登山記録詳細

ハイキング
参考になった 1
みちのく潮風トレイル(野田村~普代村北部エリア) みちのく潮風トレイル(野田村~普代村北部エリア)(東北)
img

記録したユーザー

中村 さん
  • 日程

    2016年5月2日(月)~2016年5月3日(火)

  • パーティ

    3人 (中村 さん 、R. Nakamura さん 、M. Kameda さん)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:マイカーで、ゴール地点の普代駅へ行き駐車(*1)し、電車で陸中野田駅へ。
    (普代駅 9:02-9:27 陸中野田駅、15.0km、450円)

    (*1)普代駅隣に大きな無料駐車場あり。

  • 天候

    晴れ
    [2016年05月02日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

5/2
陸中野田駅 9:30 - 11:12 マリンローズパーク野田玉川 12:26 - 12:40「パティオ・ムラタ」(雑貨店)12:46 - 13:20 玉川野営場 13:22 - 14:46国民宿舎えぼし荘
(3:54 +休憩 1:22 = 5:16)
5/3
国民宿舎えぼし荘 7:32 - 8:14 堀内駅 8:22 - 9:59 白井海岸駅 10:04 - 12:15 普代水門 12:29 - 12:46 普代駅
(4:47+休憩 0:27 = 5:14)


総距離 約28.9km 累積標高差 上り:約1,344m
下り:約1,344m
「みちのく潮風トレイル」歩きの第三弾(*1)で、「やませ海道編[野田村~普代村北部エリア]」(*2)を1泊2日で歩きました。
 3.11の津波で大きな被害を受け復旧工事中の野田村から、明治29年の大津波を教訓に村長の英断で作った高さ15.5mの普代水門により被害が抑えられた普代村まで、電車では(ビューポイントで停車しながら)25分の距離を、2日間かけて歩くコース。距離や参考コースタイムからすると1日でも歩けそうにも思えたものの、そこそこアップダウンがあり、進路を間違えそうな箇所や要注意箇所も複数あり、1泊2日でちょうどよい感じでした。海岸線も、コース沿いの民家に咲く花々もとても綺麗で、歩いていてとても気持ちの良い行程でした。

(*1)
2015/11/7-9 青森県八戸市~岩手県久慈市
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-761992.html
2015/11/22 福島県相馬市
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-768590.html

(*2)野田村~普代村北部エリア モデルコース
http://tohoku.env.go.jp/mct/modelcourse/course_03.html

<ルート状況>
要所要所に標識やテープがあるものの、進路が分かりにくい箇所多数。
公式地図(*3)に加え、コンパスは必携。

(*3)返信用封筒同封で、無料で入手可。
http://tohoku.env.go.jp/mct/route/stock.html

<特に注意を要する箇所>
三陸鉄道大沢橋梁(ガイドマップの⑬)先の、ガイドマップに「ササ丈が高く入口見えづらい。道迷い注意」と記載された箇所
→渡渉後、(地図では直進するように見えるものの)右手に進むこと。

白井海岸・力持海岸(ガイドマップの⑭)南の、ガイドマップに「ルートが鋭角に曲がる。車道から自然歩道への入口のポイントに注意」と記載された箇所。
→注意してても、曲がるポイントの道標は見落としやすい。

上記の先、ガイドマップに「林道から幅の狭い自然歩道に直角に曲がる」と記載された箇所。
→標識のテープはあるものの、歩道が不明瞭なため見落としやすい。

普代中学校に向けての下り(ガイドマップに「沢の中を歩くため滑りやすい。増水時注意」と記載された箇所)
→ここ以外の行程は、舗装路上を歩く区間も長く、登山靴よりも運動靴の方が歩きやすいものの、ここは運動靴では厳しい(滑りやすい上、すぐに靴が濡れてしまう)。
また「増水時注意」というよりも「雨天時および降雨後は通行不可」という感じ。
(普代中学校横に「土石流危険渓流」「大雨の際は土石流が発生する恐れがあります」との警告あり)

宿泊は「国民宿舎えぼし荘」(*4)
本行程を1泊2日で歩く場合、宿泊地は、当「えぼし荘」か、玉川野営場(*5)か、小野旅館(*6)が候補。

(*4)国民宿舎えぼし荘
http://ebosisou.com/
(*5)玉川野営場
料金:無料
(ご協力いただける方は、大人150円(中高生100円)の清掃協力費)
http://www.noda-kanko.com/kankou/stay/tamagawacamp.html
(*6)小野旅館
http://www.noda-kanko.com/kankou/stay/onoryokan.html

