登山記録詳細

ハイキング
参考になった 2
新潟の里山へ、一泊二日の花見山歩き・・・その一(弥彦山) 弥彦山(上信越)
img

記録したユーザー

スーさん さん
  • 日程

    2016年3月26日(土)

  • パーティ

    2人 (スーさん さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:関越、北陸道を乗り継いで中之島見付ICで降りる、寺泊方面に進み野積海岸より西生寺を目指して、登山者用駐車場へ
    駐車場は段々畑のようになっていますが各スペースは狭くぬかるんでいましたので駐車場手前の路肩の駐車スペースに止める(舗装区域です)

  • 天候

    26日は みぞれから晴れ
    [2016年03月26日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

【車移動】3月26日
          自宅             7:50
  11:10   西生寺登山口の駐車場 

【山歩き】
  11:10   西生寺登山口の駐車場    12:05
  12:40   旧道出合い
  12:50   清水平分岐         12:52
  12:55   清水平           12:57
  13:10   能登見平          
  13:36   弥彦山山頂         14:36 
  14:45   妻戸山
  15:27   八枚沢の滝(八枚沢登山口)
          迷走
          八枚沢の滝(八枚沢登山口) 15:50
  16:23   能登見平
  16:55   西生寺登山口の駐車場

【車移動】    
         西生寺登山口の駐車場    17:05
   18:00 スーパー経由 
         道の駅国上 
         今夜の宿(車中泊)

最近の情報で雪割草が見ごろの情報で以前より計画していた新潟県の里山(角田山と弥彦山)を目指して自宅を遅い時間で出発(弥彦を12時登山開始予定で)。

突然のみぞれには困りましたが車中で昼食を済ませてしまったのでほとんど空荷状態で、合羽を着て歩きだす、弥彦の登山路脇にはすぐに目当ての雪割草が咲いていて、山腹を見ると白い雪割草があちこちと咲いているのがわかりますが、みぞれでうっすらと白くなっているので白い色の雪割草は映えませんでした、代わりに開花していないカタクリの紫がやたらと目に付きます登山路を登り車道を横切り分岐を清水平へ向かい、思いがけなく水芭蕉を発見(そういえば水芭蕉の情報もあったな)。

妻よりTELが入り今から登りだすとの連絡を受け地図を持たない妻に分岐の様子を連絡して「能登見平」まで進む、花はここまでで、尾根道にはマンサクが咲いている(いつもマンサクの写真はピンボケ・・・ばかちょんカメラオートフォーカス機能ではピントが違うところへ行ってしまう)今度からは面積の大きなもので一度シャッターを反押しにしてから写してみようと思っています・・・うまくいくかな?

上の車道を横切ると雪道となってアンテナ塔を越して山頂下の鳥居に出る誰もいない山頂の雪景色と天候回復の兆しのあり日本海を見ながら妻にTELするが通じなく断念して山頂散策をはじめて、ロープウェイ山頂駅より登ってきた登山者、観光客とすれ違いアンテナ塔見学後再び山頂へ、後続の登山者はいましたがまだ妻の姿は確認できず展望台より下方の登山路を見ていると団体さんの後に妻を見い出すし、(ホッとする)

団体さんの後ろより登ってきた妻とおやつタイムを取ってから下山に入り、時間が早いのと今日は日没まで下山で出来れば良いので弥彦山略図で花のトレイルと記された尾根に入る(妻戸山山頂は展望なし)これより急降下が八枚沢登山口まで続き、途中よりカタクリ、雪割草と咲いています、登山口のの滝下まで降って分岐を見つけ回すが見つからず、リボンが落ちていた薄い踏み跡に入るがヤブで尾根登りでなく沢に沿ってしまったので怪しくなり登山口まで戻り再挑戦(分岐探し)、そしてたら滝上に登山者の姿が(そこが分岐だったのです、滝上の沢には沢に入らない為の表示ロープかと思っていたら沢渡渉補助ロープとして張ってあったのですね)ここで登山者と会話してこの尾根が正解と聞き登りだす(本日2回目の弥彦山登山が開始されました・・・まだ気づかない)急登と泥んこで登りずらいけどカタクリの尾根ロードとなってました、雨乞山分岐より尾根は右にいくつかのピークを経て(カタクリはいっぱい咲いている)「能登見平」に着くここで2回目の弥彦山登山と気づく、(登った登った!花はどうでも良くなった)

後は往路を駐車場まで降ります、昼のみぞれのうっすらと積もった雪はみな解けていました、駐車場には合わせて2台がまだ残っていますのでもう一組まだ山中にいるわけですね。

下山後の今夜の宿(車中泊)は「道の駅国上」
この敷地内に「てまりの湯」がありますAM10時よりPM9時まで営業
持ち込みOK
近くのスーパーで夕食のお惣菜を購入して「てまりの湯」にて下山祝いと入浴

