登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 0
水晶岳と雲ノ平から笠ヶ岳(前日泊5泊6日) 水晶岳、雲ノ平、鷲羽岳、笠ヶ岳(北アルプス・御嶽山)
img

記録したユーザー

マウンテンヴギ さん
  • 日程

    1979年7月23日(月)~1979年7月28日(土)

  • 利用した登山口

    高瀬ダム   中尾高原口  

  • 登山口へのアクセス

    電車
    その他:往路:新宿1030発急行アルプス3号~松本1433着1447発~信濃大町1555着1615発バス~葛温泉1655着
    復路:中尾口1237発バス~高山1415着1540発急行のりくら8号~名古屋1901着1924発こだま290号~東京2216着

  • 天候

    1日目:晴れ時々曇り、2日目:晴れ時々曇り夜雷雨、3日目風雨強し夕方晴れ、4日目:快晴夕方一時雨、5日目:曇りのち晴れ、6日目:くもり一時晴れのち雷雨

この登山記録の行程

【1日目】実動4時間45分
蔦温泉荷物取扱所(07:40)~七倉トンネル入口(07:55)~七倉山荘(08:10)[休憩 10分]~高瀬ダム下(08:50)~ダム上荷物受取所(09:20)
高瀬ダム(09:45)・・・第5発電所(10:25)・・・巻き道入口(10:40)[休憩 5分]・・・林道終点(11:05)・・・ワサビ沢出合[休憩 20分](11:20)・・・名無沢出合(11:55)・・・コジ沢出合(12:15)分岐見落とし・・・高瀬川河原(12:40)[迷 5分]・・・セバ沢出合(12:50)[休憩 5分]・・・東電取水池(13:25)・・・湯俣温泉晴嵐荘(13:35)

【2日目】実動8時間10分
湯俣温泉晴嵐荘(05:40)・・・途中(06:00)[休憩 5分]・・・槍見石展望台(06:25)[休憩 15分]・・・途中(07:30)[休憩 15分]・・・途中(08:35)[休憩 10分]・・・途中(09:00)[休憩 10分]・・・湯俣岳頂上分岐(09:20)[休憩 15分]・・・湯俣南真砂岳コル(10:10)[休憩 10分]・・・雪渓(10:55)[休憩 20分]・・・森林限界(11:35)[休憩 20分]・・・雪渓(12:30)[休憩 5分]・・・雪渓(12:40)[休憩 10分]・・・稜線出合(13:10)[休憩 15分]・・・途中(13:55)[休憩 10分]・・・裏銀座縦走路出合(14:35)・・・途中(14:50)[休憩 10分]・・・途中(15:15)[休憩 5分]・・・途中(15:45)[休憩 15分]・・・東沢乗越(16:10)[休憩 5分]・・・途中(16:30)[休憩 10分]・・・水晶小屋(17:15)

【3日目】実動2時間
水晶小屋(10:10)・・・水晶岳(黒岳)(10:35)[休憩 15分]・・・水晶小屋(11:05)[休憩 145分](11:05)・・・鷲羽岳分岐(14:00)[休憩 5分]・・・岩苔乗越(14:10)・・・祖父岳(14:40)[休憩 5分]・・・雲ノ平(15:40)

【4日目】実動5時間5分
雲ノ平(06:10)・・・雷岩(06:25)・・・スイス庭園(06:35)[休憩 20分]・・・祖父岳(07:45)[休憩 20分]・・・岩苔乗越(08:35)・・・鷲羽岳分岐(08:45)[休憩 10分]・・・ワリモ岳(09:10)・・・コル(09:20)・・・鷲羽岳(09:40)[休憩 60分]・・・伊藤新道下山口(11:15)・・・三俣山荘(11:20)[休憩 15分]・・・双六岳トラバースルート分岐(12:10)[休憩 5分]・・・三俣蓮華岳(12:25)[休憩 5分]・・・分岐(12:35)[休憩 25分]・・・トラバースルート沢出合(13:30)[休憩 10分]・・・途中(14:00)[休憩 10分]・・・双六小屋(14:30)

【5日目】実動4時間
双六小屋(06:50)・・・2622m峰(07:20)・・・途中(07:25)[休憩 25分]・・・鏡平分岐(08:05)[休憩 10分]・・・途中(08:20)[休憩 10分]・・・弓折岳(08:35)[休憩 35分]・・・大ノマ乗越(09:25)・・・2682m峰(09:50)・・・途中(10:00)[休憩 10分]・・・秩父平(10:25)[休憩 50分]・・・稜線2670m地点(11:30)・・・抜戸岳(12:10)[休憩 15分]・・・抜戸岩(12:50)・・・途中(13:05)[休憩 15分]・・・笠ヶ岳山荘(13:40)

【6日目】実動3時間45分
笠ヶ岳山荘(06:15)・・・笠ヶ岳(06:25)[休憩 5分]・・・雷鳥岩(07:25)[休憩 10分]・・・クリヤ谷下降点(07:50)・・・沢出合(08:10)・・・途中(08:15)[休憩 15分]・・・沢(08:35)・・・蜂ノ巣岩(08:45)・・・錫杖ノ岩小屋(09:30)[休憩 20分]・・・槍見温泉(10:45)・・・中尾高原口(10:50)

