登山記録詳細

ハイキング
参考になった 3
高尾スミレをさがして…〜小仏城山から高尾山〜 小仏城山・高尾山(関東)
img

記録したユーザー

やぎやぎ さん

この登山記録の行程

日影沢(8:40)・・・小仏城山(10:40-11:10)・・・一丁平(11:40)・・・もみじ平(12:20)・・・高尾山(12:30-40)・・いろはの森を経て・・日影沢(13:30)

*今回は、小仏城山への地図に乗らないルートがあるためGPSトレース(旦那)を使用してみました。

「タカオスミレ」をさがしに‥高尾山を3カ月ぶりに訪れました。 昨春、親切なご夫婦に一号路や蛇滝・日影沢の湿った沢沿いに見られるよ。と教えていただいたので・・
日影沢へ乗り込むと…イチリンソウやニリンソウ・ヤマブキ・タチツボスミレが花盛りでお出迎え・・
おめあての「タカオスミレ」は、なかなか姿を現してくれず…さらに歩いていくと・・ありました♡ありました。数株が寄り添うように控えめに咲いていました。歩き始めから舞い上がりすぎて・・カメラの電池がもつかどうか心配され…少し抑えめに・・
かつて日影沢はニリンソウやアズマイチゲ群落だったようで…その植生復元の注意喚起が「花へ近寄りたい(..云々)…その一歩を我慢して!」と記されていました。
そこから、1月とは逆コースの小仏城山へと登るルートへ進みます。沢を渡ってすぐ、やわらかな色合いの樹林の急登が始まります。前回は下りで使ったので…久々の登りに直ぐ息が上がります。下ばかり見ているのは苦しいだけではなく・・花を見つけるためです。・・と楚々としたチゴユリがうつむき加減に咲き始めていました。ニリンソウ・タチツボスミレはすぐ見つけられるのですが、コチャルメソウ・ユリワサビ・チゴユリ・ホウチャクソウはひかえ目すぎて見落としそうです。萌えぎ始めた木々は黄緑だけでなく赤や茶っぽい色…やわらかな春色に染まり、見ているだけでワクワクします。
山桜がハラハラと舞い落ちてくるのを見上げると…向かいの山肌は、まだ薄ピンクの桜色に染まって見えました。ブナやコナラ林とヒノキ・スギ林が交互に現れ明るい林床でシュンランに出会いました。早春花にこんなところでお会いできるとは思っていなかったのでとても嬉しかったです。
黄緑色の花をつけるキブシ・クロモジも多く見られました。東京農工大学植樹林を過ぎしばらく行くと林道に出ます。その手前あたりにジュウニヒトエやツルキンバイ(黄)が咲いていました。白い大花のクサイチゴを渡り飛ぶルリタテハに出会いました。シャッターを切ろうと近づいては逃げられ…を繰り返し…すっかり遊ばれた気がしました。林道に合流すると賑やかな小仏城山につきます。山頂は沢山の人で賑わっています。花曇りで都心方面や富士山は拝めませんでした。
山頂の山桜は散り始め、モクレンやユキヤナギは満開、被写体の主役になっていました。植栽された花桃は色とりどり花盛りでした。茶屋にて、きのこ汁とコーヒーを頂き早めの昼休憩としました。
一丁平〜終盤となった花見を楽しむ人でいっぱい。コブシの花は終わり…桜の木の下一面に薄紫のスミレが咲いていました。巻道に合流するあたりのミツバツツジは満開を少し過ぎたところでしょうか。この辺りから道の整備が綺麗にされて歩きやすくなっていました。
もみじ平〜山桜がいくつか咲き残っていました。丹沢山塊がよく見渡せます。高尾山に近いせいか人も一段と増えます。ヤマツツジは咲き始めです。
高尾山頂〜迷子になるほどの人の波。ビジターセンターで花情報を頂き、旦那さんを探します。植え込みの中にフデリンドウが、ひっそりと咲いていました。(高尾山のケーブルが動く前の早朝は意外と空いているので…おすすめです)
高尾山頂からは、いろはの森を下ります。そこから先日影沢へは一気に人が減ってひっそりした山歩きになります。大きなモミの木・アカガシなどの常緑樹が多くなり、明るい日影にはシャガの群落が目立ちいくつか花を咲かせていました。アオキも赤紫色の小さな花をつけていました。
都心に近く寺院もあり、多くの人が訪れる山ですが、こんなに豊かな植生を残しているのは驚きです。人の手が加わっても自然との折り合いが上手くできている場所なのかもしれません。