27日の花見トレール角田山投稿はは準備中です

登山中の画像
登山画像
駐車場入り口にある概略図
登山画像
西生寺登山口の駐車場
登山画像
登山路脇の斜面に雪割草とカタクリとキクザキイ…
登山画像
雪割草咲いています。今回の里山歩きのメーンの…
登山画像
カタクリはあまり期待してませんでしたが咲いて…
登山画像
最近の投稿写真でにぎわっている雪割草
登山画像
雪割草ばかりに目線が動く
登山画像
キクザキイチゲにおはようございます(こんにち…
登山画像
セリバオウレンも咲いてます
登山画像
色違いの雪割草周りに雪があるので目立ちます
登山画像
みぞれに降られて寒かったかな
登山画像
この色の雪割草一輪だけでした(色艶やかな雪割…
登山画像
旧道出合い分岐
登山画像
車道を横切ると「清水平経由能登見平」分岐階段…
登山画像
清水平は水場なのかな
登山画像
清水平に咲く水芭蕉
登山画像
雪割草のアップ・・・バカチョンデジカメのオー…
登山画像
雪の中から出ています・・・芽吹いてきたのか、…
登山画像
雪と雪割草
登山画像
能登見平の分岐です
登山画像
能登見平より弥彦山を見る
登山画像
今回も見ごとにピンボケピンボケ大賞を受賞?
登山画像
能登見平からの尾根登山路より日本海と米山
登山画像
能登見平からの尾根登山路より佐渡島
登山画像
弥彦山山頂の鳥居
登山画像
弥彦山山頂表示の石碑
登山画像
てっぺんの祠はちょっと藪の中山頂の御神廟
登山画像
山頂より多宝山(たぶん?)
登山画像
山頂より佐渡島
登山画像
登らないと言ってた妻も登って来ました
登山画像
山頂での記念写真
登山画像
山頂の御神廟展望デッキより
登山画像
山頂の御神廟展望デッキより
登山画像
弥彦山山頂にある山座同位盤・・・晴れれば見え…
登山画像
山頂にいた団体登山者が下山します
登山画像
妻戸尾根に咲くカタクリ現時点ではカタクリ尾根…
登山画像
妻戸尾根に咲くカタクリカタクリ尾根の下りです…
登山画像
太陽が顔を出してきたのでカタクリも反り返りだ…
登山画像
太陽が顔を出せば雪割草も負けられません
登山画像
いろんな表情を出す雪割草
登山画像
一番多かった色の雪割草
登山画像
雪割草の一輪さし
登山画像
林の中はカタクリでいっぱい
登山画像
シュンラン見つけました
登山画像
八枚沢登山口から能登見平へ向かう尾根より晴れ…
登山画像
雨乞尾根で見つけたエイレンソウ
登山画像
雨乞尾根に咲くカタクリ・・・カタクリ尾根です
登山画像
能登見平につきました・・・あとは下るだけ、登…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、腕時計、カメラ、非常食、行動食、トレッキングポール
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

スーさんさんの登山記録についてコメントする
  • やぎやぎ さん
    スーさんさん こんにちは。

    色とりどり、きれいな花がたくさん出てきましたね。
    春ですね〜。

  • スーさん さん
    やぎやぎさんこんばんは。

    新潟の里山の花見に行って来ました。

    期待以上に花が咲いていてうれしくなっています、又、翌日の角田山も弥彦山以上に花のきれいな山でした。

    この2日間は山に感謝です。

    やぎやぎさん家族の活躍を期待しています。

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

スーさん さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇時々雨
(日本気象協会提供:2019年10月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に
濡れに強い! ファイントラックの中間着が最新版に 独自のシート状素材を採用した中間着「ポリゴン2UL」を、ライターの森山憲一さんが北八ヶ岳で試す!
NEW ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材
ザ・ノース・フェイスが開発! 新しい防水透湿素材 ザ・ノース・フェイスが開発した全く新しい防水透湿素材「FUTURE LIGHT」。開発ストーリーと搭載アイテムを公開!
NEW 小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター
小林千穂さんも体感! ヒザ、腰を守るサポーター 「ザムスト」のサポーターを山岳ライターの小林千穂さんと読者が体感! 登山愛好者の膝、腰のサポートに!
NEW ガイドが試した こだわりのトレッキングハット
ガイドが試した こだわりのトレッキングハット 女性のためのトレッキングハット「アルピア」。視野の広さ、収納性など、女性登山ガイドの菅野由起子さんがチェック!
NEW ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性
ショップ店員に聞く! ゴアテックス製品の優位性 防水透湿性能、防風性などゴアテックス製品の優位性を、ザ・ノース・フェイス マウンテンの副店長、芹澤さんに聞きました
NEW LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」
LEKIのポールをチェック! 「山MONO語り」 高橋庄太郎さんの連載では、レキ「マイクロバリオTAコンパクト」を、南ア・光岳でテスト。重量バランスよく、使い勝手がいい!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃
紅葉は標高を下げてきて、手頃な場所でも見頃 紅葉は、徐々に山麓・そして南へ。標高1000~2000あたりで、色づきが始まってきました。
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが?
はじめての日本百名山なら大菩薩嶺はいかが? 初心者の日帰り登山から上級者のテント泊縦走まで、さまざまな山歩きをアレンジできる大菩薩嶺。帰りの温泉も楽しいぞ!
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
登山ボディをしっかり作って山へ!
登山ボディをしっかり作って山へ! 身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体づくりを目指そう!
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山
秋の幕開けに訪れたい草紅葉の山 紅葉の先陣を切るのが草紅葉(くさもみじ)。秋の幕開けに訪れたい、湿原を歩くモデルコースを6つ紹介する。
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。秋の紅葉シーズンは、とく魅力がタップリ!