登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 4
日向大谷口から両神山往復 両神山(関東)
img

記録したユーザー

マッチャン さん
  • 日程

    2016年5月21日(土)

  • 登山口へのアクセス

    バス
    その他:池袋(06:50)---西武特急---(08:12)西武秩父
    御花畑(08:22)---秩父鉄道---(08:42)三峰口 440円
    三峰口駅(08:55)---小鹿野町営バス---(09:48)日向大谷口 400円
    帰りは日向大谷口17:20発、三峰口駅18:13着のバスに乗る。
    バスはマイクロバスで、座れるのは12人ほど。
    帰りは薬師の湯で、西武秩父行きのバスに乗り換える人が多かった。その方がtotal 500円(と町営バスの運転手さんが言っていた)で西武秩父に着くので安い。

  • 天候

    晴れ
    [2016年05月21日(土)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

日向大谷口バス停(09:54)・・・両神山荘(10:07)・・・鳥居(10:10)・・・八海山(11:13)・・・妙空蔵童子(11:30)・・・弘法之井戸(11:39)・・・清滝小屋(11:49)・・・産休尾根(12:11)・・・横岩(12:28)・・・両神神社(12:41)・・・両神山山頂(13:13)・・・両神神社(13:43)・・・産休尾根(14:10)・・・清滝小屋(14:21)・・・鳥居(16:02)・・・両神山荘(16:05)・・・日向大谷口バス停(16:20)


総距離 約10.3km 累積標高差 上り:約1,824m
下り:約1,825m
東京から電車バスを使って最も早く着ける方法を調べた末、池袋発6:50の西武特急ちちぶ3号で西武秩父へ。8:22発の秩父電車で三峰口へ。そこから8:55発の小鹿野町営バスで日向大谷口9:48着のルートを取ることに。登山開始が10時と結構遅いですが、帰りのバスも15:10に乗れないと17:20まで無いので、逆にコースタイム6時間のところを7時間20分で往復すれば良いと考えることに。
そばの東屋で登山準備を整えると、バス停真ん前の両神山荘への階段を登るのでは無く、そのまま車道を登り、最後の駐車場にあるトイレで用を済ませてから両神山荘の看板前を左の登山道へ。
歩き出すと直ぐに石造りの鳥居と祠。この先は神域なのでしょう。1時間ばかり登ると道標の柱に八海山の文字が。南魚沼市の八海山とは関係無いでしょうが、共に霊山ということは仏教用語でしょうか。湧水の出ている弘法之井戸を通過して10分ほど登ると目の前に清滝小屋が。思った以上に立派な山小屋でした。蛇口から出てくる冷たい水で顔を洗ってリフレッシュし、山小屋裏手の急坂へ。当日はテントが一張残っていました。20分ほど急坂を登り「産休尾根」という名の尾根へ。ここから更に30分登ると両神神社へ。ベンチもあり休むのに良さそうでしたが、まだ山頂は先とのことで水を一口飲んで進むことに。意気込みに反して道は下って行きましたが、もう一度登り返すと岩の山頂へ到着。山頂では団体さんが「日本百名山 両神山頂」の標柱の回りに移動中。ワイワイガヤガヤ集まるとガイドらしき若い男性が集合写真を撮影。たまたま一番高い所で彼と並んで立っていた私が、カメラを預かりその若い男性も含めた集合写真を「ハイチーズ」とパシャリ、パシャリ。集合写真が終わっても個々の人が次々と標柱の横に立って写真を撮って貰うのを我慢強く待って(全く急ぐ必要の無い山登りでしたし)、ようやく無人の標柱を1枚だけパシャリ。山頂は狭かったので証拠写真を撮ると直ぐに降りることに。
両神神社に戻ると今回はベンチに座ってコンビニおにぎり1個を頬張り、水分を補給。産休尾根まで下ると、いよいよ急坂の下り。清滝小屋までたった10分の下りでしたがとても長いこと。清滝小屋でもう一度顔を洗い、大福餅を1つ食べました。下りで脚がいい加減疲れた頃、腕時計を見ると15:10を過ぎていました。この先、バス停までは出来るだけゆっくり降りた方が楽だし、バス停で待たなくて良いかなと更にゆっくり降りることに。それでも16時過ぎには鳥居に到着。両神山荘下の駐車場にあるトイレで顔を洗い、汗で臭くなったシャツを脱ぎ、濡れタオルで身体を拭いて新しいシャツに着替えてから日向大谷口バス停へ着いたのが16:20。バス停には既に男性が二人待ってました。まだバスの時刻まで1時間。幸い直ぐ側に自販機があり、冷たいコーラを買って飲み彼らと雑談をしたり、ストレッチをしたりして過ごしました。バスが来た時には20人弱が並んでいました。バスに座れるのは12人ですが、全員乗るには十分。もしも満員でこのバスに乗れなかったらどうなるのでしょう。そんな悲惨な経験はしたくないものです。
このところ有り難いことに好天の週末が続き、5月21日も天気に不安は無い予報だったので、急遽、意を決して両神山を登ることにしましたが、東京からの日帰りは登山口までの往復に相当時間がかかりました。次回来るなら、清滝小屋でテント泊が良いかな。もちろん余裕があれば民宿両神山荘で前泊して、降りてきたら両神温泉薬師の湯の国民宿舎「両神荘」で疲れを癒やすという贅沢な旅も楽しそうです。

登山中の画像
登山画像
三峰口駅から日向大谷口まで乗った小鹿野町営バ…
登山画像
中央の白い四角いのが両神山荘の看板。その下を…
登山画像
両神明神社の鳥居
登山画像
八海山
登山画像
妙空蔵童子
登山画像
弘法之井戸
登山画像
清滝小屋
登山画像
産休尾根
登山画像
両神神社
登山画像
両神山山頂
登山画像
両神神社の狛犬
登山画像
清滝小屋の屋根付きベンチとその奥にひねると水…
登山画像
川沿いの道はとても綺麗ですが、疲れた脚では滑…
登山画像
両神明神社に戻って来ました。
登山画像
下に見えるのが最も上にある駐車場とトイレの建…
登山画像
バス停に戻って来ました。この左手の建物の先に…
参考になった 4

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マッチャンさんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マッチャン さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 4

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

晴時々曇
(日本気象協会提供:2019年6月24日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド
レベル別! 飛騨から登る北アルプス登山ガイド 小林千穂さんを案内役に、乗鞍、槍、双六、笠など6つの山を紹介! タイトルフォトは写真コンテストの作品から順番に!
NEW C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場!
C3fitから「風が抜けるサポートタイツ」登場! メッシュパネルが生み出す通気性を、高橋庄太郎さんがフィールドテスト。暑い季節もサポートタイツを使いたい方、必見!
NEW ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス
ココヘリ。遭難者を探し出す捜索ヘリサービス 「会員制捜索ヘリサービス“ココヘリ”」。発信される電波で位置を特定、万が一、登山者が動けなくても探し出せる!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」は通気性と速乾性が魅力的! 今回のモニター企画で最後を飾るのは、暑い大野山でも背中の汗が気にならなかったという、O.N.さんのレポートです!
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
NEW コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット
コンパクトに収納! ドリッパー&クッカーセット 連載「高橋庄太郎の山MONO語り」。わずか285gの「チタンドリッパー&クッカーセット」を使い、山で本格コーヒーを味わう...
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!
NEW 登山中の飲料に関するアンケート
登山中の飲料に関するアンケート みなさんは山で何を飲んでいますか? 飲料に関するアンケートにご協力ください。抽選で5名様にプレゼントあり!