登山中の画像
  • 8:55 普代駅
  • 8:56 普代駅
  • 普代駅でもらった地図兼スタンプ帳 ※本地図は小さいため、環境省作成ガイドマップ(郵便で取り寄せ)が必携。
  • 9:05 普代駅
  • 9:26 普代駅→陸中野田駅
  • 9:34 陸中野田駅 道の駅「のだ」観光物産館ぱあぷる
  • 9:47
  • 9:53 愛宕神社
  • 10:03 野田村仮設商店街
  • 10:08
  • 10:13
  • 10:15
  • 10:17
  • 10:18
  • 10:47 くんのこほっぽ跡地 ここは右手に
  • 10:48 くんのこほっぽ跡地 「みちのく潮風トレイル」の道標
  • 10:55
  • 11:20 マリンローズパーク野田玉川
  • 12:03 マリンローズパーク野田玉川
  • 12:39 パティオ・ムラタ (スタンプ設置ポイント)
  • 13:01 玉川漁港
  • 13:20 玉川キャンプ場
  • 13:23 玉川キャンプ場より、玉川海岸へ
  • 13:29 玉川海岸
  • 13:32 玉川海岸
  • 13:50 椎茸の原木
  • 14:15
  • 14:43 仮設住宅
  • 14:43 国民宿舎 えぼし荘
  • 1日目 距離:15km 登り:537m 下り:466m
  • 18:07 国民宿舎 えぼし荘の夕食
  • 2016/5/3 7:38
  • 7:40
  • 7:41 縁結びの木
  • 7:42 縁結びの木
  • 7:49 安家川
  • 7:50 安家川のサケマス養殖場
  • 7:53 安家川のサケマス養殖場
  • 8:00
  • 8:12 堀内駅手前 (奧に、夫婦岩)
  • 8:12 夫婦岩
  • 8:17 三陸鉄道北リアス線 堀内駅
  • 「北三陸鉄道リアス線 袖が浜駅」
  • 8:43 私有地のようなところへ入る。
  • 8:44 避難用階段を下る
  • 8:44 大沢橋梁手前
  • 8:50
  • 8:56 渡渉箇所
  • 9:03 直進は、間違い
  • 9:04 渡渉地点まで引き返す
  • 9:08 渡渉地点先をすぐ右折。 (渡渉地点を振り返る)
  • 10:34 分かりにくいポイント 公式地図で「ルートが鋭角に曲がる。車道から自然歩道への入口のポイントに注意」と記載されてる箇所
  • 10:36 公式地図に「沢の渡渉。増水時注意」と記載されてる箇所
  • 10:38
  • 11:15 公式地図で「林道から幅の狭い自然歩道に直角に曲がる」と記載されてる箇所。 (見落としやすい)
  • 11:50 公式地図に「沢の中を歩くため滑りやすい。増水時注意」と記載されてる箇所。 運動靴では厳しい。
  • 11:54
  • 12:09 「増水時注意」ではなく、「雨天時及び雨天後は通行不可」では?
  • 12:16 普代水門
  • 12:43 普代駅手前の無料駐車場
  • 12:45 普代駅にゴール
  • 2日目 距離:15.5km 登り:845m 下り:913m
  • 踏破証明書と、記念バッチ
  • 13:29 魚定 普代村第6地割中山29-1 (普代水門から約1.2kmの太田名部漁港)
  • 塩ラーメン 550円
  • めかぶラーメン 650円
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、雨具・レインウェア、スニーカー・サンダル、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、ツエルト、ホイッスル、行動食、トレッキングポール、GPS機器、燃料、コッヘル
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

中村さんの登山記録についてコメントする

中村 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2019年6月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」の快適性を背負って実感 モニターレポート第4弾は「フリーフロート・サスペンション」によって、歩きやすく荷物が軽く感じたという、ばななちゃんのレポ...
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
夏山に向けて登山ボディになろう!
夏山に向けて登山ボディになろう! 夏山シーズン目前、今からでも間に合います。身体のリセット・メンテナンスの面から登山のトレーニングを指南。登山のための身体...