗入規制のある荒川登山口行きのバス乗場も有るが、淀川登山口までは車で入れるので、そのまま直進。

  • 天候

    薄曇り
    [2016年03月22日(火)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

淀川登山口(5:50)⇒淀川小屋(6:25)⇒高盤岳展望所(7:25)⇒小花之江河(7:40)⇒大花之江河(7:50)⇒投石平(8:40)⇒水場(9:15)⇒栗生岳(9:40)⇒宮之浦岳山頂(9:55)

休憩後(10:25)⇒投石平(11:35)⇒大花之江河(12:20)⇒淀川小屋(13:35)⇒淀川登山口(14:15)


総距離 約12.8km 累積標高差 上り:約994m
下り:約994m
 霧島山、開聞岳に続く南九州登山3日目は、前泊の屋久島町安房の民宿をレンタカーで早朝出発し、淀川登山口に午前6時前に到着。

辺りはまだ薄暗く、ヘッドライトを点灯して、足元の杉の根や小さな石につまずかないように慎重に歩き始めた。淀川小屋の手前でヘッドライトを消灯し、小と大の花之江河の前後のアップダウンを過ぎ、投石平まではずっと杉や照葉樹の樹林の中を歩く。
 投石平に出ると森林限界を抜けたようで急に明るく視界が開け、岩場や低木の中を進む。日陰の侵食された登山道を水が流れて涼しげだが、よく見ると時間的にまだ凍っている箇所も多く、滑って転ばないよう木の根や枝に摑まりながら慎重に歩いた。

 宮之浦岳まで残り1kmの表示の辺りからやや登りがきつくなるが、あちこちに点在する奇岩・巨岩と新緑を楽しみながら、登山口から約4時間で宮之浦岳山頂に到着した。九州で一番高い山頂からはぐるっと360°の大展望を楽しめた。

 3連休明けの平日ということもあって登山者も少なく、清々しく穏やかな天候の中をのんびりと歩けて、幸せな気分になれた。

【駐車場】 淀川登山口の前に5、6台分の駐車場があるが、到着時には既に埋まっていたので、登山口前から少し下り、道路沿いの退避場所に駐車した。

【登山道】 宮之浦岳の手前約1kmはやや登りが急になるが、それ以外は全体的にきつい登りはなかった。前半は樹林帯の中を歩き、投石平を過ぎてからの後半は低木や笹の中を歩くが、他のコースで見られるような杉の巨木はあまりなかった。
 気温・湿度がそれほど高くなく、快適に歩が進んだせいか、思ったより早い4時間で頂上に到着した。

【動植物】 鹿をあちこちで見かけた。大花之江河でのんびりと苔や草を食べている母子、登山道脇の笹原からひょっこり顔を出してこちらを見ている単独鹿など、ずいぶん人に慣れているようだ。ふと、昨晩、民宿で食べた鹿肉を思い出した。
低木の間に石楠花の木をたくさん見かけたが、開花の季節にはまだ早く、また他の花の類も全く見かけなかった。

登山中の画像
登山画像
午前5時50分、まだ薄暗い中をヘッドライトを点け…
登山画像
登山口から約1.5kmにある淀川小屋の横を通過。小…
登山画像
登山口から約1時間半の高盤岳展望所から高盤岳を…
登山画像
登山口からちょうど2時間で、泥炭湿原の「小花之…
登山画像
小花之江河から上って下って大花之江河に出た。
登山画像
大花之江河では、鹿の母子が表面に生えた苔を食…
登山画像
花之江河を過ぎて30分辺りにはロープに摑まって…
登山画像
登山口から約3時間で投石岩屋の巨岩帯に到着。ル…
登山画像
登山口から3時間半ほどで水場を過ぎ、やがて正面…
登山画像
栗尾岳山頂部の巨岩の手前の急坂を登る途中に、…
登山画像
栗尾岳の頂上部を過ぎ、中央の登山道のその先に…
登山画像
宮之浦岳山頂に無事到着。淀川登山口から4時間と…
登山画像
宮之浦岳山頂から北西方向に見える永田岳。宮之…
登山画像
復路は、往路と同じコースをおよそ4時間歩き、淀…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、傘、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、ロールペーパー、非常食、行動食、ライター
参考になった 16

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

ヤスさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

ヤス さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 16

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年5月23日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感!
カリマー「リッジ」フィット性の高さを実感! モニターレポート第4弾は、初めて背負う40Lクラスのザックで二度の山行に挑戦した「くつほしい」さんのレポートです。
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...