登山中の画像
登山画像
薄紅色のイチリンソウ…朝はまだ花が開ていなかった
登山画像
帰りには開いていました。薄紅色は薄らいでいま…
登山画像
ヤマブキ
登山画像
タチツボスミレ
登山画像
ニリンソウの植生復元は進んでいる様子でした。
登山画像
マルバスミレ(白)
登山画像
ホウチャクソウ
登山画像
「タカオスミレ」ヒカゲスミレの変種で別名:ハグ…
登山画像
アオキ…赤紫の小花をたくさんつけています。
登山画像
コチャルメソウ…初めまして・・イソギンチャクの…
登山画像
ラショウモンカズラ
登山画像
柔らかい萌黄色の林は清々しい…
登山画像
チゴユリ
登山画像
シュンラン…早春花にヒノキの林床で出会いました。
登山画像
山桜が、まだ咲き残っていました。
登山画像
ナガバノスミレサイシン
登山画像
向かいの山肌は山桜の薄いピンク色に染まってい…
登山画像
濃紫のオカスミレ
登山画像
クロモジ・・黄緑色の小さな花をつけます
登山画像
大きな山桜・頭上高くに花が咲いています。
登山画像
キブシ…黄緑色の小花をかんざしのように連ねてい…
登山画像
モミジイチゴの群落がヒノキ・スギ林の間で見ら…
登山画像
ヒトリシズカ…ヒノキの林床で、一人ではなく、か…
登山画像
アケボノスミレ かな?…咲き始めの濃いピンク色…
登山画像
エイザンスミレ・・切れ込みのある葉で他のスミ…
登山画像
ジュウニヒトエ…ケバケバがたくさんついている
登山画像
クサイチゴの花道
登山画像
ルリタテハ蝶・・瑠璃色の帯をまとった美しい蝶…
登山画像
小仏城山には、まだ元気なソメイヨシノが1本あ…
登山画像
イカリソウ
登山画像
一丁平の桜はもう終盤。それでも‥たくさんの花見…
登山画像
クサボケ
登山画像
一丁平の桜の下には、薄紫のスミレの花が一面広…
登山画像
コゲラがヘッドバンのように小気味好くドラミン…
登山画像
ミツバツツジが満開でした。
登山画像
すこーし色が薄くなってきているようでした。
登山画像
モミジ平・ヤマツツジが咲き始め
登山画像
高尾山からの都心方面は花曇りであまり眺望が良…
登山画像
ヤマルリソウ・・ちょっと色褪せ気味?と思いき…
登山画像
シャガ
登山画像
ユリワサビ・湿地に多い
登山画像
ヤマルリソウ・・日影沢沿いに見られた。ビジタ…
登山画像
意識してみていると、タカオスミレの特徴的な焦…
登山画像
日影沢は緑が濃くなり、シャガも咲き始めていま…
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、腕時計、カメラ、健康保険証、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、カップ
参考になった 3

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

やぎやぎさんの登山記録についてコメントする
  • すてぱん さん
    ルリタテハの写真、拝見致しました。高尾山は子供の時に登ったきり。人が溢れかえっていると聞いて、なんとなく敬遠してきましたが、さすがに花の100名山。人がたくさん集まるだけの魅力があるのですね。綺麗な写真を拝見して、納得です。

  • やぎやぎ さん
     ありがとうございま〜す。

  • スーさん さん
    おはようございます

    タカオスミレに合うことができてよかったですね!

