登山記録詳細

無雪期登山
参考になった 2
梅雨明け?勘違いするほどの夏空、越後駒ヶ岳 越後駒ヶ岳(上信越)
img

記録したユーザー

opiro772 さん
  • 日程

    2016年6月27日(月)

  • 登山口へのアクセス

    マイカー
    その他:★日曜日の夕方に枝折峠に到着し、車中泊
    ★枝折峠には水洗トイレ完備、手洗い用の水は完備(飲用不可と思われる)
    ★車中泊される方は水場(自販機もなし)がないので、多めの水を用意されることをオススメします

  • 天候

    晴れ
    [2016年06月27日(月)の雨雲の位置を確認する]

この登山記録の行程

5:30枝折峠 → 5:54明神峠 → 6:43道行山 → 7:17小倉山(休)7:24 → 7:57百草ノ池 → 前駒 → 9:04駒ノ小屋 → 9:26越後駒ヶ岳(昼休)10:12 → 10:26駒ノ小屋 → 前駒 → 11:04百草ノ池 → 11:30小倉山(休)11:39 → 12:02道行山 → 12:59明神峠 → 13:23枝折峠


総距離 約14.8km 累積標高差 上り:約1,496m
下り:約1,492m
【コース状況】
★整備された登山道です、但し泥濘や滑りやすい箇所も多々ありました
★百草ノ池までは小さいアップダウンを繰り返します、百草ノ池を過ぎると急登になります

【帰りの日帰り温泉】
★奥只見方面に戻り、銀山平温泉 白銀の湯(650円/人)を利用しました、露天風呂から登って来た越後駒ヶ岳が見えます

【感想】
越後駒ヶ岳、標準コースタイムだと11時間(皆さんのレコだと早い人だと6時間)と時間がかかりそうなので安心感の前乗り車中泊をチョイス。
日曜日の17:00前に枝折峠に着いたときは自分の車を含め3台のみ、早めの夕食をとっていると2組の方々が雨の中を下山。早々に片付けて駐車場をあとにするの残っているのは自分のみ。うぅ~ん、ガスでもやってるし寂しい...
ご飯も食べたしやることないので18:30過ぎには就寝、21:00過ぎに一度起きたら隣に1台車があったので一安心、で翌朝4:00まで熟睡でした。

朝ご飯とコーヒーを飲み、身支度を整え予定より早く5:30に駐車場を出発。
アップダウンを繰り返しながら2時間弱歩いて小倉山、ココで確認するとまだ標高差300mほどしか上がってないのに気付き、『ちょっとマジですか?』って感じです。
多分、この区間で詰められないと時間がかかってしまうのかもしれませんね。
百草ノ池を過ぎると一気に標高差600mを稼ぐ急登になってきますが、すでにここまで結構歩いているのであまりキツさを感じず駒ノ小屋まで詰められました。
そうそう標高1500mあたりから一気に登山道に花が多くなってくるのも、キツさを感じなかった一因かも。

駒ノ小屋から山頂までは20分ほどですが、両脇に延びるキレイな稜線(越後駒と中ノ岳)を眺めならですからあっという間でした。
山頂からは360℃の展望を得られましたが、八海山山頂の雲だけはなかなか切れないんですよね、食事をしながら40分ほど滞在したけど諦めて下山開始です。
下山もまあまあのペースで降りられたけど、小倉山あたりからのアップダウンで膝がきちゃったのとシャリバテで駐車場手前2kmの場所で大休止、まあこんなこともたまにはありますね(^^;)、そして13:20過ぎには駐車場に無事下山(^^)/

梅雨の合間の青空で歩いていると、すでに梅雨明けしちゃったんじゃないかと思う位の青空に白い雲、ホント明日からの梅雨空になる事が信じられない夏山の1日でした。
越後駒ヶ岳なかなか歩き堪えのあるお山でした、次回は紅葉の時期に歩いてみようかな。