総距離 約55.0km 累積標高差 上り:約5,713m
下り:約6,016m
コースタイム 標準:37時間13分
自己:34時間
コースタイム倍率 0.91
1日目:高瀬川に沿っての林道歩き。セバ沢に出会うところで道を間違えやすいので注意。
2日目:前夜の温泉入浴でかえって疲れてしまい、この日はペースが上がらず。
竹村新道は当時開通したばかりで登山道は整備されていなかった。最新の情報をチェックのこと。登り開始から1時間ほどの展望台は槍ケ岳の姿が圧巻。
縦走路に出会うあたりの稜線で、チシマギキョウ、ミヤマクワガタを確認。
3日目:午前中は雨。停滞も考えたが小降りになったところで行動を開始。展望なし。
水晶岳への稜線はヤセ尾根。いくつものコブがあり、ガスにまかれるとピークと勘違いする。山頂直下の岩場は、濡れていると滑りやすいので注意。
雲ノ平と周囲の見渡せる祖父岳は絶好の展望台。
4日目:天候が回復。半ズボンで歩いたら日焼けしてしまい、以後が辛かった。
山荘から30分ほどのスイス庭園からの展望はおススメ。池塘に映る水晶岳は圧巻。
鷲羽岳からの展望も素晴らしい。立山連峰の山々はもちろん槍穂高、白馬岳までが指呼の間に望める。
高山植物はルートのあちこちに点在しているが、双六岳東面(トラバースルート)のお花畑はプロムナードコースだ。ショウジョウバカマ、ミヤマダイモンジソウ、イワカガミ、ホソバツメクサ、イワツメクサ、シナノキンバイなどを確認。
5日目:天気は高曇り。ルートのどこからでも槍ヶ岳がよく見える。
登山道に問題はない。このルートも花の道。ヨツバシオガマ、ハクサンフウロ、ハクサンチドリ、シナキンバイ、イワカガミ、クロユリを確認。
6日目:クリヤ沢下りの途中から雨。
クリヤ沢沿いの下り道はとにかく長い。雨の時などは特に滑りやすいので注意。

登山中の画像
登山画像
高瀬ダム
登山画像
ダム湖
登山画像
高瀬川
登山画像
湯俣付近にかかる吊り橋
登山画像
湯俣川
登山画像
現在は廃道になった伊藤新道
登山画像
竹村新道の登り口
登山画像
竹村新道から高瀬渓谷を望む
登山画像
竹村新道にて
登山画像
ヤマルリトラノオ
登山画像
湯俣岳
登山画像
竹村新道から三俣蓮華方向
登山画像
竹村新道から鷲羽岳を望む
登山画像
真砂岳
登山画像
裏銀座縦走路直下
登山画像
竹村新道の南真砂岳
登山画像
裏銀座縦走路の真砂岳
登山画像
裏銀座縦走路
登山画像
水晶岳への登り
登山画像
水晶岳山頂部
登山画像
水晶岳山頂
登山画像
ワリモ乗越
登山画像
祖父岳頂上
登山画像
雲ノ平山荘
登山画像
雲ノ平から黒部五郎岳の朝
登山画像
黎明の水晶岳
登山画像
雲ノ平と薬師岳
登山画像
朝日の水晶岳
登山画像
祖父岳から水晶岳と赤牛岳(左)
登山画像
祖父岳頂上の大ケルン 奥に笠ヶ岳
登山画像
水晶岳
登山画像
雷岩 奥に祖父岳
登山画像
ワリモ岳と鷲羽岳
登山画像
ワリモ岳から鷲羽岳を望む
登山画像
鷲羽岳の登り
登山画像
鷲羽岳山頂
登山画像
鷲羽岳から水晶岳を望む
登山画像
奥左から大天井岳、常念岳、槍ヶ岳
登山画像
双六岳と三俣蓮華岳(右)
登山画像
鷲羽池と槍ヶ岳
登山画像
鷲羽岳から三俣蓮華岳を望む
登山画像
コイワカガミ
登山画像
ホソバツメクサ
登山画像
ハクサンチドリ
登山画像
三俣山荘と鷲羽岳
登山画像
三俣山荘
登山画像
三俣蓮華岳登り途中から鷲羽岳
登山画像
三俣蓮華の登り
登山画像
鷲羽岳
登山画像
三俣蓮華岳山頂
登山画像
双六岳
登山画像
三俣蓮華岳から鷲羽岳と水晶岳(左)
登山画像
双六岳
登山画像
双六岳巻き道分岐点
登山画像
アオノツガザクラ
登山画像
シナノキンバイ
登山画像
イワツメクサ
登山画像
ヨツバシオガマ
登山画像
ハクサンフウロ
登山画像
双六小屋
登山画像
鏡平分岐
登山画像
弓折岳登り途中から鷲羽岳を望む
登山画像
弓折岳の登り
登山画像
シナノキンバイ
登山画像
シロバナハクサンチドリ
登山画像
ショウジョウバカマ
登山画像
クロユリ
登山画像
弓折岳山頂
登山画像
弓折岳から槍ヶ岳を望む
登山画像
弓折岳から鷲羽岳
登山画像
弓折岳から槍ヶ岳を望む
登山画像
槍ヶ岳
登山画像
大ノマ岳(手前)と抜戸岳
登山画像
抜戸岩と笠ヶ岳
登山画像
抜戸岳への登り
登山画像
抜戸岩
登山画像
抜戸岳から笠ヶ岳を望む
登山画像
笠ヶ岳山荘
登山画像
笠ヶ岳山頂からの展望
登山画像
笠ヶ岳山頂の祠
登山画像
笠ヶ岳山頂から穂高連峰
登山画像
槍ヶ岳から穂高連峰への稜線
登山画像
クリヤ谷下降点付近
登山画像
雷鳥岩が目印
登山画像
クリヤ谷から錫杖岳
登山画像
錫杖ノ岩小屋
登山画像
クルマユリ
登山画像
モミジカラマツ
登山画像
ニッコウキスゲ
この山行での装備
長袖シャツ、Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、サブザック、防水スタッフバック、スパッツ、ゲイター、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、着替え、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、ナイフ、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル
参考になった 0

