登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 1
2016 6月 くじゅう登山 平治岳(九州・沖縄)
img

記録したユーザー

オークウッド さん

この登山記録の行程

九重登山口(08:27)・・・雨ヶ池分岐・・・分岐・・・雨ヶ池越[休憩 10分](09:27)・・・吉部分岐(10:02)・・・坊がつる[休憩 10分](10:07)・・・分岐[休憩 10分](10:19)・・・大戸越[休憩 10分](11:05)・・・平治岳[休憩 30分](11:49)・・・大戸越[休憩 60分](12:49)・・・分岐(14:19)・・・坊がつる[休憩 20分](14:22)・・・吉部分岐[休憩 20分](14:45)・・・雨ヶ池越[休憩 10分](15:05)・・・分岐[休憩 10分]・・・雨ヶ池分岐[休憩 20分](16:19)

総距離 約13.8km 累積標高差 上り:約1,004m
下り:約992m
コースタイム 標準:6時間20分
自己:4時間42分
コースタイム倍率 0.74
ミヤマキリシマの盛りは過ぎているという情報はありましたが、山頂付近はまだ咲いているとの事でしたし、梅雨の合間の貴重な晴れ予報でしたので、先々週断念した平治岳登山へ行って参りました。
くじゅう山へ向かう途中、地震後初めて湯布院方面を通りましたが、由布岳の崩壊を目の当たりにして、地震の大きさと寂しさも感じつつ、一路長者原へ向かいました。(大分自動車道は地震の影響で由布岳PAから一部区間対面通行となっています)

今回は長者原にある九重登山口から平治岳を目指します。何気に九重登山口から雨が池方面を通るコースは初めて(くじゅうの中ではかなりポピュラーなコースなはずなのですが・・・)です。

長者原から山口からまっすぐ…向かわず、ダテ原湿原を散策してから登山口へ。湿原の植物などを見つつ、木道をポクポク歩きます。
下界は暑かったようですが、ここの周辺は20度にも達しておらず快適な湿原散策を楽しみました
肝心の登山道ですが、このコースでは地震の影響もなく、何ら不安を抱くような点はありませんでした。木漏れ日と植物、苔などを写真に納めながらの山行。当初はるばる佐賀から来た方とお話しながらの登りでしたが、なんでも以前長野に赴任していたことがあるとのことで、北・中央・南アルプスの主要な山に登った経験もあるという大ベテランの方でした。来年南アルプスへの挑戦を考えている自分には羨ましすぎる・・・。
坊がつるでのテント泊は楽しそうだなぁと感じつつ、平治岳への登山口へ到着。まずは大戸越を目指しますが、ここからがちょっと苦労しました。先日までの雨が乾燥しておらず、ぬかるみだらけの登山道に足を取られながら何とか到着。一息入れて平治岳を目指しますが、今度は背の低いミヤマキリシマの枝をかき分けながらの急登。枝が足に当たって痛いし…。
急登を登った後は、ようやくお目当ての一面ミヤマキリシマとのご対面…とはならず、やはりピークは過ぎた模様。ただ楽しむには十分な位残っていてくれました。梅雨時でしたが、青空にミヤマキリシマの濃いピンク色がすごく栄えます。これ見ただけで今回登ってきて良かったなって思いました。
一通り写真をパシャパシャ撮って、大戸越まで下り、お昼ご飯。某雑誌に載っていた「たらこ炒飯」に挑戦。周りの「何してんだコイツ」という感じの視線にもめげず完成した炒飯はなかなかの出来映え。塩味が効いて美味しい!塩分補給が大切な夏場にはぴったりかもですね。
下山は元来たルートを辿りました。途中、ガテン系の若いお兄さんや、若さがまぶしすぎるの山女子3人組(いずれも推定20代前半)に抜かれ、て、自分のおっさんぶりを痛感させられましたが、まぁ楽しめたので良い山行だったのではないでしょうか。
※ 平治岳の登山道(特に下りコース)には、道の真ん中に切り株やら鉄杭が結構トラップのように仕掛けられているので、集中力を欠いていると引っかかってこけてしまうので注意すべし(実体験)

登山中の画像
参考になった 1

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

オークウッドさんの登山記録についてコメントする

関連する現地最新情報

  • 法華院温泉山荘 ~九重山
    法華院温泉山荘
    ミヤマキリシマが山荘周辺で4分咲き。これから山肌を駆け上がっていきます。6/2「くじゅう山開き」
    19年05月20日(月)

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

オークウッド さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 1

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

晴時々曇
明後日

曇時々晴
(日本気象協会提供:2019年5月25日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催!
飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト開催! 今年も開催! 飛騨から登る北アルプスフォトコンテスト。小林千穂さんを審査員に迎え賞品も豪華に! 投稿お待ちしています!
NEW 花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介
花の盛期に訪れた森吉山。北秋田の魅力を紹介 秋田県にある花の名山・森吉山。最盛期を迎えた山上のお花畑と山麓の豊かな森。マタギ文化にも触れた2泊3日の山旅を掲載!
NEW サロモンから独創的なバックパック登場!
サロモンから独創的なバックパック登場! あなたの登山をより軽快にするバックパックシリーズ「OUT」の特徴をチェック!
NEW カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感
カリマー「リッジ」完成度の高さをスキー山行で実感 スキー滑降時にもバランスが良く、ストレスを感じることがなかったというヨッシーミューラーさんのレポートをチェック!
NEW 尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開
尾瀬の自然に会いに行こう!「尾瀬ナビ」公開 のんびり湿原散策に爽快な山登り…。尾瀬のシーズンが始まります。尾瀬をもっと楽しめるキャンペーンもご紹介。
NEW 連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック
連載「山MONO語り」 新基軸の小型バックパック ライター高橋庄太郎さんによる連載。今月はブラックダイヤモンドの小型パックをチェック! 小さくても魅力満載!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ!
グレゴリー「ズール」&「ジェイド」がモデルチェンジ! フィット感と通気性を兼ね備えた軽量バックパックが更に進化。 グレゴリーの新たな「ズール」&「ジェイド」をチェック...
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫
箱根――、火山が生んだ恵みの数々を満喫 20km四方とコンパクトなエリアに、ユニークで魅力ある山容を作りだしている箱根。登山と同時に、温泉や海の幸も楽しんじゃお...
「令和」の山、万葉集の山への誘い
「令和」の山、万葉集の山への誘い 新年号が「令和」に決まった。早速、令和に関連した山に行ってみよう! 太宰府周辺の山、万葉集にちなんだ山を紹介
春~初夏にツツジがキレイな山
春~初夏にツツジがキレイな山 花数が多いうえに花も大振りで存在感がある山、ツツジ。一斉に咲くと、ピンク、赤紫、白などの色が山の斜面を染める。
新緑が輝く季節、緑を満喫する山
新緑が輝く季節、緑を満喫する山 山肌の色が枯野色から緑色へと急激に変わる季節。山の緑が最も美しい時期に、緑にこだわって行くのにオススメの山。
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS
山で便利・安心! 登山用アプリ&GPS スマートフォンの普及で高価で手の届かなかったGPS機器が誰でも使える! 初心者向けのノウハウから裏技まで、登山アプリとス...