さあ、次の山は決まった!
ちょっと早い夏休み第一弾と行ったところ、あとは雨が降らないことだけを願うだけ。まだ梅雨明け前だから『てるてる坊主』も作らないとかな。

この山行での装備
Tシャツ・アンダーウェア、パンツ、靴下、雨具・レインウェア、登山靴・トレッキングシューズ、ザック、水筒・テルモス、ヘッドライト(+予備電池)、タオル、防寒着、帽子、グローブ、手袋、軍手、地図(地形図・ルート図)、コンパス、メモ帳・筆記用具、腕時計、カメラ、登山計画書(控え)、ナイフ、修理用具、ツエルト、健康保険証、ホイッスル、ファーストエイド・医療品、熊鈴・熊除けスプレー、ロールペーパー、非常食、行動食、テーピングテープ、トレッキングポール、GPS機器、ストーブ、燃料、ライター、カップ、コッヘル、カトラリー・武器
この山行で使った山道具
参考になった 2

※この登山記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

opiro772さんの登山記録についてコメントする

登った山

類似するモデルコース

関連する登山記録

もっと見る

opiro772 さんの他の登山記録

もっと見る

参考になった 2

※この山行記録が、あなたの登山計画の参考になった場合
感謝の気持ちを込めて、右のボタンを押してください

[このページのトップに戻る]

こんにちは、ゲストさん
◆東京の天気予報[山域を変更]
明日

明後日

(日本気象協会提供:2019年3月20日 17時00分発表)
[ログイン]
ユーザ登録・ログインすることで、山頂天気予報を見たり、登山履歴を登録・整理・分析して、確認できます。
NEW 小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル 
小雀陣二さんも納得! グレゴリー最新モデル  通気性を重視したグレゴリーの「ズール(ZULU)」がアップデート。背面やポケットなど、小雀陣二さんがチェックしました!
NEW カリマーの定番リュックがリニューアル!
カリマーの定番リュックがリニューアル! 新しくなったカリマー「リッジ」はどこが違う? ポケットの刷新やカラーの新調など注目ポイントをチェック!
NEW 軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット
軽量アウターシェルを復刻! サンダージャケット マーモットからこの春に登場する「サンダージャケット」は、90年代のモデルを元に、最新の素材・技術で復刻! 詳しくはこちら
NEW 週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅
週末+1日で別世界へ! トレイル天国・香港の旅 香港が「トレイル天国」って知ってましたか? たった3日間の休みで海外トレッキングを堪能できる香港の山旅、その魅力を紹介!
NEW MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!
MSRのスノーシューを、湯ノ丸山でチェック!	高橋庄太郎さんの「山MONO語り」。今月は、ラチェット式で着脱便利、登り下りも良好なMSRのスノーシューを湯ノ丸山で試す...
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ
花の季節の前奏曲、カタクリの花が咲く山へ 種から7年目でようやく花咲く、春を告げる山の妖精――。ひたむきで美しいカタクリの群落がある山を紹介!
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山
サクラ咲く山で花見登山! オススメ桜の名所の山 街でサクラが散るころに始まるサクラの花見登山。山の斜面をピンク色に染める、桜の名所の登山ポイントを紹介
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる?
登山者はどんなカメラを使って何を撮ってる? 山で美しい景色の写真を撮るために、どんなカメラを使ってるのか? 撮った画像はどうしてる? 登山者のデジカメ事情意識調査!
NEW 特集 スノーシューで雪山を楽しもう!
特集 スノーシューで雪山を楽しもう! 冬到来、雪の山をスノーシューで楽しんでみては? スノーシュー体験ルポや、エリアガイド、スノーシューツアーも紹介!
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山
何度登っても魅力な秩父・奥武蔵の山 のどかな里山を囲むように山々が連なる、埼玉県南西部・秩父・奥武蔵の山々。冬から春は、とく魅力がタップリ!
YAMASTAデザインスタンプコンテスト
YAMASTAデザインスタンプコンテスト 登山の記念にチェックイン! 山のスタンプラリーアプリ「ヤマスタ」。あなたのデザインが山のスタンプになります!
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ
冬でも歩けるアルプス! 全国のアルプスファンへ 日本全国にはその数は50以上あるともいわれる「ご当地アルプス」。本場を彷彿とさせる!?