登山記録詳細

雪山登山
参考になった 5
魔女の瞳に会ってきました。(一切経山、不動沢ルート) 一切経山(東北)
img

記録したユーザー

たぎお さん
  • 日程

    2016年5月6日(金)

  • パーティ

    2人 (たぎお さん 、ほか1名)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:東北道福島西ICからR115、県道70に入り高湯温泉へ。そこから吾妻スカイラインに入る。通行規制があり、スカイラインは07時~17時の間のみ通行可。高湯温泉の先にゲートがあり、07時になると係員が来て開けます。高湯温泉から浄土平までは一方通行です。スカイラインの情報を事前確認しておいたほうが良いです。登山口の不動沢橋駐車場はトイレもあります。

  • 天候

    晴れ、上空うす曇り、風は微風
    [2016年05月06日(金)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

不動沢橋駐車場(07:35)・・・賽の河原(08:45)・・・慶応吾妻山荘分岐(09:10)・・・大岩(10:20休憩)・・・一切経への登り(10:50)・・・一切経山頂(11:40-12:25)・・・大岩(12:56)・・・慶応吾妻山荘分岐(13:45)・・・賽の河原(14:26)・・・不動沢橋駐車場(14:59)


総距離 約11.1km 累積標高差 上り:約847m
下り:約847m
魔女の瞳(五色沼)が開眼したとの情報で、魔女の瞳に会いに行ってきました。一般的には浄土平から一切経に登り眺められるのですが、現在は噴火警報の影響で浄土平からのルートは禁止されています。したがって、高湯温泉側からのルートからとなります。高湯温泉には06:00に到着しましたが、スカイラインのゲートが07:00から開くので約1時間待ちました。ゲートが開く頃には5台ほど待ち状態でした。不動沢駐車場には交通整理員がおり、浄土平方面への通行指導をしていました。また、登山の準備中に指導員さんが来られ、17:00までに下山してくださいとの注意がありました。
不動沢の駐車場からは小さな沢を渡り石が露出したえぐれた登山道を登ります。賽の河原は岩や石の平らなところかと思いましたが、小さな休憩場といった所です。このあたりから残雪がみられますがアイゼンなどは必要ありません。慶応山荘との分岐を過ぎると登山道や斜面にも残雪があり、アイゼンが必要な状況でした。自分はチエーンスパイクを装着しました。大岩付近や五色沼周囲は雪は解けていますが、一切経山への登りからは残雪があり、アイゼンなどが必要です。一切経山頂付近では雪はありません。山頂では風もなく、気温も10℃あり快適でした。魔女の瞳は空に薄雲がかかっているせいかコバルトブルーではありません。寝起きの瞳なのでしょうかね?
山頂は貸し切り状態、昼食し、ゆっくり展望を楽しめました。前回(2012.9)の時は大勢の登山者でにぎわっていました。やはり火山規制の影響があるのでしょうか?