    写真と解説で解ったような気がしますが、たぶん俺は区別できないでしょうね?
    葉っぱの黒いスミレはいまだ見たことがありません、他の地域でも見られるのかな、
    やっぱりスミレを区分するのは難しい~な

  • やぎやぎ さん
    スーさんさん いつもコメントありがとうございます。

    これまでスミレは身近に見られるだけに見落としがちでしたが、高尾のビジターセンターでスミレの宝庫だと知ってから興味が湧きました。庭に生えたりする紫系のスミレから山で見られる淡いピンクや薄紫、白、(高山に多い黄色のスミレは意外と見られない)葉の形も様々で咲く場所で少しずつ違いがあったりと群れ咲く姿は可愛らしいです。高尾スミレは、全国にも分布するそうで、高尾周辺でしか見られないというよりは、最初に高尾でつけられた名前のようです。ヒカゲスミレを母種とし葉の形もはえている場所も似ていて、若い葉の間、現れる焦げ茶色は後から緑色の葉が生えて尚更わかりにくいかもしれません。
    スーさんさんの「春恒例の八間山の記録」拝見しました。かっちょいい奥様と青い空、残雪、野反湖に浮かぶ雲、虹・・なんだか初夏を感じました。もう直ぐ5月・・ここのところ季節が急ぎ足で過ぎていく気がしています。

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

やぎやぎ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 3

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇一時雨
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年9月22日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新
パタゴニア キャプリーン・ミッドウェイトを刷新 独自の立体構造で優れた吸汗速乾性と伸縮性を備えた「キャプリーン・ミッドウェイト」。アンバサダー3人の評価にも注目!
NEW 生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」
生きるための道具選び。シチズン「プロマスター」 すべての道具の選択基準が「生きるために役立つ」ということ。K2登頂をめざした写真家石川直樹氏が本格志向の道具選びを語る
NEW モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る
モンベル「ストームクルーザー」の秘密に迫る 定番レインウェア「ストームクルーザー」。日本の登山者に向けた雨具はどのように生まれ、どう進化したのか? その秘密に迫る
NEW 丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す
丈夫で伸縮性の高い、ハイブリッドなパンツを試す 高橋庄太郎さんの連載「山MONO語り」。今月はホグロフスの「ラグドフレックスパンツ」を、岩場もある恵庭岳でチェック!
NEW 飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表
飛騨から登る北アルプス フォトコン優秀作品発表 2部門に554点を投稿いただいたフォトコンテスト。審査員2名が選んだ優秀作品4点ほか、受賞作品が決定!
NEW 秋山PICK UP ITEM! シリオ
秋山PICK UP ITEM! シリオ 『秋山JOY』連動企画!ストレスフリーの軽量トレッキングシューズ、シリオの「P.F.46-3」を紹介
NEW カリマー「クーガー」モニターレポート公開中
カリマー「クーガー」モニターレポート公開中 25kgの荷物を5〜6時間背負っても疲労感が少なくフィッティングの良さを実感したという、もりちかさんのレポート公開!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来!
令和の秋、紅葉登山の季節が到来! 秋の足音が少しずつ聞こえてきました。いよいよ山が最も色づく、紅葉シーズンの到来!
NEW 山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて大町市に移住した2つの家族。移住の経緯や大町暮らしの魅力を聞いた。移住体験会では参加者を募集中!
NEW 山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス
山と自然を感じる2日間!丹沢 山モリ!フェス 10月5~6日に開催される、山とアウトドアのイベント「山モリ! フェス」。スタンプラリー、ワークショップ、自然観察ツアー...
ロープウェイで登れる百名山
ロープウェイで登れる百名山 ロープウェイやリフトなどを使って、一気に標高を稼げる百名山はいくつあるかご存知?
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミック 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す
ツラく、キツく、長い急登の登山道を制す 長い急登を汗水流し、気合と根性を振り絞って、延々と登った先にある素晴らしい景色と充実感を味わいたいなら、ココに決まり!
「踊っている木」、どの山に行けば見られる?
「踊っている木」、どの山に行けば見られる? 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。