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

マウンテンヴギさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 燕山荘 ~燕岳
    燕山荘
    燕山荘周辺はすっかり晩秋の装い。雪はいつ降ってもおかしくない季節へ
    20年10月15日(木)
    槍ヶ岳山荘 ~槍ヶ岳
    槍ヶ岳山荘
    10/1初雪。紅葉は槍沢や岳沢が見頃です。氷点下近い気温を想定した防寒装備で。営業は10/24泊迄
    20年10月14日(水)
  • 太郎平小屋~薬師岳・雲ノ平・高天原
    太郎平小屋
    太郎平小屋は10/17の宿泊まで。薬師沢にかかる橋は撤去され、薬師岳山頂祠の薬師如来様も小屋まで下りてこられました
    20年10月14日(水)
    双六小屋~双六岳
    双六小屋
    双六岳周辺や弓折岳周辺、鏡平で紅葉の見頃を迎えています。双六小屋は11日(日)の宿泊まで営業
    20年10月07日(水)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

マウンテンヴギ さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 0

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇のち雨
(日本気象協会提供:2020年10月19日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 六甲山でトレッキング入門
六甲山でトレッキング入門 神戸市在住・在勤・在学の方に朗報! 六甲山の魅力と登山の楽しさや技術を学ぶ、無料の入門ツアーを開催。
NEW 御嶽山で登山道整備の活動がスタート
御嶽山で登山道整備の活動がスタート 豪雨災害から2年の御嶽山で、登山者による登山道整備がスタート。萩原編集長も挑戦した石運びの様子をレポート!
NEW 軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】
軽量コンパクトな “ドームツエルト”【山MONO語り】 山岳ライター高橋庄太郎さんによるギア連載。今回はヘリテイジ「クロスオーバードーム」の改良版!その使い勝手は…
NEW コロナ禍で登山の意識は変わりましたか?
コロナ禍で登山の意識は変わりましたか? 新型コロナウイルス感染症によって、あなたの登山はどう変わりましたか? 登山愛好者のみなさんにアンケートを行っています。ご...
NEW 山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語
山の麓に住む。長野県大町市に移住した家族の物語 山好きが高じて長野県大町市に移住した家族のインタビューを再掲載。オンライン移住相談会や現地見学会も開催!
NEW 紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山!
紅葉登山シーズン到来! GoTo秋山! 秋の到来とともに、山は紅葉シーズンの到来となります。最高の紅葉の山を、安全に快適に楽しむ紅葉登山特集!
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳
ステップアップ登山! 槍ヶ岳 & 双六岳 登山経験を積んで、長時間の山行と山小屋泊の登山に慣れてきたら挑戦したい槍ヶ岳と双六岳。飛騨側からの槍ヶ岳にもぜひ!
東京都最高峰、雲取山に登ろう!
東京都最高峰、雲取山に登ろう! 標高は2017m、日本百名山の一座として知られています。はじめての山中泊、はじめての縦走登山などにも適した山です。
おとな女子登山部によるリレー連載
おとな女子登山部によるリレー連載 好日山荘女性スタッフ有志による「おとな女子登山部」のリレー連載。メンバーの経験に基づくノウハウが満載!
全国津々浦々ご当地アルプス8選
全国津々浦々ご当地アルプス8選 その規模は小さくとも、展望や岩場などアルプスらしさが魅力のご当地アルプス
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ
秋の贅沢、秘湯+紅葉の山旅へ 温泉で山歩きの疲れをほぐし、山の幸を堪能する。日本の秋を満喫する至高の組み合わせに誘うコース七選
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...