登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 6
上越のマッターホルン、5月の大源太山を登る 大源太山(上信越)
img

記録したユーザー

Batchi さん

この登山記録の行程

林道終点(07:50)・・・分岐[休憩 10分](08:05)・・・シシゴヤの頭[休憩 10分](09:28)・・・分岐[休憩 10分](10:10)・・・七ツ小屋山[休憩 10分](10:37)・・・大源太山[休憩 20分](11:34)・・・分岐(12:52)・・・林道終点(13:07)

総距離 約9.9km 累積標高差 上り:約1,330m
下り:約1,330m
コースタイム 標準:7時間50分
自己:4時間17分
コースタイム倍率 0.55
当日は快晴、無風と恵まれ5月の山行を思う存分楽しんだ。
登山口から分岐まではなだらかな傾斜。登りのペースをつかむのにうってつけ。
分岐を通過してからシシゴヤノ頭までは一転して急登。ここまで作ってきたペースも水の泡、
一気に心拍数が上がる。道幅も狭い箇所が多々あり、油断して滑落しないように注意が必要。
シシゴヤノ頭に出ると正面に大源太山の山容が拝める…が、「上越のマッターホルン」とは
言いがたい。しかし、ここから七ツ小屋山までの稜線歩きは素晴らしい。
涼しい風に吹かれながら稜線の左手で徐々に大源太山がマッターホルンに変化していくのを
眺める。右手に目をやれば谷川岳が見える。傾斜はほとんど無いので傍に咲いている植物に
目をやる余裕もある。七ツ小屋山で小休止し、分岐を過ぎると下り。
目前の大源太山に行くにはそこから約200m標高を下げ、100mほど登り返す。
頂上手前の岩場は小さいながらなかなかの手応えがある。
鎖も設置されているが両手両足をしっかり使って登る。
山頂は狭いが360度のパノラマは素晴らしい。
この時期で既に虫(ハエ)が多く発生しており、煩わしいが…。
山頂から登山口までの下りは傾斜がきつく、登りで疲労した脚にはこたえる。
加えて標高が下がるにつれ気温と湿度が上がるので下山は厳しいことを覚悟しておきたい。

登山中の画像
  • 林道終点、約10台の駐車スペースあり。ここから登山口までは5分かからない。登山口の横に更に10台弱の駐車スペースあり。
  • 登山口。この右手に駐車スペース。
  • シシゴヤノ頭から大源太山。
  • シシゴヤノ頭から七ツ小屋山へ向かう稜線上から「上越のマッターホルン」を臨む。
  • 稜線の右手には谷川岳が見える。
  • 七ツ小屋山〜分岐を過ぎると下り。目前の大源太山へ行くにはここから標高を約200m下げて100mほど登り返す。
  • 大源太山の山頂に向かう最後の登りは岩場。さほど距離は無いがなかなか登りごたえがある。
  • 鎖も設置されているが、基本的には使わない。
  • 大源太山の山頂から歩いて来た稜線を振り返る。奥には谷川岳が見える。
  • 山頂から見る谷川岳。
参考になった 6

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

Batchiさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

Batchi さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 6

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

曇時々雨
明後日

曇一時雨
(日本気象協会提供:2020年7月4日 11時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集!
御嶽山の登山道を守る活動 参加者募集! 岐阜県で御嶽山の登山道を守る取り組みがスタート。編集長萩原、五の池小屋主人と登る特別企画で参加者を募集!
NEW 雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活
雨の季節に。パタゴニア「レインシャドー」が復活 パタゴニアがレインシェル「レインシャドー」シリーズを一新! リサイクル素材、3層構造のストレッチ生地でより快適に!
NEW 後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】
後ろが長い傘をチェック!【山MONO語り】 高橋庄太郎さんの連載は、ユーロシルムの「後ろが長い軽量傘」を雨の中で。ザックを覆うような構造や使用感のレポート
NEW 山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】
山小屋を支援しよう【山小屋エイド基金】 コロナ禍で営業できない山小屋を支援するため、クラウンドファンディングを立ち上げました。ご協力をお願いします(外部リンク)
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記
萩原編集長のヒマラヤ未踏峰挑戦記 NHKのTV番組でおなじみ萩原編集長、2013年秋にはネパール・ヒマラヤ未踏峰、「アウトライアー」に総隊長として参加。そ...
山道具の買い方・選び方はプロに訊け
山道具の買い方・選び方はプロに訊け 数ある登山道具の中から、自分にピッタリの用具を選ぶには? 登山用具を知り尽くしたプロショップのスタッフが、そのツボを説明...
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山
梅雨時期こそ登りたい、登るべき山 雨降りの中で登山をするのは、やはりオススメできないが、梅雨時の今こそ登りたい山はたくさんある!
登山ボディをしっかり作ってから山へ!
登山ボディをしっかり作ってから山へ! 登山自粛、自宅待機で、すっかり鈍ってしまった身体を、チェック&メンテナンスしたから山へ向かいましょう!
NEW 大自然のダイナミズムに触れる北海道の山
大自然のダイナミズムに触れる北海道の山 北海道の山々から厳選! 踏破したい憧れの名山&コース7選
高山植物の女王・コマクサに会える山へ
高山植物の女王・コマクサに会える山へ ほかの植物が生息できないような砂礫地で、孤高に、可憐な姿を見せるコマクサ。殺風景な風景に力強く咲く「女王」を見られる山へ...
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
レンゲツツジが山肌を彩る季節です
レンゲツツジが山肌を彩る季節です 初夏の時期、山肌を朱色に染めるレンゲツツジ。例年は6月下旬がピークだが、今年は今が最盛期。行くなら今でしょ!