登山中の画像
登山画像
朝焼けの東北道をひた走り
登山画像
登山口標識。駐車場のすぐ横です。
登山画像
登山開始。
登山画像
すぐに小さな沢を渡る。
登山画像
ショウジョウバカマです。
登山画像
賽の河原目指して。熊鈴を鳴らしながら・・・
登山画像
タムシバ。
登山画像
登山道・・掘れています。
登山画像
賽の河原に到着。
登山画像
残雪あり。
登山画像
賽の河原からは比較的なだらかの道。
登山画像
標識。
登山画像
さらに歩く。熊が出そう!
登山画像
ミツバオウレンですかね?
登山画像
標識。
登山画像
標識。取り付け位置から積雪は2m以上かな?
登山画像
標識。「井戸講」って何?
登山画像
「お一人ずつどうぞ」って書いてあります。
登山画像
慶応吾妻山荘への分岐。
登山画像
標識。山荘は営業中。
登山画像
登山道上に雪。
登山画像
アイゼン、チエーンスパイク装着して慎重に・・・
登山画像
ゆるいので滑ります。
登山画像
家形山が見えてきました。
登山画像
斜面は滑るので注意!
登山画像
大根森に到着。展望良いです。風もなく暖かでし…
登山画像
先に進みます。
登山画像
また雪が出てきました。滑落しないよう慎重に!
登山画像
この斜面をトラバースしました。帰りはこの雪渓の上…
登山画像
大岩が見えてきました。もう少し・・・
登山画像
大岩へ到着。
登山画像
おお~!魔女の瞳です。4年ぶりです。大岩より。
登山画像
家形山です。
登山画像
飯豊山の山並み!
登山画像
飯豊連峰。素晴らしいですね。今年の夏に行きた…
登山画像
一切経山への登りで針葉樹のところは残雪ありま…
登山画像
ズームアップ
登山画像
一切経山への登り。結構急な斜面があります。ア…
登山画像
一切経山への登る途中から
登山画像
山頂間近のガレ場
登山画像
山頂が見えてきた。
登山画像
会津磐梯山です。
登山画像
西吾妻山連峰
登山画像
頂上でゴロ寝・・・・・風もなく温かく気持ちイイ~!
登山画像
お湯を沸かして温かいラーメンを・・・風がなくてよ…
登山画像
キレイです。一切経山頂上より。
登山画像
キレイですね~!
登山画像
イワナシと思います。下山時見つけました。
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、サングラス、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、虫除け・防虫薬品類、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、トレッキングポール、GPS機器、燃料、アウタージャケット、目出し帽・バラクラバ、オーバーグローブ、冬山用登山靴、アイゼン
【その他】 チエーンスパイク
参考になった 5

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

たぎおさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

たぎお さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 5

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

(日本気象協会提供:2019年7月24日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー
吸汗・拡散・速乾! finetrackのドラウトゼファー finetrackが独自に開発した生地を使用した「ドラウトゼファー」を専門店スタッフがフィールドテスト! その実力は?
NEW 「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう
「宝」の山で縁起をかつぎ、宝くじを買おう 全国にはゲンのいい名前の山がある。景観、眺望などから選んだ「宝」の名峰に登り、サマージャンボを買おう!
NEW カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集
カリマー「クーガー」がアップデート!モニター募集 中・大型バックパック「クーガー」は、パッド類を刷新しフィッティングや快適性が向上。モニターを5名募集中!
NEW 鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力
鈴木みきさんに聞く 「ジェイド」の魅力 グレゴリーの女性用ザック「ジェイド」がリニューアル! イラストレーターの鈴木みきさんにその魅力と、山旅のコツを聞いた!
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍!
サロモン「OUT NIGHT」は沢登りでも活躍! クライミングギアを入れても背中が痛くない——沢登りと岩稜クライミングで背負ったあわさんのレポート公開!
NEW 毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記
毎日が絶景! 小岩井大輔の富士山頂日記 富士山頂でしか見られない絶景が、ほぼ毎日! 写真家・小岩井大輔の富士山頂日記は今年もCool!
王道の北アルプス縦走コースを歩こう
王道の北アルプス縦走コースを歩こう 森林限界を越えた稜線に、果てしなく続く縦走路。稜線歩きの醍醐味を思う存分楽しめる、北アルプスの縦走コースを紹介。
憧れの3000m峰に惜しい山に注目
憧れの3000m峰に惜しい山に注目 夏はやっぱり3000m峰に挑戦! と言いたいところだが、惜しい山にも3000m以上の魅力がたっぷりです。
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々
名峰・那須岳登山へ! 個性豊かでダイナミックな山々 活火山の茶臼岳、峻険な朝日岳、最高峰の三本槍岳ほか、花畑の稜線や温泉など魅力満載の那須連峰。ほかにも湿原・お花畑・温泉と...
NEW かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック
かゆいところに手が届く、総じて使いやすいザック オスプレーの大型バックパックで定番的人気商品の「アトモスAG 50」、高橋庄太郎さんが使ってみたインプレッションは?